サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

柳橋きたろう場内-国際センター

休日の昼に寿司でも食べようとこちらにお邪魔しました。名古屋駅近くの柳橋市場の中にあります。開店11時直後にお邪魔してすぐ入れましたが、11:30にはいっぱい。回転は悪く無いですが小さい店内ですので待ちたく無い人は予約しましょう。

 

f:id:leglutton:20210418055926j:image


まずはビール。休みの日に飲むビール程美味いものはない。


ランチメニューもある様ですがアラカルトで注文も出来ます。オススメメニューを拝見すると春らしく貝のラインナップが豊富です。

 

f:id:leglutton:20210418055940j:image


悩んでいると店員さんが食べたいものあれば盛り合わせも出来ますよ、と仰って頂いたので、貝の刺身盛り合わせをオーダー。ミル貝、つぶ貝、赤貝、ひもきゅう、平貝を炙ったもの、青柳、です。どれもこれも臭みが無く、仄かな甘味が感じられます。貝ってこんな美味しかったかなと思うほど。メニューに無いものをオーダーしたのでびびっていたのですが、最後お会計を見ると2人前で1500円でした。素晴らしいコスパです。

 

f:id:leglutton:20210418055957j:image


本ししゃも。脂が乗っていてホクホク。予想通りビールとばっちしです。ししゃもなんて食べたの何年振りだろと思いましたが美味しいですね、これ。

 

f:id:leglutton:20210418060009j:image


早速握りに。まずは剣先イカ、細かく包丁が入れられてネットリ。味自体は普通ですがトロけるな食感はお見事。この時点ですしざんまいは超えました。これ、すごく褒めてます。


シャリは酢から少し発酵臭がするので好みが分かれます。私は苦手でしたが、食べ進める内に慣れてきました。またネタによって香る香らないがあります。寿司屋もピンキリですが、シャリが1番差が出るよな、と思う今日この頃。

 

f:id:leglutton:20210418060032j:image


愛知県産の天然の鯛。おお、美味しい。鯛は高級店でも良し悪しがはっきり出るほど難しいネタですが、ちゃんと身の旨味も感じられます。値段考えれば大健闘。

 

f:id:leglutton:20210418060047j:image


鯖。酢締めした昆布が載せてありますが、鯖自体は生であり臭みもなく、青魚の香りがちゃんとします。青魚評論家の私も満足です。

 

f:id:leglutton:20210418060103j:image


金目鯛は炙って。炙るだけあって脂のノリ良いですねえ。こういう分かりやすい芸風、嫌いじゃありません。

 

f:id:leglutton:20210418060118j:image


鯖が良かったので鯵も。包丁が細くいれられていますが、味自体は値段なりでしょうか。及第点と言った感じ。

 

f:id:leglutton:20210418060133j:image


青柳。最初の刺身でも思いましたが、やっぱり美味しいなあ。貝の臭みが無く、甘味を感じます。食感も良く、ボリュームもあり、今が旬だぞという説得感があります。

 

f:id:leglutton:20210418060148j:image


鰹。鉄分は感じるものの値段なり。ただ悪くはありません。

 

f:id:leglutton:20210418060209j:image


小肌はしっかり締められています。個人的には緩やかな締め方が好きなのですが、これはこれで悪くない。

 

f:id:leglutton:20210418060350j:image


煮蛤。蛤と言えば九十九里ですが、この辺では桑名の方が有名です。うわーこれむちゃんこ美味しいな。半生であり、ツメも蛤の煮汁を煮詰めたものらしく、蛤の香りが爆発。高級店で食べたどれよりも美味しかった。桑名には日の出という予約が取れない事で有名なお店がありますがいつか行ってみたい。

 

f:id:leglutton:20210418060406j:image


生のカマス。少し炙られていて素直に美味しい。カマスと言うと脂がすごいイメージがありますが、さっぱり目なのがかえって良かった。

 

f:id:leglutton:20210418060420j:image


漬け。悪くないですね。ちゃんと鉄分が感じられ値段考えればこちらも大健闘。

 

f:id:leglutton:20210418060433j:image


生海苔のお椀。これはもはや生海苔の味噌汁漬けである。生海苔がこれでもかと入っていてもはや飲むというより食べる味噌汁。これだけで結構な満足感があります。

 

f:id:leglutton:20210418060450j:image


ネギトロの細巻。流石の安定感ですね。

 

f:id:leglutton:20210418060506j:image


何故かボケボケですが、穴子。ふわふわ。これもちゃんと美味しい。

 

以上、2人でビール2本、日本酒1合で17000円。私はしっかり食べましたが、連れが控えめだったのでがっつり食べたら2万いかないぐらいかなという感じ。

 


望外に美味しかったというのが率直な感想です。名古屋は海が近く、大都市の割に魚があまり美味しくないので、いくら市場の中といっても豊洲と比べたら全然でしょと舐めていたのですが、とても美味しかった。特に貝の臭みが無く、味も強く、ネタ的に高級店と差が出にくいものだったのも良かったのかも知れません。


おすすめのネタを中心にお願いしましたが、値段考えればかなり良いレベルです。シャリについては星付きの高級店と差はかなり感じましたが、ネタ自体の美味しさ、ネタに入れる包丁の技術など、値段考えればかなり良い部類です。


私はすしざんまいが結構好きで、一万以下で寿司を食べるならすしざんまいが1番だと思っているのですが、ネタや握りの技術どれをとってもこちらの方が全然良いですね。なんなら値段ばっかり高くて大して美味しくない寿司屋に行くなら全然こっちの方が良い。


名古屋で寿司なら西川、愛知県という所まで広げるなら睦月、と私の中では結論が出ていますが、一万以内でサクッと食べるならこちらは全然アリ。またお邪魔します。御馳走様でした。

 

 

柳橋きたろう場内
052-433-2004
愛知県名古屋市中村区名駅4-15-2 マルナカ食品センター 1F
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23058557/