サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

寿司英-築地口

北海道の長い旅から帰って来ましたが帰名したという事実を受け入れられないので寿司でも食べることに。食べログの百名店にも選ばれています。


私はこの日自宅からお店のある名古屋港の方まで名城線に乗って行きましたが、隣の車両にマスクを付けずに大声で喚いてるおじさんがいました。コロナおじさんでは右に出る県は無い、流石愛知県。名古屋市港区はそんなゴッサムシティです。

 

f:id:leglutton:20211113063717j:image


店内は手前にテーブル席が2つほど、奥にはカウンターがあり、どうやら二階席もある様です。中々の大箱ですが大将が1人で握っています。

 

f:id:leglutton:20211113063732j:image


まずはビール。秋のビールもまた美味い。

 

f:id:leglutton:20211113063755j:image


私は10000円のコースをオーダー。まずはつまみ達が登場。どれも一般的な味わいですが、つまみとしての役割は十分果たしています。

 

f:id:leglutton:20211113063815j:image


ビールはいつも通り秒で飲んだので瓶ビールと日本酒というストロングスタイルに移行。日本酒は多くはないものの幾つか種類はありました。

 

f:id:leglutton:20211113063835j:image


お刺身。左から戸井の本鮪、富山の白魚、三河の縞鯵、利尻の紫雲丹です。ちょっと鮪の温度が冷たすぎたのが気になりましたが、どれもちゃんと美味しい。特に縞鯵は脂のノリが抜群でした。

 

f:id:leglutton:20211113063902j:image
f:id:leglutton:20211113063905j:image


松茸の土瓶蒸し。香りとしては高級店と比べると酷ですが、それでも流石松茸という香り。

 

f:id:leglutton:20211113063923j:image


鱧のあらい。まあこれは普通です。私は鱧に対して厳しい評価なのです。

 

f:id:leglutton:20211113063942j:image


毛蟹。美味しいけどこれも普通かなあ。北海道から帰ってきたばかりの私には少し分が悪かった。

 

f:id:leglutton:20211113064000j:image


さて握りに移行します。トップバッターから中トロと全開。まずまずと言った所。欲を言えば今年のヤクルト塩見ぐらいのパンチ力が欲しかった。

 

f:id:leglutton:20211113064015j:image


ちなみにガリはオーソドックスな薄切り。岩下の新生姜みたいです。

 

f:id:leglutton:20211113064032j:image


秋刀魚。脂のノリはもう少しといったところか。これもやはり北海道から帰ってきた私には少し役不足

 

f:id:leglutton:20211113064048j:image


赤貝。これは美味しいですねえ。赤貝らしい甘味がたっぷり。

 

f:id:leglutton:20211113064102j:image


太刀魚の漬け。太刀魚を漬けで食べるのは初めてかも知れません。とは言え印象に残るほどでは無い。

 

f:id:leglutton:20211113064121j:image


アカムツだったかな。割とこの手の脂たっぷり系は良くも悪くも印象に残るのですがこれもインパクトに欠けます。

 

f:id:leglutton:20211113064151j:image


海老。これももっと火入れを甘くして欲しいかな。私はミキュイが好きなのです。

 

f:id:leglutton:20211113064206j:image


雲丹。これは素直に美味しいですね。今年は赤潮で高いからなあ。

 

f:id:leglutton:20211113064220j:image


金華鯖。おお、美味しい。鯖の香りがキッチリして正に青魚を食べているという満足感。青魚評論家の私も思わず恵比寿顔。

 

f:id:leglutton:20211113064236j:image


漬け。安定感のある味わい。

 

f:id:leglutton:20211113064253j:image


平目だったかな。これも印象に残らず。

 

f:id:leglutton:20211113064314j:image


鰤。脂のノリがイマイチで記憶の淵からこぼれ落ちるような味わいでした。

 

f:id:leglutton:20211113064330j:image


穴子。やっぱりこれも火を通し過ぎかなあ。もっとふわふわで食べたい。

 

f:id:leglutton:20211113064348j:image


卵。昔ながらの卵焼きであり甘い。

 

f:id:leglutton:20211113064426j:image


トロタク。トロタクってどこでも美味しくて食感も良くて大好き。

 

f:id:leglutton:20211113064442j:image


寛平。これも甘い。甘すぎるかも知れません。

 

f:id:leglutton:20211113064502j:image

 

赤出汁。一息付きます。


f:id:leglutton:20211113064459j:image

 

メロンでご馳走様でした。

 

以上ビール2杯、日本酒2合で17000円ほどでした。

 


つまみも握りも美味しいのですが突き出た何かが無く、ぼんやりとした印象だけが残ってしまいました。値段としては妥当だと思いますが、これだったら他にもっと美味しいお店があるかなと思ってしまいます。


私の理想とする寿司屋と単純に目指す所が違っていて、多分こちらのお店は昔からどんな街にもあるお寿司屋さんがやりたいんだろうなと。箱も大きくて地元の人がいつでも行きやすいお店。コースも色々あって握りだけでも良いし、つまんでからでも良い。常連さんになると色々融通も効く。そんなお店です。そういった所で抜群に美味しいお寿司というのも少し釣り合わない。


大将は素晴らしいですね。この大きい箱でも常に全てのテーブルを気にかけていました。これだけ大きいとテンポが悪くなりがちなのですが、そういったところも無く、こうした所は素晴らしい。良い職人さんだなあ。それだけに女将さんの愛想がちょっと悪いのが気になったけど。まあこれはこのお店というよりは名古屋という土地柄かも知れません。


こちらに限らずですが名古屋は一万ちょいぐらいの単価の店の方が客層が良いなと外様の私は感じます。落ち着いたご夫婦が多く静か。これが2万3万にになると河村たかしみたいなおじさんおばさんばかりになるのは何故なんだろうか。


わざわざこのお店を目掛けて行くというよりは近場でふらっと寄る、そんなお店でした。御馳走様でした。

 

 

寿司英
052-661-2241
愛知県名古屋市港区港楽3-5-21
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230112/23014395/