サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

鮨 なかむら-通町筋

今年の末も鮨なかむら。私がこよなく愛するお寿司屋さんです。このお店に来る為に無理やり九州来たぐらい好きです。危うく今年は一回も来れない所でした。

 

f:id:leglutton:20220203142856j:image


まずはビール。ああ、美味い。

余談ですが、この日泊まったビジネスホテルでたまたまエレベーターで居合わせたおっちゃんに「どこから走ってきたの?」と話しかけられました。私は良く話しかけられますが、九州、それも熊本と鹿児島で圧倒的に話しかけられる率が多いのは県民性なのでしょうか。ちなみに私に話しかけてくる人は大抵おっちゃんで皆一様にびっくりします。

 

f:id:leglutton:20220203142942j:image


トップバッターは牛深のクエ。あっさりしているのにじわじわと味が滲み出てきます。カットが厚く食べ応えがあるのが良いですね。

 

f:id:leglutton:20220203143002j:image
f:id:leglutton:20220203142958j:image


天草の鯛。脂が乗っていて、そこに自家製のゆずポン酢の円やかが上手く調和しています。鯛の脂でこんなに良い香りのするものは初めてだったかも。

 

f:id:leglutton:20220203143020j:image


天草のヤイトカツオ。この美しいグラデーションよ。最初に脂が来て徐々に鉄分に変わっていくのも見た目通り。橙でさっぱりさせるのも良いですね。

 

f:id:leglutton:20220203143036j:image


我慢出来ないので日本酒。大将に下駄を預けます。

 

f:id:leglutton:20220203143101j:image


先程の牛深のクエを炊いたもの。先程とは違い所謂バラの部分ですが、そこの筋が煮込まれた事によってゼラチンに代わってプルプル。出汁も相当に美味しい。幸せの溜息が出てきた。

 

f:id:leglutton:20220203143115j:image


天草の平目。ゆずの香り、脂、咀嚼するたびに染み出る旨味。やっぱこれよ。天草の白身魚の底力です。

 

f:id:leglutton:20220203143129j:image


ここの日本酒のチョイスも私好み。絶対大将ワイン好きだと思うんだけどな。

 

f:id:leglutton:20220203143145j:image


焼き物は太刀魚。お皿が出てきた瞬間から太刀魚特有の香りが襲ってきます。太刀魚はやっぱり焼きか天ぷらが至高。ああ、成生行きたい。

 

f:id:leglutton:20220203143243j:image


唐墨。今年は日照時間が足りず中が半生になってしまったとの事。しかしこれはこれでありですねえ。良い意味で塩辛くなく、粒々感が心地良い。当然に酒が進みます。

 

f:id:leglutton:20220203143308j:image


唐墨が来たので日本酒を追加。いつか唐墨一本で四合瓶飲むのをやってみたい。四合瓶じゃ足りないか。

 

f:id:leglutton:20220203143322j:image


握りに行く前にガリでウォーミングアップ。

 

f:id:leglutton:20220203143336j:image


握りのトップバッターはアオリイカ。ねっとり甘く赤酢のシャリとのマッチが絶妙。冬だなあ。

 

f:id:leglutton:20220203143429j:image


出ました、キングオブ白身魚である天草の白甘鯛です。嬉しすぎて写真がブレてしまいました。甘い香りと上品な脂、強い旨味とバランスが完璧。ちなみに私の大好きな三心と同じ漁師さんから仕入れてるそうです。

 

f:id:leglutton:20220203143444j:image


真鯵。生姜、次にネタとシャリの間に潜ませたネギ、そして最後に鯵の香りと見事なグラデーション。こういう握りが私は好き。

 

f:id:leglutton:20220203143501j:image


天草の鰤。メタボというよりは程良く、そして満遍なく脂が乗っていてどこかフェミニンな印象。

 

f:id:leglutton:20220203143517j:image


刺身、お椀でも出たクエが握りでも。炙った炭の香り、そして脂が乗った身。クエ一つでこんなに楽しめるんだと気付きがありました。

 

f:id:leglutton:20220203143530j:image


日本酒。本当はもっと飲みたいのですが、熊本に来ると必ず行くワインバーがあるので控えめに。もう2合だけど。

 

f:id:leglutton:20220203143543j:image


マカジキマグロ。さっぱり。鮪というより鰤なんかに近い印象でした。

 

f:id:leglutton:20220203143558j:image


天草の海老。むぎゅっと詰まった身。凝縮感がいつもより強い気がしたのは気のせいかな。

 

f:id:leglutton:20220203143614j:image


鰆。これも脂がすごく乗ってるというよりバランスが良く上品。酢の使い方が上手いんでしょう。

 

f:id:leglutton:20220203143636j:image


三厩の本鮪。今回はその本鮪以外は全て天草近海もの。流石に美味しい。やっぱりクロマグロisキング。

 

f:id:leglutton:20220203143650j:image


穴子。ふわふわ。見た目ほどツメが濃くないのも良い。

 

f:id:leglutton:20220203143703j:image


クエで取った出汁で味噌汁。美味いに決まってるやん。ラーメン丼で出てきても完飲出来る自信があります。


f:id:leglutton:20220203143720j:image


最後は手巻きの鉄火。ああ、もう終わってしまうのか。いつもこの瞬間が寂しい。

 

f:id:leglutton:20220203143738j:image


卵。鱧を使っているそうで、かなりふわふわ。また香りが良くて仄かに甘い。これぞ卵焼き。


以上、ビール2杯、日本酒五勺4杯で占めて21000円。相変わらず素晴らしいコスパです。

 

 


2021年も色んな寿司屋に行きましたが、色んな所へ行けば行く程、このお店の事が好きになっていきます。味、香り、サイズ、サービス、値段、雰囲気、全てが理想的。


こちらと奴寿司、そして三心に伺ってから本当に天草の魚が好きになりました。種類も豊富で、どれもバランスが良く、何でもない魚がとにかく美味しいのが特徴。魚と言えばサスエも有名ですが、寿司という意味では天草がNo. 1です。


最後はご夫婦揃ってお見送り。今年も年末最後に伺う事が出来て良かった。2022年も一度と言わず二度三度と伺いたいと思います。御馳走様でした。また宜しくお願いします。

 

 

鮨 なかむら
050-5456-5445
熊本県熊本市中央区城東町5-59 ydビル 1F
https://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43011980/