サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

九〇萬-渡辺通

年末以来の九州です。あいも変わらず今回も色々と巡りますが、今回は博多からスタート。こちらのお店は天神近くの雑居ビル3Fにあり、ミシュランではビブグルマンを獲得しています。


店内はカウンターが8席ほどに奥に個室もある様です。ご夫婦っぽいお二人のみという布陣です。


まずはハートランド。600円と優しいお値段。


f:id:leglutton:20210515073603j:image


ビールと共に御通しが出てきました。茄子のお浸しです。しっかりとした出汁の味わいに茗荷が春の味わい。


予約時にはコースも出来ると言われたのですが初めての方はアラカルトの方が良いかもと言われたのでアラカルトでお願いしました。

 

f:id:leglutton:20210515073623j:image


お刺身盛り合わせをオーダー。すると一枚一枚寿司の様に出てくるパターンです。珍しいな、これ。まずはカレイの昆布締め。脂が乗っていて弾力もあり、かなり美味しい。もっとカットが大きく食べ応えがあるとなお良い所です。

 

f:id:leglutton:20210515073641j:image


イサキ。皮目を炙っていて香りが良い。白身の刺身が美味しい所は信頼出来ます。

 

f:id:leglutton:20210515073655j:image


は鰹。そういや年末に菊鮨では鰹食べたな。山葵が乗っています。クリアーですが余韻にはしっかり鉄分を感じます。美味しいなあ。

 

f:id:leglutton:20210515073711j:image


鯵は海苔巻きで。お、海苔の香りがちゃんとしてる。海苔、芽ネギ、鯵と味と香りにグラデーションがあります。三心までとは行きませんが、星付き寿司屋でも出てくるレベルの刺身が出てきます。

 

f:id:leglutton:20210515073726j:image


刺身の攻めに耐えられず日本酒へ移行。奥様が詳しい様です。秋鹿の純米。ちょっとした癖を感じて好きな感じ。

 

f:id:leglutton:20210515073743j:image


太刀魚。太刀魚特有の炙った時の香りが良いですねえ。身の弾力もありやはり一流店と遜色ありません。

 

f:id:leglutton:20210515073757j:image


牡丹海老。ぐわーねっとりと濃厚な甘さ。すげえ美味しい。日本酒の水位がまた下がりました。

 

f:id:leglutton:20210515073811j:image


鮪。筋抜きしてあり、とろける様な食感。それでいて余韻が長い。好きな鮪です。

 

f:id:leglutton:20210515073824j:image


手前はアラ。やはり白身の魚の旨味が強い。奥はイカの雲丹巻き。これは期待通りの美味しさです。


総じて刺身盛りがかなり美味しい。カットが小さいのが玉に瑕ですが味は素晴らしい。期待の持てる滑り出しです。

 

f:id:leglutton:20210515073839j:image


こちらは空豆と春ごぼうの白和。なにこれ、ムチャうまいやん。そもそもの白和の出汁がしっかり美味しく、それでいて丁寧にこされており生クリームの様です。空豆の嫌な臭みは無く、ごぼうの香りが春。これは予想外に酒の飲める白和です。


カウンターで旦那さんの料理する姿を見ていたのですが、多分ちゃんとした和食屋で働いてたんじゃ無いかなあと思いました。手を抜きそうな所を細かくやっているのが分かりますし、それでいて手際が良い。無駄口を叩かない所にも好感が持てます。

 

f:id:leglutton:20210515073854j:image


静岡の開運。スッキリ。

 

f:id:leglutton:20210515073909j:image


カマスの春巻き。梅と紫蘇が入っていて酸味が効いていてホクホク。味わいとしては想像の域を出ませんでしたが、予想通り日本酒にはよく合いました。

 

f:id:leglutton:20210515073924j:image


とうもろこしのかき揚げ。まんまとうもろこしでむちゃんこ甘い。繋ぎが少なくて軽いのもグッド。少し揚げ油が痛んでいたのが残念でしたが悪くない。

 

f:id:leglutton:20210515073937j:image


初めて飲みますがにごりの割に癖は少なく飲みやすい。そのせいか少し記憶には残りづらかった。

 

f:id:leglutton:20210515073950j:image


牛肉の花山椒。うーんちょっと脂っこいかなあ、これは。花山椒も香りが弱い。何よりこれ一皿で2500円はちょっとコスパが悪いかも。素材がいいのは分かるのですが。

 

f:id:leglutton:20210515074009j:image


〆はこしあぶらじゃこ飯。こしあぶらというのは山菜です。普通のご飯ですね。美味しいけど。


と言う事で日本酒3合飲んで計12340円。値段を見ていたのでこんなもんかなと言う感じ。

 


所謂中価格帯のビブグルマンっぽいお店でしたが、料理の味は素晴らしいものでした。特に刺身については前述の通り高級店と遜色ありません。その後の料理についてはこんなもんかなあという感じがしましたが、もっと魚料理で攻めれば良かったかも知れません。ここは魚が美味しいのかも。


ちょっと一皿の量が少ないんですよね。その割に値段はそこまで安くない。個人的な感覚的にはギリギリ妥当なレベルですが、これで1万前後ならもう一度行くと確信を持って言えるのですが。


サービスについては全く問題無しです。無駄口を叩かず黙々とお二人とも仕事をされています。客のことを見てないようで見てるので少し間が空いても安心感があります。


多分ここはコースにするのが良いんじゃないかなあ。他のお客さんはコースにしているようでその方がコスパ良さげな感じでした。雰囲気的には仲の良い友人と2人でとか、カップルや夫婦だとちょうど良い感じなので、こんな店も知ってるよと連れて行くにはぴったり。


良いお店ですし、味は間違い無い。次行くならコースにしようと思います。御馳走様でした。

 

 

九〇萬
092-717-6432
福岡県福岡市中央区春吉2-16-14 中村ビル3F
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40039962/