サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

IYAU-用宗

静岡駅から電車で2駅の用宗駅から徒歩10分程。住宅街を抜けて目の前は太平洋、お店の外観は真っ白と、とても和食店には見えません。

 

f:id:leglutton:20210717054615j:image

f:id:leglutton:20210717054729j:image

 

店内も白を基調としておりレストランというよりギャラリーの様です。ヴィラアイーダみたいに大きなテーブルが一つあります。全然内装も雰囲気も違うけど。店主お一人で料理も作りサーブする形です。

 

f:id:leglutton:20210717054751j:image


まずはビール。色々とクラフトビールがある様で、それも静岡のものを揃えている様です。私はオススメのこちらを頂きました。夏はビールに限る。

 

f:id:leglutton:20210717054804j:image


トップパッターは生しらすの醤油漬けに茹でたレタスに塩麹を和えたトマト。用宗港は生しらすで非常に有名だそうです。見た目通り夏らしい爽やかな味わい。塩気がはっきりしていて食欲が湧いてきます。

 

f:id:leglutton:20210717054819j:image


アスパラの天ぷら。瑞々しく、青い香りが充満。にい留で出てきた様なものでは流石にありませんが、生活に寄り添う中では相当に美味しい。アスパラそのものが美味しいんでしょう。

 

f:id:leglutton:20210717054915j:image


ビールを瞬で飲んだので続いてもクラフトビール。永久に飲めそう。

 

f:id:leglutton:20210717054926j:image


軽く酢〆した鯵。醤油漬けの枝豆を散らすなど香りと味のバランスが良いですねえ。鯵自体はさっぱりしてるので余計に枝豆の香りが引き立つ。夏やなあ。

 

f:id:leglutton:20210717054939j:image


茄子の唐揚げ。居酒屋的な唐揚げですが、衣が細かく薄く、茄子の味が引き立ちます。タルタルにいぶりがっこを入れてるので香りが良いのも良い。今が旬だぞと訴えかけて来るような茄子でした。

 

f:id:leglutton:20210717054958j:image


太刀魚もフライに。天ぷらや焼き物では頂くことはありますが、唐揚げ形式のこれはこれで美味しい。太刀魚ってほんと香りが良くて好き。

 

f:id:leglutton:20210717055010j:image


英君。地酒も幾つかある様です。私は店主に下駄を預けました。

 

f:id:leglutton:20210717055022j:image


白トウモロコシとスイカの白和。へー面白い。白トウモロコシとスイカで違う甘さなのですが、ここにきな粉をかけるセンス。甘さにも色々あるんだなという気づきのある料理です。甘いんだけど、ちゃんと和食になってるのも素晴らしい。

 

f:id:leglutton:20210717055041j:image


萩鶴。夏らしい味わい。

 

f:id:leglutton:20210717055054j:image


じゃがいものコロッケとオクラのフライにジェノベーゼソース、下にはトマトに昆布出汁を入れたソースもあります。イタリアン的なのですが、トマトにニンニクが入っておらずオクラの香りとすごくマッチして、和食になってます。居酒屋的ですが、絶対に居酒屋じゃ食べれなくてトラットリアでも食べれなくて、この店じゃなきゃ食べれない。人はこれをセンスと呼ぶ。

 

f:id:leglutton:20210717055118j:image


花鯛と緑茄子。なにこれうんま。花鯛がまず持って美味しいですねえ。特有の香りがしっかりします。当然の如く茄子との相性も良く、出汁もしっかり。基本技術の高さが垣間見えました。

 

f:id:leglutton:20210717055130j:image


最後は塩むすび

 

f:id:leglutton:20210717055143j:image


見よ、このフォトジェニック。日本人なら誰でも美味しそうと思ってしまうビジュアルです。

見た目だけでなく、お米が甘くて香りが良くて心の底から美味しい。海苔の香りも良く、塩気もちょうど良い。味噌汁にも海苔がたっぷり入っていて、おにぎり食べながら味噌汁飲むという日本人の古典的な喜びがあります。おにぎりって美味しいよなあ。丼よりおにぎりの方が嬉しいかも。

 

f:id:leglutton:20210717055159j:image


最後は桃のシャーベット。この辺は桃も取れるそうです。桃って美味しいよね。

 

以上でコース一通りとビール2杯、日本酒2杯で9500円。どひゃー、1万しないのかい。確かに高い食材を使ってるわけでは無いですが、これは素晴らしいコスパ。静岡ってすげえな。

 

 


居酒屋的なメニューやイタリアン的なニュアンスを加えたりと変化に富んだメニュー構成でした。しかし食後感としては和食を頂いたなあという満足感があります。

基本的な技術が高いので素材の活かし方がまず良いですね。その良さを活かしながら意外な組み合わせをするので記憶にも残る。揚げ物が多いですが胃もたれ感などまるで無いのも不思議。これはセンス以外の何者でもありません。


良いお店だなあ。華美な食材を使わず、この地でやる意味がありながら、独創的。モダンな感じかと思いきや、真っ当な和食で、でも変化球を投げる。ここまでセンスとコスパが両立してる店も珍しい。あと5割高くても、例えば神楽坂でこのお店やったら予約取れなくなりますね。それぐらいセンスが良い。


世界観がはっきりしてるのも良いですね。白い内装と一緒で世界観がしっかりしていてブレない。だから居心地が良い。都会でやかましい客に囲まれるより、こうして静かにセンスの良い食事をしていると心が洗われる様です。

 

お店を出ると外は街灯も無く真っ暗。その中に波の音が聞こえます。海の匂いと波音を聴きながら歩いて帰る。こういうのが幸せ。食べてタクシーで帰るなんてもったいない。食とはその日1日を彩るもの。必ずまた来ます。御馳走様でした。

 

 

IYAU
054-266-6892
静岡県静岡市駿河区用宗5-18-10
https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22035170/