サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

塩たいおう-天理

奈良に行こうと思い立ち、連れとラーメン屋を物色。天理市にあるラーメン屋が良さそうだったので車を走らせ開店ぴったりに行くと何と臨時休業。2時間車を走らせて来たのにこの有様であり、気持ちの持って行き場も無く、近くのラーメン屋を探すとこちらを発見したので行ってみました。要は偶々見つけたので入ってみたという感じです。


昼の11:30頃で待ち無し。ただ退店する12時ちょっと前には待ちが発生していました。割と回転は遅いラーメン屋なので待ちたく無い人は早めに行きましょう。


こちらは店名からも分かる通り塩ラーメン推しですので特製塩ラーメン1100円をオーダー。そこに炙りレアチャーシュー丼250円を付けました。


新しい店なのか店内は綺麗。カウンターにテーブル席もあるので家族連れも来ていました。カウンターの一部は冷房がまともに当たるので気をつけましょう。

 

f:id:leglutton:20210821055156j:image


待つ事15分程で着丼。何と肉肉しい、というかほぼ肉です。


スープは動物系の出汁なのか、スッキリ淡麗系というよりはパンチの強いスープです。塩気もはっきり。故に海苔とネギが大目に入っているのでしょう。

麺は普通。メンマと味玉はちゃんと美味しい。

焼豚が山の様に入っていますが、これはかなり美味しいですね。低音調理っぽいレア感ですが、肉の旨味がしっかり出ており、単純に肉として美味しい。ここまで豚肉の旨味が感じられる焼豚、というかローストポークは中々ありません。厚切りで食べ応えも抜群。

 

f:id:leglutton:20210821055220j:image


炙りレアチャーシュー丼も到着。もはや肉まみれである。これもやはり肉の甘味が感じられ美味しい。とは言えラーメンの方にこれだけ肉があるので、丼までは必要無かったかも知れません。これは頼んだ私の責任です。


かなりのボリュームですが、最後の方少しキツくなりました。というのもスープの塩気が割に強いので飽きが来なくも無い。連れも同様の意見でしたので、スープのバランスが課題でしょうか。焼豚との相性は良いのですが。

 

 

総じて言えば美味しいラーメンという印象でした。確かにスープが少しキツくなりましたが、ラーメンとしての完成度は高く、また焼豚が美味しいのがポイント。


駅からも近くこれからもっと人気が出てもおかしくない。こちらへ伺う時は肉を食べると思って気合い入れて行きましょう。御馳走様でした。

 

 

塩たいおう
奈良県天理市川原城町886 古川ビル 1F
https://tabelog.com/nara/A2904/A290401/29011511/