サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

牧のうどん 加布里本店-糸島市

私の大好きな牧のうどん。糸島周辺を走るとなるともはや自動的に足が向いてしまいます。牧のうどんを見る度に食べたいなあと思ってしまうので、私が福岡に住んでいたら週5で食べているに違いない。


こちらの本店にお邪魔するのは2度目。伺ったのは休日の11時前ですが客の入りは7割程度といった所です。


私は伝家の宝刀、肉ごぼう天うどんをオーダー。待っている間店内を見回すとおじさんからご夫婦、小さい子供連れた家族連れから若い女性の1人客まで相変わらずの老若男女っぷり。この光景を見ただけで如何に福岡ではうどんが生活の一部になっているかよく分かります。

 

f:id:leglutton:20210527054332j:image


さて到着。ああ、君に逢いたかったんだ。


スープはストレートで分かりやすい昆布出汁に肉を煮た甘辛い醤油味が重なります。この塩分がロードバイク中の塩分補給にぴったり。


麺はやはり柔いながら確かな弾力があり、モチモチとした食感。バイアスだと思いますが、他店に比べて本店はベストな柔さと食感を味わえます。


分厚い衣のごぼう天はその汁を衣に吸わせて食べるのが乙。かろのうろんの様な香り高く細いごぼう天も美味しいですが、このジャンキーさが堪らない。


しっかり薬缶の追い出汁まで完飲。やはり美味かった。

 

 

牧のうどんとは様式美であり極めてトラディッショナルで完成された食事なのだと再認識しました。その分かりやすい味わい、手軽な値段からもはや生活の一部に組み込まれているのでは無いだろうか。だからB級グルメの様な立ち位置では無く、本当の意味でのソウルフードになっているのだと思います。


何とかして東京や名古屋に出来ないものか。家賃や労務費、物流費がネックだよなーなんて食べ終わった後、糸島を走りながら考える。私の様に牧のうどんファンは密かに全国各地に居るだろうから需要は間違い無いのだけれど。


資さんうどんも好きだけどやっぱり牧のうどんが好き。また福岡に来たら必ず伺う様にします。御馳走様でした。

 

 

牧のうどん 加布里本店
092-322-3091
福岡県糸島市神在1334-1
https://tabelog.com/fukuoka/A4009/A400901/40000960/