サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

トラットリア・築地パラディーゾ-築地

銀座周辺でイタリアンでも食べたいなと探しているとこちらが日曜日にも営業してる事を発見。以前は日曜日はお休みだったはずですがいつの間にか営業する様になっていたようです。


お店は築地の場外市場の端っこの方にあります。店内はトラットリアという雰囲気で気取らないけれど美味しいものが食べられそうな空気ムンムンです。

 

f:id:leglutton:20210713061827j:image


まずはスプマンテ。ボトルは赤白泡でそれぞれ3000-4000円代から揃えています。私は5300円のスプマンテをお願いしましたが、ドライで酸がスッキリしていて値段の割に美味しいスプマンテで満足。昼から泡を飲むとは良い休日である。

 

f:id:leglutton:20210713061843j:image


まずは陸前高田産の岩牡蠣。推しメニューでこれを言われた瞬間に連れと秒でオーダーしました。一個850円と良いお値段ですが、その値段も納得の大きさと味わい。岩牡蠣って生臭いものもありますが、全くそんな事も無く大満足。連れも大満足の様子です。

 

f:id:leglutton:20210713061900j:image


前菜は思い切って10種盛りを。店員のお兄さんからは「2人で6種盛りぐらいが〜」と言われたのに調子に乗って10種盛りをオーダーすると、「お、行っちゃいますか」と言われた理由がわかるほどの量。iPhoneと比較するとよくわかります。

 

f:id:leglutton:20210713061929j:image


マリネやカポナータ等等盛り沢山。ハムまで大きくしかもちゃんと美味しい。絶品という訳ではありませんが、前菜として泡を飲みながらにはぴったりです。何よりすげえ多い。これで2800円とはむしろ割安。4人で分けるぐらいが良いでしょう。

 

f:id:leglutton:20210713061952j:image


もはや前菜でだいぶ満足感がありますが、パスタは魚介のリングイネを。これはもう貝がこれでもかと入っており、もはや貝のトマト煮にパスタが入っているほど。貝の旨味がソースに溶け出しまくっていて、麺はアルデンテでちゃんと美味しい。しかしこれもすごい量だ。

 

f:id:leglutton:20210713062029j:image

 

パンもありましたがほぼほぼ手を付けませんでした。


昼からこれらで満腹。すげえ量食べた。なんと幸せなランチなのか。


お会計は12600円。泡をボトルで入れてはち切れる程食べてこれは素晴らしいコスパです。

 

 

トラットリアとはこの事、というお店でした。一品一品のお値段は高めに感じますが、ボリュームがたっぷり。最終的なお値段は極めて良心的な範囲で収まります。ワインも安くガブガブ飲めるのも良い。


繊細なイタリアンではありませんが、直接的な美味しさでありどんな人でも満足します。魚介推しであり、その分かりやすい方向性も好き。私は割に北イタリアの肉メインのイタリアンが好きなのでロッツォシチリアみたいなのが好みですが、南イタリアのこの感じも良いよなあと思いました。


店員のお兄さんもまさにトラットリアな、懐に上手く飛び込んで来て、でも鬱陶しさなど微塵も無くプロの仕事です。テーブルウォッチも完璧で、グラスの泡が無くなればすぐ注いでくれたり、料理のテンポも素晴らしい。


築地では有名なイタリアンですが、その理由がよく分かります。2人よりは3-4人の方が良いでしょう。予約無しのお客さんが来ては断られていたので必ず予約して、そして胃を空っぽにして行きましょう。また伺います。御馳走様でした。

 

 

トラットリア・築地パラディーゾ
03-3545-5550
東京都中央区築地6-27-3
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13132422/