サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

札幌魚河岸 五十七番寿し-新千歳空港

北海道のオーベルジュを巡る旅も終わり、新千歳空港に。いつもそうなのですが本当に帰りたく無い。そんな現実を忘れる為に寿司を食べます。いつもは函太郎に行くのですが、たまには違うところと思い、こちらにお邪魔しました。新千歳空港のお土産物売り場の中にあります。


祝日の昼13時頃で2組待ち。立ち食いであり回転も良いので並ぶ人数の割にはあまり待たないでしょう。

 

f:id:leglutton:20211222071210j:image


まずはビール。このまま泥酔して空港で寝てしまいたい。風呂も宿もあるし。


寿司はタッチパネルで注文する形式です。ネタはそこそこ種類がありますが、つまみやサイドメニューの類は殆ど無いので純粋に寿司を食べるのに適しています。

 

f:id:leglutton:20211222071253j:image


平目。悪くないですね。昆布締めして水分を抜いてるのか旨味が強い。

 

f:id:leglutton:20211222071307j:image


カンパチ。これも悪くない。カンパチほど安定感のあるネタも無い。

 

f:id:leglutton:20211222071322j:image

 

鯵。ちゃんと香りがして脂のノリも良い。

 

f:id:leglutton:20211222071345j:image


キンキ炙り。脂がぐわーっと口の中で溢れます。

 

f:id:leglutton:20211222071359j:image


本鮪赤身。おお、美味しい。一流店で出るものと遜色ありません。筋抜きも丁寧にされてます。


あまり私の好きなネタが多くなかった事と、サグラで朝ごはんをしこたま食べていてあまりお腹も減っていなかったので、これでご馳走様。

 


空港内の寿司屋、しかも立ち食いなのであまり期待していませんでしたが、寿司を食べるという意味では結構満足しました。魚のネタだけを見れば函太郎よりこちらの方が上であり、握りの技術もこちらの方が上です。


握りとしてのレベル感で言えば星付きのの様な高級店と、すしざんまいや函太郎の様な若干高級寄りの大衆店との間というイメージです。私の中ではまんてん鮨とほぼ同レベルか若干劣るぐらい。そう考えると悪くない。


冒頭の様にサイドメニューがほぼ無いので握りを食べるという目的であれば空港内はこちらが良いでしょう。他にもつまみたくてゆっくりしたいなら函太郎と使い分けが出来ます。北海道滞在中に寿司充し切れなかった方はどうぞ。

 

 

札幌魚河岸 五十七番寿し
0123-45-6767
北海道千歳市美々987 新千歳空港ターミナルビル 2F
https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010701/1062666/