サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

肉料理 澁谷-京都市役所

京都で肉を食べよう。という事でこちらにお邪魔しました。安参の料理長の方が独立して開いたお店だそうです。

 

f:id:leglutton:20220116074527j:image


お店があるのは京都市役所の北側、リッツカールトンの近くとかあの辺です。この店の佇まいが京都。よく考えたら京都久々だなあ。

 

f:id:leglutton:20220116074555j:image


ビール。生ビールは700円、瓶ビールは800円、ハイボールは600円と明瞭会計です。お酒のメニューはあまり豊富ではありません。

 

f:id:leglutton:20220116074621j:image


まずは御通し的に白菜の漬物。あなたが今思った白菜の漬物の味がします。


こちらのお店はアラカルトもあるのですが、はじめてのお客さんや悩まれる方はまずお任せで始められます。オススメのものを少し出してもらって後は自分で食べたいものを追加、という感じ。よく分からない人は座ってれば、店員さんが始めても良いですかと聞いてくれるので待っときましょう。

 

f:id:leglutton:20220116074653j:image


まずはタン刺。臭みはゼロであり、なのにタンの旨みはしっかりあります。少し甘目のタレも美味しい。

 

f:id:leglutton:20220116074708j:image


続いてハツ刺。これも臭みゼロ。ハツらしいサクッとした食感です。

 

f:id:leglutton:20220116074726j:image


ユッケ刺。これはもう問答無用ですね。生肉好きなら誰もが好きな味わい。脂が良いんだろうなあ。

 

f:id:leglutton:20220116074740j:image


ミノの湯引き。ミノのコリコリとした食感、咀嚼するとジワジワと脂の味が出て来て実に美味しい。ミノってそんなに好きじゃないのですがこれはアリ。

 

f:id:leglutton:20220116074755j:image


柳川鍋。赤身肉を薄切りで柳川鍋風に。甘辛いタレが良いですね。ビールに死ぬほど合います。

 

f:id:leglutton:20220116074809j:image


サラダ。ドレッシングが少し甘めでくどく無く、さっぱり。甘目のフレンチドレッシングという感じ。このドレッシング欲しい。


という事でこれらが一通り。ここからは追加です。

 

f:id:leglutton:20220116074828j:image


テールの煮込み。見た目通りむちゃんこ美味しいですねえ。柔らかく煮込まれており、ゼラチン質もたっぷり。手で掴んで食べる喜びよ。願わくばボルドーを飲みながら食べたかった。

 

f:id:leglutton:20220116074846j:image


カイワレ巻き。巻いてあるロース肉は脂がたっぷりですが脂しつこく無く、カイワレが上手く中和しています。


という事でビール2杯とハイボール1杯飲んで13000円。こんなもんかな。

 

 

正に肉料理のお店であり、新鮮なお肉が頂けます。生肉の美味しさは勿論ですが、脂がすーっと溶けていく様でありその軽さが心に残りました。


皿だしのテンポはお見事。かなり繁盛していましたし、その中でアラカルト、入店時間もバラバラという中でも全く待たされませんでした。大将も娘さん?も常にテーブルを気にかけてくれており安心感もあります。この辺は流石というべきところでしょうか。


一方で全体的にボリュームが少なく、またオーソドックスなメニューであり、意外性には少し欠けてしまいます。このお店でしかこれが食べれないという様なスペシャリテがあるともっと良いのですが。近くの肉料理かなえの方がより肉割烹的であり、こちらは正に肉料理でした。


お肉の質は確かであり、コスパ的にも悪くない。欲を言えばもう少しお酒をワインなり日本酒なり充実させて欲しいですが、こういうお店を知ってると色々と使い勝手が良さそうです。お肉を食べたい、でも焼肉とかじゃなくてサッと食べたいという時に良いのかも。御馳走様でした。

 

 

肉料理 澁谷
075-221-8588
京都府京都市中京区河原町夷川西入一筋目上ル西革堂193-1
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26032586/