サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

天ぷら料理 さくら-釧路

釧路の繁華街の一角にあるこちらにお邪魔しました。ミシュランプレートにも選ばれた事のあるお店です。

 

f:id:leglutton:20211010075009j:image


店内はカウンターが6-7席程に大将とお弟子さん?の2名体制です。お2人とも背がでかい。

 

f:id:leglutton:20211010074954j:image


まずはビール。770円で量もたっぷり。さあ食べるぞ。

 

f:id:leglutton:20211010075026j:image


まずは毛蟹。味噌の味が濃く酒が飲めます。量もたっぷり。

 

f:id:leglutton:20211010075042j:image


タンタカと呼ばれる鰈の刺身。おお、これは美味しい。旨味が強い刺身で咀嚼の度に旨味が滲み出てきます。

 

f:id:leglutton:20211010075057j:image


続いては生の鯨。なんとなく馬刺しの様なニュアンス。ホースラディッシュと合わせたいなあ。

 

f:id:leglutton:20211010075114j:image


生の鮭。これは普通かな。ちなみに刺身の醤油は普通にスーパーで売ってるやつを使ってました。そんな割には刺身はちゃんと美味しい。

 

f:id:leglutton:20211010075132j:image


ビールを飲んだので瓶ビールを飲みながら日本酒を。まずは伯楽星を頼んだのですが、まさかのコップ酒スタイル。このコップ普通の大きさであり、一合はあります。風情は無いですが大将が酒飲みである事はよくわかりました。すげえな。

 

f:id:leglutton:20211010075203j:image


浜中の赤雲丹。養殖ものだそうですがちゃんと美味しい。これも量がたっぷりであり、コップ酒も進みます。

 

f:id:leglutton:20211010075217j:image


こっちは礼文の紫雲丹。私は紫雲丹の方が好きかも知れないと思う今日この頃。赤雲丹の方が濃厚だけど美味しい紫雲丹は上品で香りが良いから好き。

 

f:id:leglutton:20211010075232j:image


鮪を炙ったもの。まあこれは普通です。

 

f:id:leglutton:20211010075247j:image


さて天ぷらのスタート。まずは海老のお頭です。若干火入れが甘い気がしますがパリパリと美味しい。

 

f:id:leglutton:20211010075302j:image


早速失念。何かの練り物だったかな。印象に残らず。

 

f:id:leglutton:20211010075317j:image


流石にコップ酒をもう一杯空にすると帰れなくなりそうなので半合でお願いしました。

 

f:id:leglutton:20211010075332j:image


海老。ちょっとこれは火を入れ過ぎかなあ。海老自体は悪くありません。

 

f:id:leglutton:20211010075359j:image


ハタハタ。外がバリっと揚げられていて食感が良いですね。

 

f:id:leglutton:20211010075414j:image


とうもろこし。間違いのない美味しさ。とうもろこしって安くて美味しくって大好き。

 

f:id:leglutton:20211010075428j:image


ババガレイ。香りが良いなあ。こういう何でもない白身のお魚は天ぷらが1番ですね。

 

f:id:leglutton:20211010075441j:image


赤雲丹を海苔で巻いたもの。美味しいですがまあそのままのお味です。

 

f:id:leglutton:20211010075459j:image


カジカ。スズキ科の淡水魚だそう。へー淡水魚を天ぷらで食べるんだ。癖があるのかと思いきや全く無く普通に美味しい。

 

f:id:leglutton:20211010075512j:image


日本酒が進むくん。

 

f:id:leglutton:20211010075526j:image


椎茸。特別な椎茸ではないと思いますが、素直に美味しい。

 

f:id:leglutton:20211010075540j:image


ズワイガニ。まあこれは要らないかな。多分冷凍物だし。


この辺でネタが尽きるかと思ったのですがまだ食べれそうなので食べて黙っていると、そんな私を見て冷蔵庫をゴソゴソ探してらっしゃいます。いっぱい食べてすまんね。

 

f:id:leglutton:20211010075600j:image


日本酒をまたオーダーするとまたもやコップ酒。水じゃ無いんですよこれ。半合と言うのを忘れたのでいけると思われたのかな。と言う事で完全にこの後の記憶が曖昧です。冷蔵庫から色々探し出してくれたのにごめんよ。

 

f:id:leglutton:20211010075651j:image
f:id:leglutton:20211010075656j:image
f:id:leglutton:20211010075659j:image
f:id:leglutton:20211010075654j:image
f:id:leglutton:20211010075649j:image
f:id:leglutton:20211010075644j:image
f:id:leglutton:20211010075646j:image


写真だけ置いときます。一般的なネタじゃないものが多くメモしてないと忘れてしまいました。

 

f:id:leglutton:20211010075720j:image


これはヤナギノマイ。メバル科らしいのですが独特の香り。刺身だと臭いかも知れません。これぞ天ぷらの利点。


と言う事でようやくお腹いっぱいになってきたので〆の天丼を。量は普通でお願いしました。小さめも出来るようですが、酔い過ぎて満腹中枢がバカになっています。

 

f:id:leglutton:20211010075739j:image


その天丼ですがすごいボリューム。丼を持った重さは普通の天丼一杯です。海老だらけのかき揚げであり素直に美味しかった。

 

と言う事で相変わらずですがよく飲みよく食べました。お会計は23000円程。普通の人は1万かそこらで終わるでしょう。改めてこうして見ても食べ過ぎです。

 

 

天ぷら自体の腕前は正直そこまででは無いと思いましたが、他では食べられない様な魚を沢山頂けた事が印象的でした。お酒も豊富であり、隣のお客さんはワインをグラスで飲んでたりと、割とアルコールの自由度も高そうです。


結構しっかり目に火を入れるので所々身がパサついた感はあったものの、ネタ自体は良いので香りも立って美味しかった。おかげでついつい食べ過ぎてしまいました。


大将もお弟子さん?も見た目は地元の兄ちゃんという感じですが、腰が低くよく気にかけて頂けました。接待にも使いやすそうです。


釧路はあまり選択肢が無いのですが、ここは一つ選択肢に入れても良いお店。飲み過ぎには注意していっぱい食べましょう。御馳走様でした。

 

 

天ぷら料理 さくら
0154-31-1177
北海道釧路市栄町3-2-12
https://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011201/1047904/