サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

矮鶏-新静岡

静岡に来たら魚ばかりなので、久々に焼鳥でも食べようと思いこちらにお邪魔しました。繁華街の雑居ビル3Fにあります。


平日夜の20時過ぎにお邪魔しましたが満席。L字カウンター10席にテーブル席が2つで、大将お一人で基本的に調理されている様です。

 

f:id:leglutton:20210721061810j:image


まずはビール。小ぶりながら400円と激安。うすはりのグラスに入れ方も完璧で素敵なスタートです。

 

f:id:leglutton:20210721061833j:image


鳥肉の白和。きゅうりのキューちゃん的な漬物を刻んだものが入っています。まずは胃袋の準備体操。

 

f:id:leglutton:20210721061850j:image


鳥わさ。山芋と合わせて頂きます。割にタレがしっかりしたり味付けであり酒が進む。

 

f:id:leglutton:20210721061903j:image


背肝。鳥つるで食べてから大好きな部位の一つです。フォアグラ的な臭みが無く上品なレバーであり、赤ワインが飲みたくなる。

 

f:id:leglutton:20210721061919j:image


とは言え今夜は日本酒を。我龍梅。コップで並々で1000円です。日本酒は2種類、グラスワインも種類が少なかったので酒に拘りがある感じではありませんでした。

 

f:id:leglutton:20210721061934j:image


さて焼きに入ります。ますば腿肉。すごい弾力だ。塩が弱めですが、咀嚼の度に油がジュワっと染み出して来ます。マッチョな鳥さんやなあ。

 

f:id:leglutton:20210721062014j:image


よく聞き取れませんでしたが、首の根本?と仰っていた様に聞こえました。これは脂が甘いですねえ。嫌な感じの脂ではなく、良い意味で鶏肉っぽく無い感じでした。

 

f:id:leglutton:20210721062048j:image


ここで唐突に鰹の乗ったご飯。胡瓜も入っています。美味しいのですが、このタイミングで何故鰹なのか首を捻る。

 

f:id:leglutton:20210721062105j:image


蓮根饅頭。悪くないんですが、先程の鰹同様そんなにめちゃくちゃ美味しいと言うわけでも無いですし、このタイミングでこれを出す必然性がよくわかりません。私は肉が食べたくて来たのだけれど。

 

f:id:leglutton:20210721062119j:image


もういっちょ日本酒。なんだったかな。

 

f:id:leglutton:20210721062134j:image


砂肝ともう一つの部位は聞き取れず。そのもう一つの方がグニグニとした食感で、やはり脂が美味しい。砂肝はまあ普通でした。

 

f:id:leglutton:20210721062148j:image


鴨肉と野菜。鴨肉は美味しいのですが、あえて野菜と合わせる意味はあるのでしょうか。そのまんま鴨だけで食べさせるので良かったんじゃ無いかな。それぐらい焼いてる時は美味しそうでした。

 

f:id:leglutton:20210721062203j:image


手羽先。最初の腿肉同様、身がしっかりとしていて骨から離れません。それをむしりとる様にかぶりつく。原始的な楽しみ。

 

f:id:leglutton:20210721062221j:image


つくね。ちょうちんを潰して絡めます。問答無用に美味しい。つくねもエアリーではなくマッチョな食感であり私好み。大将に旨そうに食べるねって言われました。そろそろビールメーカーからCM来ないかな。

 

f:id:leglutton:20210721062238j:image
f:id:leglutton:20210721062235j:image


〆のご飯は別料金との事でしたが、折角なので親子丼お願いしました。濃厚な卵にタフな身が絡んで素直に美味しい。これを不味いと言う人は居ませんね。焼き鳥屋の親子丼って好き。

 

と言う事でコースに〆ご飯付けて、ビール一杯と日本酒二杯でお会計は12500円でした。うーん、意外としましたね。コスパ的には都内と変わりません。これなら鳥かど行くかな。

 


とにかく強い弾力が特徴的な焼鳥でした。脂が多いというよりはそのマッチョな身を咀嚼して出てくる旨味を食べる感じです。オシャレ焼鳥というよりは男性的なタフな焼鳥でした。


ただあんまり焼鳥食べたなーっていう食後感じゃ無かったんですよね。本数的にも少な目であり、間に挟んだ鰹と蓮根饅頭もよく分からない。これだけマッチョな鳥なので、もっとひたすらに焼鳥を出して欲しかったと感じました。


店の雰囲気は居酒屋的。周りはサラリーマンや男性客が多く、かなり賑やかでした。ちょっとデートとか接待は厳しいかな。提供スピードも少し間が空くので初めてのデートは厳しい。こなれた関係なら良いですが。


そう言った雰囲気も含めてちょっとコスパが微妙かなと思いました。店自体は清潔で小料理屋的なのですが、偶々かも知れませんが割と賑やかな割に焼鳥を食べた感に薄いのでどこかチグハグな印象を持ってしまいました。


フィロソフィーをどう表現するか、その難しさを感じたお店でした。御馳走様でした。

 

 

矮鶏
054-253-1268
静岡県静岡市葵区昭和町1-1 治作ビル 3F
https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22000713/