サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

万豚記 飯倉店-麻布十番

案の定二日酔いなので辛いものが食べたい。という事で際コーポレーション系列のこちらに伺う事にしました。麻布十番の交差点から永坂を上がって行って新福菜館を超えた辺りにあります。


休日の11:30頃入店で先客1組のみ。麻布十番エリアでもちょっとハズレなのでそんなに混まないでしょう。


以前八丁堀の紅虎餃子房で食べた担々麺が大層美味しかったのでこちらでも黒胡麻坦々麺を。半チャーハンを付けて大餃子も2個付けました。

 

f:id:leglutton:20210617070237j:image


待つ事10分程で着丼。見た目は流石にチェーン店なので似ています。


味わいは胡麻の風味を強く感じるスープ。辛さはあまり無く、割と味噌の味が強め。麺は手打ちっぽいラーメンというより中華料理の麺っぽい独特の食感。不味くは無いのですが、何かこんなもんだったかな。

 

f:id:leglutton:20210617070253j:image


炒飯も到着。見た目は超シンプルですが、味も超シンプル、というか明らかに塩が少なすぎ。油と塩を思い切りよく使うのが炒飯のコツですが、全然思い切ってません。あとなんか油か米がちょっと臭い。

 

f:id:leglutton:20210617070308j:image


大餃子。これは安定感のある味わい。きっと本部から冷凍なり冷蔵で直送されて焼くだけなんだろうな。

 

 

なんかイマイチでした。八丁堀の紅虎餃子房の坦々麺は坦々麺専門店に比類するほど美味しかったのですが、同じチェーン店で材料も同じはずなのにここまで違うかという感じ。チェーン店でも調理は必ず入るのでその差としか思えません。やはり私が八丁堀店に行った時に、厨房のあの2人は達人なのかも知れないと思ったのは間違いでは無かったのかも。


なんか店内も清潔感に欠けるんですよね。悪い意味でチェーン店では無く個人の中華料理店っぽい。あの炒飯の臭さは何だったんだろうか。


まあ立地的にも休日の昼に素面でというより、十番や六本木で飲んでその締めに、という感じが良いのでしょう。酔っ払って色々どうでも良い時の方が色々許せるし。


また八丁堀店行こうかな。あの2人がまだ帰国してなきゃ良いんだけど。御馳走様でした。

 

 

万豚記 飯倉店
03-3589-5736
東京都港区六本木5-12-19 クレセンス六本木 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13042089/