サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

厚岸海産-厚岸

この日は釧路を出て厚岸へ。牡蠣好きの私は昆布森の漁港でしこたま牡蠣を買って実家へ送ったのですが、肝心の私が食べれていません。


厚岸と言えばコンキリエと言う道の駅の様な施設に飲食店がまとまっているのを記憶していたので早速伺うも定休日。その後道の駅に伺うもこちらも定休日。もう口は完全に牡蠣になっており、牡蠣を食べないと気が済まないので検索してヒットしたこちらへ訪問しました。厚岸の中心地から少し離れています。


昼12時半頃の到着で客の入りは8割程度。みな考える事は一緒である。


私は牡蠣フライ定食1450円に生牡蠣2個で450円をオーダーしました。


しかし待てども待てども全然料理が来ません。私の前に入っていたお客さんも来ていないので全体的に非常にスローです。厨房には3-4人居たはずなのに何故なのか。結局30分待ちましたので訪れる人は時間に余裕を持ちましょう。

 

f:id:leglutton:20211011074252j:image


まずは牡蠣フライ定食。

 

f:id:leglutton:20211011074307j:image


厚岸らしい大振りの牡蠣であり、心から美味しい。薄めの衣に牡蠣自体に中まで火を入れ切っておらずトロッとしています。この濃厚な味わいが厚岸の牡蠣なんだよなあ。広島は江田島の牡蠣フライも美味しかったですが、食べ応えがある分こちらの方が好みです。

 

f:id:leglutton:20211011074359j:image


ちなみに味噌汁は浅利。こちらは直売所も兼ねており、牡蠣と浅利推しな様です。よう出汁出てる。

 

f:id:leglutton:20211011074414j:image


生牡蠣到着。しかしこちらは小振りです。味わいは悪くなく、これで450円は東京などで考えれば当然安いのですが、私は先程漁港で生牡蠣を買った際に一個140円でバカみたいに大きい生牡蠣を頂いたので、比較するとどうしても高く感じてしまいました。せめてもっと大きいのが食べたかった。

 


牡蠣フライも美味しく、生牡蠣も都会に比べたら割安ですが、全体としては観光地価格の食事屋さんと言う感じでお得感はありませんでした。提供も遅いし、お客さんが帰った後でも長いこと皿は放置されたまま。なんであんなに回ってないんかな。


厚岸に来た観光客は素直にコンキリエで食べるか、生牡蠣が食べたいだけなら道の駅で買うのが良いでしょう。私は昔厚岸に来た時は道の駅で一個120円の昆布森の牡蠣を5個食べた記憶があるので、余計に厳しい評価になってしまったかも知れません。


厚岸に行く人はくれぐれも定休日にはお気をつけて。

 

 

厚岸海産
0153-52-6330
北海道厚岸郡厚岸町奔渡町6-307
https://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011203/1005126/