サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

フラテッロ・ディ・ミクニ(朝食他)-上川

夕食はご紹介したので、朝食と部屋などもご紹介したいと思います。


まずは朝食。


ジュースが幾つか選べるので私はトマトジュース、連れはブラッドオレンジをチョイス。

 

f:id:leglutton:20211214054711j:image


ブラッドオレンジを一口頂きましたがフレッシュで正に絞りたてという味わい。こういうジュースを毎朝飲めたら幸せだろうな。

 

f:id:leglutton:20211214054733j:image


トマトジュースですが、こちらはジュースというよりほぼピューレとも言うべき粘度と重量に思わず笑みが溢れてしまう。甘味が強いトマトなのかこれだけ濃いのに酸味はそれほど感じず甘味が心に残りました。

 

f:id:leglutton:20211214054751j:image


オニオングラタンスープ。正にオニオングラタンスープという味わい。私は普段朝食はこういう朝食を毎朝飲みたい。

 

f:id:leglutton:20211214054805j:image


ガレット。生ハムやチーズが載っています。やっぱりチーズが美味しいなあ。北海道のチーズって美味しいけどそこまでというイメージだったのですが、このお店に来ると本当に美味しいと気付かされます。

 

f:id:leglutton:20211214054820j:image

 

食後のヨーグルト。ハスカップ入りで穏やかな酸味。


f:id:leglutton:20211214054823j:image

 

カフェラテで御馳走様でした。


オーベルジュの利点はお酒を飲んでベッドにすぐダイブ出来るのが最大の利点だと思っていますが、次点で朝食だと思っています。朝から真っ当なジュース、真っ当な野菜、真っ当な食事を頂くと身体も心も満たされる。そしてまた部屋に帰ってチェックアウトまでいっぱいになったお腹をさすりながらゴロゴロする。こんな生活いつまでもしたい。

 

f:id:leglutton:20211214054904j:image

 

お部屋はこんな感じ。1番安いヴィラタイプにしましたが、ヴィラタイプは一棟に3部屋ある形です。

 

f:id:leglutton:20211214054928j:image
f:id:leglutton:20211214054925j:image


お部屋的にはシティホテルの1番スタンダードグラスとかそんな感じでしょうか。広くはないけど充分ですし清潔そのものです。このお部屋でずっと過ごすというよりはあくまで仮住まいというかそんな感じ。オーベルジュですからね。

 

 

食事に関しては美味しいけれどものすごく美味しいという所まで行かなかったのは事実。でも私がここをとても好きになった理由が二つあります。


まず一つは景色というかロケーション。

 

f:id:leglutton:20211214054953j:image
f:id:leglutton:20211214054956j:image


これは朝起きて周辺を走っていた時に撮った写真ですが、大雪山が目の前に見えてとにかく美しかった。白樺の木や、広がる草原、広い空、思い描く北海道がそこにはあります。

 

f:id:leglutton:20211214055022j:image
f:id:leglutton:20211214055019j:image


山の上にあるのでこの商業施設以外何も無いのも良い。どこか隔絶された感じがして非日常感があります。車もほとんど通らない。キタキツネが現れたり、すごく寒い朝だったけれどとても楽しかった。

 

そしてもう一つはサービスです。


夕食が終わった後、ヴィラまで離れているので車で送りましょうかとサービスの方から仰って頂きました。宿泊棟とヴィラは少しだけ離れていてレストランが高台にあるので送ってくれるんですね。でも私達は星が見たかったので大丈夫ですと言って、寒い真っ暗な中を星を見ながらゆっくり歩いていました。


そこに他のお客さんを送り終えたサービスの方が戻って来ると、星を見ている私達に「もっと綺麗に見えるところがあるのでそこまでお連れしましょうか?」と言って下さいました。


車に乗り込み走って5分ほどでしょうか。何もないだだっ広く、光が全くない場所に連れて行って頂きました。車のエンジンを止めると音すら聞こえない。しかしそこには満点の星空がありました。

私が今まで見た人生の中で1番星が輝いていたかも知れません。本当に天空に星の数程の星が輝いていました。流れ星も見える。10月末でかなり冷えていましたが10分程でしょうか、ずっと3人で空を見上げていました。


「ここは本当に星が綺麗なんですよ。私もたまに1人で来ます。」


そう仰るサービスの方の深い深いこの地への愛情が私達にも伝わって来ました。こうして連れてきて頂いて見た満点の星空も勿論ですが、その根底にある深い愛情がとても印象的でした。


都会で洗練されてとにかく美味しい料理を頂くことは私の人生にとって不可欠なものです。でも、こうして人里から隔絶された場所で自然を全身に浴びながら、その自然がもたらした食材を頂き、心からのサービスを頂く、これも私にとって不可欠なものなのだとこちらへ伺って思いました。


何と満たされた夜だったのだろうか。私はきっとこの日の夜のことを忘れないし、このお店の事も忘れません。あのサービスの方が愛するこの土地の違った季節の違った表情を見たい。だからこそまた伺いたいと思うのです。

 

 

フラテッロ・ディ・ミクニ
01658-2-3921
北海道上川郡上川町菊水旭ヶ丘
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010405/1041992/