サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

ザ・カーブ・ド・オイスター-東京

東京駅近辺で軽く食事とワインが飲みたいなと思って物色。ワインが飲める店はいっぱいあるのですが、一人でふらっと入れる店が無い中でこちらを発見したので伺うことに。八重洲地下街の一角です。


中は結構大箱。カウンター席が少しあったので私はそちらに滑り込みした。

 

f:id:leglutton:20211127064628j:image


ワインが飲みたいのですが反射的にビールをオーダーしてしまいました。コロナ対策でQRコードから自分でオーダーする形なのですが地味に面倒です。

 

f:id:leglutton:20211127064646j:image


こちらを選んだのはこれがあるから。生牡蠣です。実はこの前日実家で厚岸で買った生牡蠣をしこたま食べたのですが、何故かまた食べたくなってしまいました。ちょうど半額セールをやっており6個で2000円弱とかなりお買い得でした。というかなんぼほど牡蠣好きやねん。

 

f:id:leglutton:20211127064709j:image
f:id:leglutton:20211127064712j:image
f:id:leglutton:20211127064706j:image


この中では赤穂の牡蠣が印象的。サイズは小さいですが最初は凝縮感があって、でも後味はスッキリ。余韻が強く残る仙鳳趾と良いコントラストです。ちなみに釜石はその中間でした。

 

f:id:leglutton:20211127064739j:image


生牡蠣が来たので白を。グラスは赤白2種類ずつでどちらもチリのもの。ソーヴィニヨンブランは700円ぐらいですがそれぐらいの値段の味でした。まあいいか。

 

f:id:leglutton:20211127064754j:image


シーザーサラダ。ドレッシングがドバドバでかなり味が濃い。

 

f:id:leglutton:20211127064812j:image


次はシャルドネ。これも値段なりですね。

 

f:id:leglutton:20211127064829j:image


ポテトフライ。トリュフ塩がかかっています。字面通りの味ですがこれで良い。ポテトフライは正義である。

 

f:id:leglutton:20211127064857j:image


せっかくのオイスターバーなのでカキフライ。個体は小さめで衣も厚いですが、ジューシーで汁が溢れます。美味いなあ。


新幹線の時間もあったのでこれで終了。しめて6000円程度。まあこんなもんかな。

 

 

オイスターバーは比較的お値段がするところが多いですが、半額フェアをやっている事もあり、リーズナブルに済みました。割と頻繁にフェアをやっている様なので牡蠣好きには良いでしょう。


ワインに関しては拘りは無く、とりあえず安いものをという感じですが、東京駅地下でさっと飲むにはこれぐらいが良いのかも知れません。東京駅で牡蠣が食べたくて仕方なくなった時はどうぞ。

 

 

ザ・カーブ・ド・オイスター
050-3647-4415
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13175550/