サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

平和寿司-桑名

三重県桑名市にあるこちらにお邪魔しました。桑名駅からは歩いて20分弱、桑名駅のお隣の駅からであれば徒歩5分ほどの住宅街の中にあります。ミシュラン一つ星。


店内はカウンターが6席に小上がりの座敷が一つ、奥にももう一つテーブル席があります。大将と女将さんにお弟子さん1人という陣容です。

 

f:id:leglutton:20210820102122j:image


まずはビール。飲み物のメニューは無く値段は分かりませんがお会計から推測するに700-800円ぐらいでしょう。完璧な注ぎ方です。

 

f:id:leglutton:20210820102141j:image


トップバッターは蛤。桑名と言えば蛤ですからね。とにかく蛤の味が濃く素敵な滑り出し。全く予約が取れない事で有名な日の出にいつか行きたい。

 

f:id:leglutton:20210820102155j:image


続いては北海道の紫雲丹。おお、美味しい。紫雲丹らしいあっさり感。

 

f:id:leglutton:20210820102208j:image


こちらも北海道のキンキの入った茶碗蒸し。出汁の香りがよくこれも素直に美味しい。寿司屋の茶碗蒸しとしてはかなり美味しい部類でした。

 

f:id:leglutton:20210820102221j:image


日本酒へ。女将さんにお任せでお願いしました。まずは大那。こちらもお会計から推測するに一合1000円するかしないかレベルでしょう。ガブガブ行きましょう。

 

f:id:leglutton:20210820102238j:image


能登でとれた喉黒。脂がギトギトじゃなくてかえって冬の喉黒より好きでした。

 

f:id:leglutton:20210820102259j:image


鰹。わら焼の香りに鉄分が感じられ美味。

 

f:id:leglutton:20210820102314j:image


作。地酒ですね。あまり関東では見ないのですが、私の家の近くのスーパーで売ってるぐらい割とポピュラーです。香りが豊潤なので結構好き。

 

f:id:leglutton:20210820102328j:image


鱧と潤菜。鱧自体は普通。まあこれは食材の限界でしょう。

 

f:id:leglutton:20210820102355j:image


八兵衛。これも地酒。食材は地元では無いですが、お酒は地元のものを多く置いている様です。

 

f:id:leglutton:20210820102417j:image


鮑は肝。細かく包丁が入れられてトロける様。当然に酒のお供です。

 

f:id:leglutton:20210820102756j:image


握りに。まずは中トロから。境港のものでやま幸から仕入れているそうです。しかしこの中トロは絶品ですね。しっかりとした酸に仄かな鉄分、脂のトロけ具合といいパーフェクトです。鮪には厳しい真夏でこれとは天晴れ。

 

f:id:leglutton:20210820102809j:image


鰯はトロける鰯。青魚好きの私も満足。

 

f:id:leglutton:20210820102820j:image


目一鯛。これはまあまあでしょうか。天草とか瀬戸内に比べると少し弱いか。

 

f:id:leglutton:20210820102834j:image


牡丹海老。冬の様なねっとりとした味わい。海老好きの相方は大層満足な顔をしていました。

 

f:id:leglutton:20210820102847j:image


大トロ。先程の中トロ同様、この鮪は酸味が素晴らしいですねえ。久々に心から美味しい鮪を食べた気がします。

 

f:id:leglutton:20210820102858j:image


新子。割にしっかり酢の味がしたので意見差し控え。手がかかる割に私はあまり好まずすみません。

 

f:id:leglutton:20210820102909j:image


東一。女将さんは結構お酒に詳しそう。

 

f:id:leglutton:20210820102927j:image


イカ雲丹。まあこれは問答無用でしょう。バラバラに食べるのが好みですが、贅沢は言うまい。

 

f:id:leglutton:20210820102939j:image


三重県らしく松阪牛のランプの巻物。美味しいですねえ。焼肉屋でも握りなど出しますが、やはり肉とシャリの一体感がダンチ。もっと食べたい。

 

f:id:leglutton:20210820102949j:image


漬け。2度あることは3度ある。この鮪、家に飾りたい。

 

f:id:leglutton:20210820103001j:image


鯵。まあこれは普通でしょうか。青魚好きなので辛めの採点です。

 

f:id:leglutton:20210820103015j:image


トロタク。この日はとにかく鮪デー。地元のものでは無くとも美味いものは美味い。

 

f:id:leglutton:20210820103026j:image


味噌汁には牡丹海老の頭が丸ごと。チューチュー吸いました。

 

f:id:leglutton:20210820103039j:image


玉。魚の香りがして美味しい。

 

f:id:leglutton:20210820103100j:image

f:id:leglutton:20210820103117j:image


和三盆のアイスと抹茶で御馳走様でした。

 

以上で2人で45000円ほど。コース料金が19800円なので前述の通りお酒が安い。もっと飲めば良かった。

 


The寿司屋とも言うべきオーソドックスなお寿司屋さんでした。全国から良いネタを仕入れ、細かく包丁を入れてとろけるような食感にしているものが多い印象でした。


美味しい一方でこの桑名という土地でやる意味というのは薄いかも知れません。ネタの殆どは地方からであり、遠方から来る人にここに来たらこれが食べれる、と言う様なスペシャリテが無いので、わざわざ行くというインテンションが働きづらいのも事実です。


しかしそもそもそんなものは狙って無いんでしょうね。たまたま桑名でやってて星を取った、それだけの事なのでしょう。地元にこんなお店があったら通いたくなるし、特別な日はここでお寿司食べようとなる、そんなお店です。そもそも寿司屋というのはそういうものかも知れません。


名古屋駅からは電車で30分もかからないし、特急なら20分弱。それでこの値段で一流の寿司が食べれるならありでしょう。煌びやかさには欠けますし、印象的な何かは無いですが、味としては間違いなく美味しい。名古屋市内の有名寿司屋は予約が取れないですし、高いのでこっちの方が全然アリ。私の好きな睦月の方が少し安いですが予約が中々取れないですし、ちょっと遠いので、こちらにもまたお邪魔しようと思います。御馳走様でした。

 

 

平和寿司
050-5595-8056
三重県桑名市矢田800
https://tabelog.com/mie/A2402/A240203/24003391/