サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

鮨匠 のむら-天文館通

鹿児島に来たのは2年弱ぶり。前回同様今回もこちらに伺う事にしました。食べログでは2022年2月時点で4.22、ブロンズメダルとかなりの人気です。

 

f:id:leglutton:20220202142936j:image


まずはビール。以前は大将ともう1人だったと記憶していますが、弟子?バイト?の若い子が2人入っていました。ビールの入れ方はまあまあ綺麗です。

 

f:id:leglutton:20220202142957j:image


卓上には色々な調味料の数々。大将がこれにはこれが良いと言ってくれるので色々楽しめます。

 

f:id:leglutton:20220202143121j:image
f:id:leglutton:20220202143118j:image


卵焼きと菜の花のおひたし。まあこれは見たまんまです。

 

f:id:leglutton:20220202143136j:image


鯛。神経抜きで1日寝かせたもの。のっけからむちゃんこ美味しいですねえ。1日だけとは思えないほど旨味が出ています。鯛の旨い店は信用出来る。

 

f:id:leglutton:20220202143152j:image


蛸。変な表現ですが蛸の味がちゃんとしています。細かくいれた包丁が良いですね。蛸って美味しいんだなって改めて思いました。

 

f:id:leglutton:20220202143207j:image


白子とご飯を和えたもの。問答無用。丼一杯でも食べれそう。

 

f:id:leglutton:20220202143234j:image
f:id:leglutton:20220202143243j:image
f:id:leglutton:20220202143248j:image
f:id:leglutton:20220202143300j:image
f:id:leglutton:20220202143311j:image
f:id:leglutton:20220202143256j:image
f:id:leglutton:20220202143307j:image
f:id:leglutton:20220202143304j:image
f:id:leglutton:20220202143238j:image
f:id:leglutton:20220202143252j:image


白子が来たので日本酒へ。大将に下駄を預けます。この日結構飲みましたがトータルでは3合ぐらいでしょう。日本酒はお猪口単位でくれるのでテンポ良く行きました。

 

f:id:leglutton:20220202143324j:image


カンパチ。あまり高級店では見る事の少ない魚ですが脂が上品でエレガントさすら感じました。

 

f:id:leglutton:20220202143337j:image


キビナゴを蒸したもの。こう言う形で食べるのは珍しいですね。ワカサギ的なニュアンスがありました。

 

f:id:leglutton:20220202143351j:image


ペースが速いのはつまみ的に出される葉わさびが美味しいから。これだけで飲めてしまいます。

 

f:id:leglutton:20220202143406j:image


歯鰹。強すぎず、でも主張はある鉄分が心地よい。そう言えば昨年末も歯鰹食べたなあ

 

f:id:leglutton:20220202143459j:image


この時はまだ年末ですがお雑煮をお出し頂けました。お吸い物の様なビジュアルに豆もやしが入ってるのが特徴的。大将の生まれ故郷、屋久島のスタイルだそうです。

 

f:id:leglutton:20220202143513j:image


鮑。これはまあ普通かな。

 

f:id:leglutton:20220202143529j:image


さて握りに突入。まずはアオリイカ。甘さは普通ですが、過去最高にねっとりしてます。エロティックなほどまとわりつく様な感覚でした。

 

f:id:leglutton:20220202143543j:image


鯛。さきほどの刺身同様抜群に美味しいですね。こうした魚が美味しいのは素材が良い証拠です。

 

f:id:leglutton:20220202143556j:image


波管海老という深海に住む海老らしくかなり珍しいそうです。味は濃厚寄りの海老であり、珍しいと言う割には味は割と普通でした。

 

f:id:leglutton:20220202143622j:image


真鯵。香りが良い。青魚好きの私もニッコリ。

 

f:id:leglutton:20220202143637j:image


車海老。この海老まだ暖かいんです。大将が海老は温度と仰ってましたが良くわかりました。

 

f:id:leglutton:20220202143651j:image


縞鯵。真鯵同様香りは良いのに臭みはありません。

 

f:id:leglutton:20220202143706j:image


クエ。うわーこれはむちゃんこ美味しいですねえ。旨味がダンチ。クエの握りってそんなに好まないのですが掌返ししてしまいました。

 

f:id:leglutton:20220202143723j:image


牡蠣。珍しいですがまあ牡蠣です。少し茹でているが特徴的。

 

f:id:leglutton:20220202143736j:image


筋子。私はそんなに筋子に有難味を感じないのでこんなもんかなという印象。

 

f:id:leglutton:20220202143749j:image


鰆。癖がなくクリアーな味わい。

 

f:id:leglutton:20220202143838j:image


鯖節で作った蕎麦。なにこの出汁超美味しいじゃん。鯖の旨味が強いのが良くわかります。

 

f:id:leglutton:20220202143851j:image


メカジキマグロ。メカジキとしては美味しいのかも知れませんが、本鮪と勝負するには流石に厳しい。

 

f:id:leglutton:20220202143911j:image


メバチマグロ。これもメバチかというぐらい美味しいのですが勿論本鮪には勝てません。でもメカジキよりはメバチかな。

 

f:id:leglutton:20220202143937j:image


太刀魚。太刀魚らしい香りが立ちます。

 

f:id:leglutton:20220202143951j:image


穴子。ふわふわ。

 

f:id:leglutton:20220202144042j:image
f:id:leglutton:20220202144046j:image


最後にガリと辛味大根の漬物。

 

f:id:leglutton:20220202144103j:image

 

と、合わせてゆく年くる年。今年も良く食べ良く飲んだ1年だった。


と言う事で以上、お会計は3万。一年半前と比べると少し高くなってるので、やっぱり魚の値段上がってるんだと実感しました。

 

 

今回頂いて前回と比べてみるとちょっと満足感に乏しかったかなあというのが正直な感想です。美味しいのは美味しいし、特に白身のお魚が美味しいのは私の好みですが、握り自体がとりわけ美味しいかと言ったらそこまでじゃないかなと思いました。まあこれは好みの問題なのですが、私の様な江戸前寿司が好きな人間からするとちょっと違うと感じました。


前回からこの2年弱色々なお店に行って私なりの好きな寿司屋像が固まってきた証拠なのでしょう。寿司とは詰まるところ好みであり、今の私には刺さらなかったと言うだけのことです。言い換えれば味は確かです。


とにかくこちらのお店は大将のトークですね。これは珍しいとかこれはこう食べて欲しいとか、そう言うのが良い意味でこの魚はとても美味しいと錯覚させられます。照寿司みたいなパフォーマンスとは違う、お客さんに美味しく食べてもらいたいと言う気持ちが入っていてとても楽しかった。


何にしろ鹿児島に来たら選択肢の一つに入れても良いお店。御馳走様でした。

 

 

鮨匠 のむら
099-226-1210
鹿児島県鹿児島市松原町6-2 松原ハイツ 1F
https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000087/