サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

白山-矢場町

いつも昇家じゃ芸が無いし、ブログネタにもならないので他店開拓。という事でこちらにお邪魔しました。実はだいぶ前からチェケラしていたのですが、改装のために閉店したりしていて漸くの訪問です。

 

f:id:leglutton:20210507062206j:image


まずはビール600円。雑な入れ方ですが焼肉屋とはそういうものである。

 

f:id:leglutton:20210507062221j:image


カクテキから。うーんこれ以上無いぐらい普通です。見た目ほど辛くはありません。

 

f:id:leglutton:20210507062241j:image


ナムル。これも普通。まだ腕試しだから。

 

f:id:leglutton:20210507062258j:image


タン。生ではありません。うーんこれはちょっと薄切り過ぎて食べ応えがありませんね。連れも同様の意見だったので2人で二重にして頂きます。味自体は悪くありません。

 

f:id:leglutton:20210507062312j:image


牛ホルモン。所謂マルチョウです。味噌ダレに浸かっていて、マルチョウらしく脂いっぱいでビールが進む進む。間違いのない背徳的な味わいです。

 

f:id:leglutton:20210507062327j:image


ロース。おお、これは美味しい。赤身肉ながら適度に脂が乗っていて柔らかい。それでいて赤身肉らしい味わいです。さすが最高値メニューだけあります。

 

f:id:leglutton:20210507062341j:image


箸休めにトマトスライス。これも薄い。そして謎に甘い。砂糖がかかってんのかな。

 

f:id:leglutton:20210507062358j:image


箸休めパート2。キムチ。普通です。いい加減この辺でこの店のサイドメニューに目を見張るものはないと気付けとこの時の私に言いたい。酒を飲むとポンコツなのです。


写真を忘れてしまいましたがカルビ。お、結構美味しい。脂とタレが甘く米が食べたくなります。

 

ですので白米を大盛りで注文。連れは米は一口で良いと言っていましたが、半分弱食べられました。だから大盛りにしたんです。知ってた定期。

 

f:id:leglutton:20210507062438j:image

 

こちらはヒレカット。ハラミとかサガリの様な味わいです。要は美味いのである。


f:id:leglutton:20210507062435j:image


何故かニンニクホイル。まあニンニクホイルです。普通のニンニクでしたがたっぷり。


という事で2人でビール6杯とハイボール2杯で2万弱。まあこんなもんかなあ。

 


悪くないのですがじゃあもう一度行きたいかと言われるとNoになってしまうお店でした。肉質は悪くないしコスパも悪くないのだけれど、もう一度行くという動機になる何かが欲しい所です。


いつも言う事ですが焼肉屋というのは調理の技術が求められない(カットの技術は求められますが)、かつ競合が多いという完全たるレッドオーシャンです。その中で生き残るには基本的な質の高さとコスト以外にこれというメニューが必要です。昇家ならハラミだし、私の大好きなしみずは厚切りタンとミノが抜群に美味しい。そう言うものがないともう一度行こうより、じゃあ他の店行こうとなってしまいます。


焼肉屋って難しい。改めてそんな事を思う店。御馳走様でした。

 

 

白山
052-262-8929
愛知県名古屋市中区新栄1-31-7 fビル新栄Ⅰ 1F
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23074589/