サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

ドゥエリーニュプリュス-牛込柳町

前日に続きワインが飲みたい。という事で牛込柳町駅のすぐ近くのこちらにお邪魔しました。駅のある交差点すぐ近くの雑居ビル2階にあるのですが看板など出ていないのでビル名で探しましょう。


店内はカウンターが5-6先程にテーブル1席といったコンパクトな作り。シェフのワンマン体制です。

 

f:id:leglutton:20220105121928j:image


まずはシャンパーニュ。伸びやかな酸に広がる微かな苦味の余韻。嗚呼美味い。ドリンクメニューは無かったのですが、お会計から推測するにワインは一杯1000円ちょっとぐらいでしょうか。


コースでお願いしていましたが、メインは選べるとの事です。牛、豚、羊などなど色々ありましたが、真鴨があるという事でそちらを。プラス4000円と少し思い切りました。

 

f:id:leglutton:20220105122000j:image


まずはフォアグラを挟んだ一口大のバーガー。フォアグラの脂を泡で流し込む。これはどうやったって美味しいですね。

 

f:id:leglutton:20220105122030j:image


お次は佐渡の戻り鰹を炙ったもの。ビーツと玉ねぎのソースや紅芋と唐辛子などのソースと。酸味の効いたキャベツが主体で鰹の鉄分が後から来ます。少し辛味の効いたソースがあるのも良い。一皿で変化があります。


f:id:leglutton:20220105122103j:image


サンジョベーゼのロゼのスプマンテという珍しいもの。ロゼらしいチャーミングさがあまりなく、さっぱりとしていて素直に美味しい。鰹とよく合いますね。鰹とロゼはテストによく出ます。

 

f:id:leglutton:20220105122118j:image


原木椎茸とスミイカ。軸を塩で焼いたもの。椎茸は美味しいのですが少しシンプル過ぎるというか先程の料理ぐらい少しややこしい方が良かったかも知れません。

 

f:id:leglutton:20220105122134j:image


こちらにはドイツのリースリング。正にドイツのリースリングらしい甘い香りに味わいはドライでミネラル。

 

f:id:leglutton:20220105122149j:image


秋刀魚と肝のスープ。これは美味しいですねえ。こねくり回さず、かと言ってシンプル過ぎない味わいでガツンとわかりやすい。脂が乗っているのもグッドです。

 

f:id:leglutton:20220105122210j:image


こちらにはトスカーナのサンジョベーゼ。トスカーナの味がする、と私はメモっていましたがトスカーナの味って何でしょうか。酔っ払ってたんかな。

 

f:id:leglutton:20220105122227j:image


パン。もそもそっとしていましたが、ソースに合わせるとちょうど良い。

 

f:id:leglutton:20220105122244j:image


クエはせいろ蒸しに。クエの出汁を使ったソースも美味しいですが、クエがぷりぷり。恐らく筋のある部位をあえて使ったんでしょう。コラーゲンがいっぱいで面白かった。

 

f:id:leglutton:20220105122303j:image


ニュージーランドシャルドネ。樽と酸の両方を感じます。悪くない。

 

f:id:leglutton:20220105122316j:image


最近よく作ってるんです、という事でなんと小籠包。なにこの自由な感じ。そして美味い。肉汁が溢れ出し、肉と油の旨みがじわーっと広がります。鼎泰豊より遥かに美味しく専門店開けそうな勢いです。もっと食べたい。

 

f:id:leglutton:20220105122330j:image


こちらには20年熟成させたシェリー。シェリーの香りが甘く、アルコールの引っ掛かりがありません。要するにむちゃくちゃ美味しい紹興酒ですね。シェフの遊び心が感じられました。

 

f:id:leglutton:20220105122347j:image


パスタは香箱カニ。シンプルですが甲殻類の香りがしっかり付いています。ややこしく無いですからがそれだけに説得力がありました。

 

f:id:leglutton:20220105122403j:image


シュペートプルグンダー。正にピノ

 

f:id:leglutton:20220105122419j:image


真鴨。血の味が強く、サルミソースも抜群に美味しいのですが可食部が少なく、追加料金の事を考えると少し損した気分になりました。これは頼んだ私の責任です。ミスった。

 

f:id:leglutton:20220105122432j:image


サンジョベーゼ。果実味があってタンニンがしっかり。余韻も長く、これぞサンジョベーゼというワイン。

 

f:id:leglutton:20220105122446j:image


デザートはプリン。焦げる直前のカラメルにグラッパかけて頂きます。思った以上にグラッパであり完全にアダルトなプリン。酒飲めない人だったらこれだけで酔いそう。


という事で、以上で23000円。おお悪くないですね。真鴨の追加料金がなければ2万を切ってくるのか。

 


ありそうで無い料理で非常に楽しい食事でした。根本的には真っ当なのですが、所々に変化があり、独創的というわけでは無いけれど、印象に残るものでした。


シェフ1人でサービスまでやられてるので所々間延びするタイミングもありましたが、かえってゆったりワインを飲めたと思えば悪くない。秘密基地の様な雰囲気の中でシェフの料理をする様を見るのは、どこと無く会員制レストランの様な趣がありました。


欲を言えばこれと言ったスペシャリテがあると良かったですが、ワインも含めてこのお値段はかなり良い。遅い時間からでも対応可能な様ですし、使い勝手は良さそうです。私もまた伺います。御馳走様でした。

 

 

ドゥエリーニュプリュス
03-6457-8842
東京都新宿区市谷柳町41 エスバレー 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13261615/