サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

土手の伊勢屋-三ノ輪

久々に天丼でも食べるかと思い立ち、こちらにお邪魔しました。吉原大門のすぐ近くにあります。


超老舗の有名店であり、並ぶ事は覚悟していたので早めに行ったのですが、休日の開店35分前で既に20名近く並んでいました。その後も続々と人が並んでいましたので行く人は覚悟しましょう。


私はファーストロットでは入れず、開店後20分ぐらいで入店、その後出てくるまで15分ほどかかりましたので計70分ほど待ちました。エグい。ちなみに2名以下の場合は確実に相席になりますので付き合い立てのカップルはやめときましょう。そもそも吉原に付き合い立てで行ったらあかん。


私は天丼(ハ)を注文。2600円です。またそこになめこの味噌汁を付けました。

 

f:id:leglutton:20210503074233j:image


まずは漬物。まあ普通です。

 

f:id:leglutton:20210503074247j:image


漸くお目見え。ビジュアルは映えますねえ。空豆が春っぽい。この日のタネは穴子、姫子鯛、海老、茗荷、獅子唐、空豆、帆立、芝海老でした。


かなり種類は豊富ですが、味わい的には普通の天丼という感じ。タレの味が割に濃い目なのでどうしてもその味わいが支配的です。

穴子は苦味が強く、個体としてちょっと微妙。姫子鯛と海老は素直に美味しかったかな。もっとカリッとしてると良かったのですが、衣がかなりベトついていて食べ進めるにつれてかなりしんどくなって来ます。油切りもさる事ながら、やはり星付きの様な一流店と比べると油の質が全く違います。終盤はかなりキツかった。

 

f:id:leglutton:20210503074324j:image

 

味噌汁はなめこがたっぷりで美味しかった。

 

 

ネガティブなコメントが続いてしまいましたが、これでこれで2600円はそこまで悪くないディールではあります。庶民の贅沢の範疇内という感じであり、かなり年季の入った店内も歴史を感じると思えば悪くない。何事も受け手の取りようなのだ。少なくとも個人的にはくすのきよりは良かった。


何十分、何時間も待ってまで食べるものではないですが、歴史を食べると思ってどうぞ。

 

 

土手の伊勢屋
050-5592-1215
東京都台東区日本堤1-9-2
https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13003745/