サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

鮨 おくの-滝川

北見から石北峠を越えて旭川までも通り過ぎ遥々滝川までやって来たのはこちらのお店に伺う為です。滝川に来たのは一年振りですが夜は初めて。ミシュラン一つ星です。


商店街の中にお店はあるのですが、遠目から見るとどう見ても寿司屋というよりカフェにしか見えず、あれじゃないよな、でもあそこで合ってるなと近づくとこちらのお店でした。シャッター街には相応しく無いミニマルでオシャレな寿司屋です。

 


まずはビール。ハートランドで660円です。朝5時に北見を出発し、雨の中標高1000mまで登り、極寒の中坂道を下り、210km走って飲むビールの味。饒舌に尽くし難いとはこう言う事を言うのです。速攻で2杯飲みました。

 

f:id:leglutton:20211018074517j:image


まずはしじみの茶碗蒸しで胃を温めます。9月後半の滝川は本州で言う秋真っ只中の夜の寒さであり、温かいものが心から嬉しい。

 

f:id:leglutton:20211018074536j:image


こちらは牡蠣やつぶ貝やエイ?の練り物が入ったもの。まあこれは普通かなあ。牡蠣が美味しかった。

 

f:id:leglutton:20211018074553j:image


刺身は仙台の鰹、鮪と胡椒鰈。鰹の鉄分がしっかりとして美味。

 

f:id:leglutton:20211018074607j:image


日本酒に行きましょう。上川大雪の吟風です。辛口で美味しい。

 

f:id:leglutton:20211018074639j:image


帆立の黄身酢和え。これは美味しいですねえ。卵の風味と少し甘いタレが帆立とマッチ。樽の効いたシャルドネ飲みたくなりました。

 

f:id:leglutton:20211018074653j:image


鰤大根。大根を薄く切って重ねて煮てるからかよく味が染みて美味しい。鰤大根なんて食べるともう晩秋みたいだなあ。

 

f:id:leglutton:20211018074707j:image


お椀は何かのつみれ。まあこれは普通です。

 

f:id:leglutton:20211018074720j:image


さて握りに。まずはスルメイカ。かなり細かく包丁が入られて食感が良いですね。まずまずの滑り出し。シャリはギュッとしっかり握られていゆのが特徴的です。

 

f:id:leglutton:20211018074737j:image


平目には自家製のゆかりをかけて。なるほどこのアイディアは良いですね。酢飯との相性も良い。

 

f:id:leglutton:20211018074839j:image


この前札幌の市場で食べたニシン。やっぱり美味しいなあ。脂が乗って光物の香りもしっかり。ニシンの握りなんて北海道以外ではまず見ませんがありよりのありです。

 

f:id:leglutton:20211018074854j:image


中トロ。まずまず。もう少し酸か鉄分が欲しかったかな。

 

f:id:leglutton:20211018074907j:image


漬け鮪。これも悪くないですね。私は赤身が好きなのです。

 

f:id:leglutton:20211018075013j:image


これは普通の赤身かな。

 

f:id:leglutton:20211018075030j:image


イクラ。これはむちゃんこ美味しいですねえ。醤油感が強くなく、口の中での弾け方も良い。新鮮なのがよく分かります。

 

f:id:leglutton:20211018075051j:image


礼文の紫雲丹。美味しい。積丹より礼文の紫雲丹の方が好きかも。

 

f:id:leglutton:20211018075106j:image


鱈の白子。へーもう出るんだ。大将に聞くと今年は海温が高いのに早いんですよねとの事。もはや冬やん。つい熱燗を頼んでしまいました。

 

f:id:leglutton:20211018075119j:image


玉は魚の香りがしてふわふわで御馳走様でした。

 

以上、ビール2杯、日本酒をグラスで2杯、熱燗で一合飲んで12000円ちょっと。うわー安いなこれは。確かにボリュームは少なめだけどこの安さは素晴らしい。

 

 

全体を通して正統的なお寿司だなあという印象でした。華やかさはありませんが寿司としてのレベルはちゃんと高い。たまにミシュランの星付きは首を捻りたくなる店がある(特に地方)のですが、ここは極めて妥当な評価だと感じました。


ここはやっぱりこのお値段でしょうか。札幌だと酒をしっかり飲んだら3万前後してしまうのでそう考えると滝川と離れてはいますがこの値段なら全然アリ。個人的には旭川鮨みなとより全然こっちの方が好きでした。


大将はまだお若いんですよね。気取った所も無いし好青年という印象。都会で数年有名店で修行しただけで映え狙いのしょーもない寿司を握る輩などとは無縁。私はやっぱりこう言う寿司屋が好きだ。


店の外に出ると完全に秋。滝川は豪雪地帯で冬は電車止まったり大変なんですよ、という大将の言葉が蘇る。でもそんな冬にも来てみたいな。御馳走様でした。

 

 

鮨 おくの
0125-24-1818
北海道滝川市栄町3-4-5
https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010705/1051002/