サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

吉野家 213号線中津店-中津(大分)

今でこそやれミシュラン何星だ、ゴエミヨ何トックだなんていうお店にもそれなりにいく様になりましたが、元々私はジャンクフードやファストフードの類が大好き。日本におけるファストフードの頂点は牛丼チェーン店だと思っており、私は松屋ラヴァーなのですが、最近吉野家に十数年ぶりに行ったらあまりに美味しく感動したので最近は吉野家にも浮気気味。


とは言え、牛丼を夜に食べるとそのカロリーと糖質からすぐ太るので我慢しています。ですが、今回は中津から熊本へロードバイクで行くというロングライドを控える朝7時半。腹が減っては戦は出来ぬという事で吉野家に行きました。


通学中の学生の自転車の群れの中を逆走する様に走り吉野家へ。平日朝という事もあり、店内は数名程度。オフィスワーカーでは無いガテン系のおっちゃん兄ちゃんが皆無言で牛丼をかき込んでいます。この雰囲気好きなんだよな。


いつもは牛丼にするのですが、もうちょっと肉肉しさが欲しかったので牛カルビ丼を。牛カルビ丼なんていつ以来だろ。

 

f:id:leglutton:20210518065524j:image


美味そう。もはや吉野家の匂いとか器を見るだけで反射的に美味いと脳味噌が感じてしまいます。割とここは綺麗に盛り付けてくれます。


そして実際に美味い。感動するほど美味い。肉は筋っぽいけれど味付けは良く、そこまで硬くも無い。私は松屋でも牛カル丼をよく食べますが、吉野家の方が肉だけは美味しい気がします。松屋はタレが甘くて美味しいんだよな。


無言でかきこみ、入店から退店まで5分ほど。なんと効率的な補給なのか。これぞ美味い、早い、安いの真骨頂。

 


もはや郷愁とも呼べない程、確かに美味しい。むしろ高級店に良く行く様になったからこそ、吉野家の有難みを感じる様になりました。サイゼリヤと同じ理論です。


こんな美味しいものがワンコインで、ものの数分で頂けて、しかも何処にでもある。日本とは何と豊かな国なのか。土地ならではのテロワールを感じる事も勿論良いですが、日常にもこんな幸せが潜んでいることに気付かされます。


またロードバイクで走る時食べよ。次は牛丼大盛かな。

 

 

吉野家 213号線中津店
0979-85-0363
大分県中津市中殿町3-26-8
https://tabelog.com/oita/A4404/A440401/44005209/