サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

龍寿し-五日町

前日泊まっていた松本から約200km、遥々南魚沼までやって来たのはこちらに伺う為。ミシュランプレートに選ばれており、食べログでは内陸のお寿司屋さんながら百名店に選ばれています。


お店があるのは住宅と田圃が点在するエリア。駅などは近くに無く、コンビニなども無いガチ田舎です。浦佐駅からタクシーで行きましたが、ホンマにこんなとこに寿司屋どころか飲食店があるんかいなと言う立地です。最近そう言うところの方がテンションが上がる変な癖が出て来ました。


お店があるのはガチ田舎ですが、店内に入るとかなり清潔で綺麗。カウンター以外に個室も二つぐらいある様です。

 

f:id:leglutton:20220703094044j:image


まずは生ビール。550円と居酒屋価格なのにたっぷり。この日200km程内陸を走り、しかも飯田市から南魚沼に入るまでずっと冷たい雨でこの時大変疲弊していたのですが、よく我慢して飲む前に写真を撮ったと自分で自分を褒めたい。お陰で細胞の一つ一つにビールが染み込んでいきました。

 

f:id:leglutton:20220703094114j:image


こちらはつまみと握りを交互に出していくスタイルです。まずはつまみから。新わかめとしらすとわさび菜。微妙に温かったのが気になりましたが味は良い。

 

f:id:leglutton:20220703094130j:image


握りはアカイカから。藻塩と柑橘でさっぱり。シャリの酢は主張せず、温度も暑すぎず、ネタを引き立てています。

 

f:id:leglutton:20220703094151j:image


昆布締めした平目の上にはセリ。セリの苦味が面白いですねえ。とは言えヒラメも負けておらず面白さだけでは無い美味しさがありました。

 

f:id:leglutton:20220703094216j:image


ビール追加。なんでわざわざ休みの日に朝8時から夜6時までぶっ通しでロードバイクを漕ぐなどという苦行をしているかと言うと全てはこのビールの為と言っても過言ではありません。美味すぎる。

 

f:id:leglutton:20220703094238j:image


千葉の鮪。酸と鉄をちゃんと感じと美味しい。

 

f:id:leglutton:20220703094254j:image


小肌。結構締めるタイプの小肌ですがちゃんと美味しい。

 

f:id:leglutton:20220703094310j:image


帆立の入った桜餅のお椀。出汁が美味しいですが帆立は主張が弱くあまり分からず。

 

f:id:leglutton:20220703094332j:image


白身の魚(失念)に舞茸を乗せて。舞茸の味が濃くて美味しい。一方魚は舞茸に少し負けてしまっていました。

 

f:id:leglutton:20220703094349j:image


特大の椎茸に雲丹を乗せて。椎茸美味しいなあ。雲丹なんて迎合しないでそのまま行けば良いのに。

 

f:id:leglutton:20220703094408j:image


ビールをチェイサーに日本酒へ。ここはやはり八海山。日本酒も120mlで500円のものからあり安いのでガバガバ行きましょう。

 

f:id:leglutton:20220703094426j:image


ホタルイカとセリのペペロンチーノの風。良いですね、これ。アクセントになりますし何よりホタルイカの苦味とニンニクの香りが良く合います。

 

f:id:leglutton:20220703094448j:image


鮪の上に大根と椎茸の軸。大根と椎茸の食感、旨味がマグロの酸味と良く合っています。

 

f:id:leglutton:20220703094506j:image


鰆の蕗味噌焼き。蕗味噌の強い風味に負けない鰆の香り。

 

f:id:leglutton:20220703094526j:image


漬物もちゃんと美味しい。

 

f:id:leglutton:20220703094540j:image


ちょっと合間が空いたのかわさび菜を出して頂きました。大将は兎に角テンポが良いというか客のテンポに合わせて持ってきてくれるんですよね。私が早いテンポなのを悟ってかポンポン持ってきてくれました。隣のお客さんはゆっくりだったのでゆっくりしており、その辺りは自由自在。こういうのってすごく大事。

 

f:id:leglutton:20220703095130j:image
f:id:leglutton:20220703095126j:image


また違う八海山を。

 

f:id:leglutton:20220703095146j:image


わさび菜とトロの巻物。これはアリよりのアリですね。わさび菜のさっぱり感と食感でトロタクより好きかも。これは全国の寿司屋に真似して欲しい。

 

f:id:leglutton:20220703095203j:image


雲丹。まあ雲丹です。あえてここで食べる必要性は無いかな。

 

f:id:leglutton:20220703095221j:image


桜鱒。おお、美味しい。鱒らしい香り。中々握りで食べる事はないので嬉しい。

 

f:id:leglutton:20220703095242j:image


蛤はこれでもかと特大。割と甘めに煮てあります。

 

f:id:leglutton:20220703095301j:image


あん肝。これは酒飲みにはたまらんしよう。

 

f:id:leglutton:20220703095326j:image


余った食材をごっちゃ混ぜにして。まあ何というかこれは味わいよりも口いっぱいに頬張る楽しさです。味はまあ何というか海鮮丼みたいでした。

 

f:id:leglutton:20220703095345j:image


ホッキ貝。甘い。

 

f:id:leglutton:20220703095401j:image


サヨリ。普通かな。サヨリってこんなもんです。

 

f:id:leglutton:20220703095419j:image


甘海老。濃厚ねっとり。酒が飲みたくなります。

 

f:id:leglutton:20220703095436j:image


トロに昆布。さっきのと良いこういうトロの使い方が好きなんですね。

 

f:id:leglutton:20220703095453j:image


最後に穴子。よー食べた。


以上で17000円弱。うおー安い。田舎とは言え特筆するぐらい安い。

 

 

印象的なお店でした。ただでさえ内陸なのに、更に僻地とも言うべき立地でどんな寿司が出てくるかと思っていたら、これが創作気味で更に面白い。とは言え策に溺れずちゃんと美味しいと言うのが素晴らしかった。


この地でやる寿司を表現していたのが良かったですね。海のものと山のものを上手く組み合わせていて、非常に新鮮でした。これを都会でやると気を衒ってる様にしか思えませんが、ここでやるからこそ価値があります。


サービスも全く問題ありません。テンポ良く、酒が開けばすぐに聞いてくれる。個室もあるので複数人で個室でワイワイなんかも良さそう。ここまでグループで行くのは相当なグルメじゃないとまず無いと思いますが。


こんな店もあるんだなあ。そう言う意味で全国色んな所へ行く人の方が向いているかも知れません。僻地とは言えど新幹線駅からタクシーで15分ほどですしそこまでハードルも高くない。私もまた南魚沼の近辺に来たら伺いたいと思います。御馳走様でした。

 

 

龍寿し
025-779-2169
新潟県南魚沼市大崎1838-1
https://tabelog.com/niigata/A1504/A150402/15004455/