サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

スコンター 名駅店-国際センター

暖かい季節にもなったので辛いものが食べたいと思いタイ料理屋を検索。いつもならサワデーすみ芳に行くのですが違う所も開拓しようと思いこちらにお邪魔しました。名古屋市内に数店舗ある様です。


休日の12時半頃お邪魔して客の入りは6-7割といった所。店員さんはみんな日本人ですがオーダーはタイ語で通してました。


私はガパオライスにグリーンカレーを付けて、更にご飯を大盛りで計1430円と割とお値段行きました。

 

f:id:leglutton:20210603064629j:image


メニューを拝見しているとビールが390円という文字を見つけて秒でオーダー。小さいグラスで来るかと思いきやちゃんとジョッキで来ます。が、メンテが悪いのか変な苦味が残り香りも良くない。何でこんな簡単なメンテぐらいサボるのか。結局一杯に留めてしまいました。

 

f:id:leglutton:20210603064647j:image


ガパオライス到着。ご飯がちゃんと大盛りです。春雨サラダとスープが付いてきます。


ガパオライスですがナンプラーは効いてるものほハーブが弱く、辛さも弱い。肉肉しいのは良いのですが物足りなさが残ります。こちらの店に限らず日本のタイ料理屋の殆どはハーブの使い方の思い切りが悪く、中々満足するガパオライスに出会えないのが現状です。こんなのガパオじゃないとタイ人ですら微笑みが無くなりそう。


グリーンカレーは美味しいですね。こっちはちゃんとハーブが効いています。とは言えグリーンカレーは店毎の差が殆ど出ないので他と比べて断トツ美味いかという横並び感はあります。

 

f:id:leglutton:20210603064731j:image


左上の春雨サラダはナンプラーなのか独特な風味。スープは薄く不味かったので珍しく残してしまいました。マッシュルームがお化けの顔に見えたのも一因です。怖くて食べれない。

 

 

タイ政府公認と謳っていますが、あくまで日本人の作る日本人向けのタイ料理だと感じました。ハーブの使い方や米の炊き方、ビールのメンテなど細部が雑であり、拘りを感じません。そもそもタイ政府は割と気前良く公認するので割と何処にでもあります。


タイ料理って妙に高いんですよね。ハーブとかタイ米が高いのかも知れませんが、バンコクで激安の地元の料理を食べたことのある人間からするとすごく違和感を感じてしまいます。ならせめて味だけは本場に寄せて欲しい、


これならやっぱりサワデーすみ芳かな。細部に拘らない大らかな方はどうぞ。

 

 

スコンター 名駅
050-5868-1839
愛知県名古屋市中村区名駅3-16-14
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23008074/