サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

天ぷらあら木-すすきの

札幌を出て1週間。道東まで行きようやく戻ってきました。そんな夜はこちらへ。昨夏来た時に常連さんがここは秋が最高と言っていたのを思い出したのです。ミシュラン二つ星。


20:30のロットへお邪魔しましたがお客さんは1人を除き男性ばかり。私の隣は20代の男性4人組で大学時代の同級生の様です。良いなあ私もいい加減友達に会いたい。

 

f:id:leglutton:20211022122456j:image


まずはビールで喉を潤します。

 

f:id:leglutton:20211022122513j:image


まずは鰆。少し皮目を炙ってあります。皮目の香りと海苔の香りに甘めのタレがよく合います。

 

f:id:leglutton:20211022122527j:image


余市のトマト。余市のトマトは北海道では定番のようでとにかく甘いのが特徴的です。

 

f:id:leglutton:20211022122541j:image


鳥の出汁に松茸を入れたもの。鳥と松茸の香りが空腹を刺激します。天ぷらへの贅沢な準備体操です。

 

f:id:leglutton:20211022122556j:image


銀杏。苦味と香りが本格的な秋の到来を教えてくれます。

 

f:id:leglutton:20211022122613j:image
f:id:leglutton:20211022122610j:image


さて天ぷらへ。塩とすだち、天汁が準備されます。天ぷらってこの瞬間がワクワクして好き。

 

f:id:leglutton:20211022122628j:image


まずは海老のお頭。正に高級かっぱえびせんであり軽い口当たりと海老の強い香り。

 

f:id:leglutton:20211022122643j:image


海老の身はまずは半生で。仄かに甘く海老の香りが1番出る状態です。隣の若い兄ちゃん達もうんまって言いながら食べてるのが微笑ましい。

 

f:id:leglutton:20211022122700j:image


次はもう少し火を入れたもの。甘味がより際立ちます。私は半ナマ主義なので前者の方が好きですがこれはこれで大層美味しい。

 

f:id:leglutton:20211022122718j:image


帆立。綺麗なグラデーションであり、とにかく帆立の甘さが濃い。たまらず日本酒をオーダー。

 

f:id:leglutton:20211022122733j:image


来ました、3番セカンド、キス。キスを天汁にダイレクトに入れた瞬間のジュッという音からテンションぶち上げ。熱々の身を齧り付く幸せと言ったら。山田哲人の様な高いレベルでの安定感があります。

 

f:id:leglutton:20211022122811j:image


箸休めで煮蛸。むちゃくちゃ柔らかい。味もよく染みています。

 

f:id:leglutton:20211022122828j:image


椎茸に失念してしまいましたが何かを詰めたもの。どうやら隣の若い兄ちゃん達はゴルフをしに北海道まで旅行しに来たそう。私もまだ若い頃は大学の友達とそんな旅行したなーと思い出します。そんな風に思うなんて私も歳を取ったんだな。

 

f:id:leglutton:20211022122842j:image


蓮根。サクっとした食感からネットリ。蓮根て天ぷらが1番美味しいと思う今日この頃。

 

f:id:leglutton:20211022122909j:image


松茸。私は高級食材に有難味を感じない人間ですが、やっぱり松茸は美味しいと感服せざるを得ない。香りが良すぎるもの。もはや麻薬的でありずっと嗅いでいたい。

 

f:id:leglutton:20211022123018j:image


揚げ海苔に礼文の紫雲丹。海苔と雲丹の香りが爆発。礼文の紫雲丹と天草の紫雲丹が私の中の双璧です。

 

f:id:leglutton:20211022123034j:image


餅米にイクラを載せました。私はイクラはそんなに好まないのですが、美味いと唸ってしまいました。何というか説得力があるんですよね。

 

f:id:leglutton:20211022123138j:image


先程も出た鰆を天ぷらでも。半ナマ主義者の私も満足。成生で食べた時も思ったけど鰆って香りが良いんだよなあ。

 

f:id:leglutton:20211022123243j:image


栗。栗なんて久々に食べましたが、甘さ控えめで素朴な味わい。秋だな、秋。

 

f:id:leglutton:20211022123157j:image


とうもろこし。これはもう間違え様が無い程美味しい。中標津の郊外で朝方に見た広大なとうもろこし畑を思い出しました。

 

f:id:leglutton:20211022123313j:image


鰻は胡瓜と一緒に海苔に巻いて。美味しいのですが、鰻単体で食べたかったかも。


さて〆の時間です。私は前回来た時に天むすを食べなかった事を大変に後悔したのでそのリベンジの為に訪れたのですが、天丼と天茶の2種類から選べますとの事。え、無いの?とすごくガッカリしたのですが、ダメ元で大将に聞いてみると全然OK。何でも作るのがすごく面倒なので最近は外してるそうですが、常連さんなどからは頼まれるので作ってくれるとの事。良かった。

 

f:id:leglutton:20211022123342j:image


という事で天むす。海老がたっぷり入ったかき揚げが2つも。一つは塩、もう一つはタレという変化も憎い。これを海苔で包んで頬張る幸せ。全国の天ぷら屋にこれやって欲しい。天丼より絶対美味しい。

 

f:id:leglutton:20211022123402j:image


最後はさつまいも。甘さが極限まで出されてスイートポテトの様。よく食べました。


という事でコースにビール2杯、日本酒を5尺で4杯ほど飲んで21000円。やっぱり安いなあ。この食材でこれだけ飲んでこの価格は素晴らしいの一言。

 

 

正に秋の天ぷらとも言うべきラインナップであり、楽しみながら食事をする事が出来ました。食材への火の通しも素晴らしく、二つ星に相応しい天ぷらです。それがこのお値段で頂けるのは極めてリーズナブル。


大将の感じもいいですね。結構やんちゃしてたっぽい感じで、接客もざっかけない感じですがサービスのポイントは抑えており礼儀も正しい。この辺りはすすきので営業してるだけあります。


欲を言えば圧倒感が出てくるともっと良いのですが、これはあくまで私の好みです。老若男女に合う形は今のこのスタイルだと思います。


季節を変えて訪れたいお店。また札幌に行く時は伺いたいと思います。御馳走様でした。

 

 

天ぷらあら木
011-552-5550
北海道札幌市中央区南7条西4 延寿堂 1F
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1048079/