サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

ビストロ マ・キュイジーヌ-六本木

例年年明けは麻布十番で食事。今年はこちらに伺いました。1年半ほど前に一度伺ってから次のチャンスを狙っていました。


六本木の交差点から西麻布の交差点まで向かうちょうど中間地点らへんにあります。雑居ビルの地下一階で見つけづらいので注意しながら歩きましょう。


年明け早々でしたが店内はほぼ満席。私はカウンターに1人でしたが、隣にはパパ活っぽいおっさんと若い女の子だったり、テーブル席は友人同士で賑やかにとかそんな感じです。しかし正月早々パパ活とはおっさんも女子も気合が違う。

 

f:id:leglutton:20220207063334j:image


まずはビールを飲みながらメニューを吟味。ちなみに880円とこの辺は六本木西麻布価格です。

 

f:id:leglutton:20220207063348j:image


アラカルトでのオーダーですが自動的にアミューズが出てきます。以前も頂いた左のグジェールが美味しい。

 

f:id:leglutton:20220207063404j:image


こちらも自動的について来るパン。ぼそっとしてるのがネックですが、熱々で甘い香りが良いですね。お代わりもくれます。

 

f:id:leglutton:20220207063425j:image


まずは根セロリのサラダ。軽くビネガーとハーブで和えられていて爽やか。味付けはしっかり目なのでこれだけでもお酒が飲めます。


グラスワインは赤白5種ずつぐらいあります。自分で選ぼうかと思ったのですがカウンターのお兄さんがお任せも出来ますよと仰って頂いたのでお任せすることに。

 

f:id:leglutton:20220207063448j:image


という事でアリゴテ。ほんまにアリゴテなんかなというぐらい樽が効いててめちゃ美味い。シャルドネみたいなんだけどな。まあ美味しいから良し。

 

f:id:leglutton:20220207063503j:image


パテドカンパーニュ。内蔵が入っているのですがまさにその通りの味わい。塩気も強すぎず弱すぎずちょうど良い。なかなかここまでホルモンしてるパテドカンパーニュはありません。気合入ってる。


ここでまた白ワインを飲んだ様ですが失念。赤の方がよかったかも。

 

f:id:leglutton:20220207063519j:image


勝手にスペシャリテだと思ってる青唐辛子のオムレツ。青唐辛子がたっぷり入っているので汗が吹き出します。しかしそこが良い。トマトソースの酸味と青唐辛子の相性も良い。流石にこれはビール飲みたくなるな。


ヴィオニエ。これはオムレツに全然合ってない。これにはシャンパーニュかビールですね。単体ではちゃんと美味しかった。ちなみにワインはグラスでどれも1000円前後とお手軽です。

 

f:id:leglutton:20220207063540j:image


アンドゥイエット。豚の内臓の入ったソーセージです。これはむちゃんこ美味しいですねえ。ゴロゴロと内蔵が入って肉肉しく、香りもしっかり。ハーブがあるので臭くはありません。何気に付け合わせのマッシュポテトがチーズたっぷり。ちなみに隣の人のカスレもむちゃ美味しそうでした。


これにはシャルドネ。赤で良かったかな。

 

f:id:leglutton:20220207063559j:image


メインはエゾシカのロースト。火入れが完璧。柔らかく、繊維も無く鹿らしいクリアーな味わいなのに、仄かな血の味を感じます。ソースも真っ当。付け合わせのキノコのソテーもガーリックとバターを使ってしっかり炒めてあり美味。こういうところにシェフの実力を感じます。


ローヌのグルナッシュとシラー。これは流石に合ういますね。ようやく。

 

f:id:leglutton:20220207063616j:image


デザートを食べるつもりだったのですが流石に満腹になったのでこれにてフィニッシュ。カヌレをサービスで頂きました。


以上で18000円弱。これだけ食べてこの立地ならリーズナブルな部類でしょう。酒が安いのが良い。

 


前回も思いましたが本物のビストロです。全体的に味付けやボリュームや素材の使い方の思い切りがとても良い。特にシャルキュリトリーの美味しさが印象に残りました。前回のブーダンノワールと言い、今回のパテドカンパーニュ、アンドゥイエットからして、こういうのがシェフは好きだし得意なんだなというのがよく分かります。


かなり繁盛していましたが、料理のテンポもまずまず。入った時はちょうど客が重なっていたので若干遅かったのですが、その後は私の食べるスピードに合わせて頂けました。こう言うストレスが無いのって大事。


課題はグラスワインの合わせ方でしょうか。ワインが分かる人は自分で選んでも良いでしょうし、グループならボトルを頼んでしまうのも手です。料理が正統派なビストロ料理なのでボトルを選ぶのもそこまで難しくない。


フルコースのフレンチも良いけど、こういうのが私は好きだなあ。活気があって、料理の方向性もすごく分かりやすくて、お酒も安い。お肉料理が美味しいのもすごく私好み。ジビエや内臓ものを扱わせたらここのシェフは天下一品ですね。


また伺います。次はデザートまで食べたい。御馳走様でした。

 

 

ビストロ マ・キュイジーヌ
03-6455-4426
東京都港区西麻布1-2-14 デュオ スカーラ西麻布WEST B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13241748/