サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

レストラン・アスペルジュ-美瑛

美瑛駅から徒歩15分程の美瑛選果という小さな商業施設?の中にあります。札幌の三つ星モリエールや美瑛のビブレなどを運営する会社のレストランであり、こちらもミシュラン一つ星です。


店内は広く開放的。横に物販スペースがあって若干観光地のレストラン感が無くもないですが、まあそれは仕方ないでしょう。


コースは3種類で3800円、4800円、6800円。予約時で無く、伺ってから決める形です。違いはメインのみだったのて私は3800円のコースにメインをもう一つ単品で追加。オーダーを取るお姉さんが若干狼狽えてました。そんな驚かんでも。

 

f:id:leglutton:20211001071537j:image


まずはビール。中瓶が880円です。臨戦態勢を整えます。

 

f:id:leglutton:20211001071556j:image


トップバッターはパンコントマテ。おお、美味しい。トマトの味が濃く、玉ねぎもフレッシュ。何よりパンの香りが良いですね。良い滑り出し。

 

f:id:leglutton:20211001071609j:image


スペシャリテの20種類の野菜達。トマトと卵のソースに混ぜて。これもシンプルですが、野菜が美味しいなあ。北海道らしい輪郭の濃い野菜達。地味に胡椒の香りがとても良く、アクセントになっていました。こういう野菜をしっかり食べるって贅沢。

 

f:id:leglutton:20211001071625j:image


じゃがいものパン。香りが良く、食べ応えがあります。お代わりはもらえませんでしたが値段を考えればパンが出るだけ有難い。ちなみに美瑛選果にはパン屋もあるのでそちらでも同様のものが買える様です。

 

f:id:leglutton:20211001071639j:image


ビールを飲んだのでワインへ。グラスワインは赤白2種類ずつ。そんなに拘る感じでも無かったのでとりあえずミュスカデを。高いワインじゃないですがちゃんと美味しいワイン。あと量がたっぷりなのが良い。こういう所でケチらないって大事。

 

f:id:leglutton:20211001071658j:image


じゃがいものピューレ。生クリームと混ぜてあるのか仄かに甘い。滑らかな舌触りですが、割とボリュームがあります。冷たい前菜が続いたので、ここで温かいものというのが良いですね。

 

f:id:leglutton:20211001071711j:image


唐突に置かれる皿。スープ?でもやけに少ないなと思っていると。

 

f:id:leglutton:20211001071725j:image


そこにブロッコリーを。一房の1/4ぐらいかな。割と大きいポーションです。ビブレでも似た様なやつでますね。

ブロッコリー自体は味が濃いのですが、私自体がそこまで好まないので意見差し控え。横のセミドライトマトが酸味と甘味が強く美味しかった。

 

f:id:leglutton:20211001071739j:image


メインは豚のロースト。ちょっと火を入れ過ぎ感はあるものの、脂が甘くて豚自体が美味しい事がよく分かります。ボリュームも150gぐらいありそう。3800円のコースでこれは素晴らしい。

 

f:id:leglutton:20211001071752j:image


こちらにはピノブルゴーニュルージュだったと思うのですが、880円ですし全然アリ。

 

f:id:leglutton:20211001071806j:image


メインの付け合わせで玉ねぎをコンソメで煮たものも出てきました。これはまあ想像の範囲内ですが、ちゃんと美味しい。玉ねぎって甘いよなあ。

 

f:id:leglutton:20211001071821j:image


こちらは追加したメインの牛頰肉の赤ワイン煮込み。

 

f:id:leglutton:20211001071841j:image


ここにポテトがどん。すげえ量。ちなみにポテトはサービスの方が鍋ごと持ってきてくれて自分で量を選べます。これでも1/4ぐらい。すげえ量作ってた。

このメインも正に赤ワイン煮込みであり、基本に忠実。ソースが濃厚で、そこに生クリームの入ったこれも濃厚なポテトを合わせる幸せ。ビストロチックですが、全然アリ。

 

f:id:leglutton:20211001071858j:image


これにはボルドーカベルネかな。グラスワインはいずれも1000円以下ですがちゃんと美味しいですね。

 

f:id:leglutton:20211001071909j:image


デザートはチーズをふわふわにしたものにハスカップのソース。軽い食後感にハスカップのしっかりとした甘さ。メインが割とボリュームあるのでこれぐらいが良い。

 

f:id:leglutton:20211001071925j:image
f:id:leglutton:20211001071922j:image


お茶菓子と紅茶で御馳走様でした。

 

以上、ビール1本に、ワイングラス3杯、メインを追加して11000円でした。やっす。ビストロより安いやん。

 


極めて基本に忠実な料理でした。ガチガチのフレンチというよりはもう少しリラックスした料理ですが、それだけに素材の良さがよく分かるお皿達でした。オーソドックスなので驚きや感動とまでは行きませんが、誰が食べても美味しいと感じ、何より安い。これが素晴らしい。ビブレやマッカリーナに行かずとも、そのエッセンスがこの値段で感じられるのでアリよりのアリです。


客層も少しラフというか、私ぐらいしかジャケットを羽織ってる人はいませんでした。星付きのお店と考えると少し拍子抜けしてしまうかも知れませんが、観光地の美味しくてちょっと良いレストランぐらいの位置付けで気軽に行くのが良いでしょう。値段も雰囲気もそんな感じなので、良い意味で気負わず伺えます。

この日若い女の子2人が居たのですが、1人が誕生日らしくすごく楽しそうに食べていました。こういう使い方が良いんだろうなあ。普段よりちょっと良いところで誕生日のお祝いをする感じ。良いなあ。

 

 

大きな窓の外は薄暮から夕闇に。その時ふと私がまだ小学校に入るか入らないかぐらいの頃に母親に連れられてクリスマスの飾りを買いに行ったのを思い出しました。断片的にしか覚えていませんが、煌びやかな日本ではない雰囲気だった事だけは覚えています。何故、そんな埋もれていた記憶が呼び起こされたのか分かりません。


こういう僥倖の様なもの。そう言ったものが辺境のレストランにはある気がします。店内は温かく、美味しい食事と、美味しいワインと。私はそんな僥倖を求めて地方に地方にと足を向けるのかも知れない。


せっかく美瑛に来たし、ちょっと美味しいものでもという方にはぴったり。御馳走様でした。

 

 

レストラン・アスペルジュ
0166-92-5522
北海道上川郡美瑛町大町2 美瑛選果
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010403/1005336/