サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

NOURA-浅草

ワインが飲みたいなと思いビストロを探していてこちらがヒットしたので伺う事に。ミシュランガイド東京2021ではビブグルマンに選ばれています。


こちらのお店はミシュラン二つ星のオマージュがやっているビストロであり、場所もオマージュの隣です。浅草寺の裏辺りね。


予約は基本的に前日からの電話予約のみとの事で前日夕方に電話するとすんなり予約が取れました。実際お店に伺うと花金夜というのに私を入れて3組のみ。緊急事態宣言下で20時までの営業だと、立地的にも平日は厳しい。

 

f:id:leglutton:20210410063422j:image


メニューはアラカルトもある様ですが、税サ抜5800円のプリフィックスコースを。前菜、メイン、デザートを選ぶ形です。

 

f:id:leglutton:20210410063441j:image


まずはスパークリング。600円でたっぷり。オリーブも付いてきます。値段の割に悪く無い味。これで600円ならありよりのあり。

 

f:id:leglutton:20210410063456j:image


まずはブロッコリーのスープから。中にはリコッタチーズが入っています。スープと言いますが粘度が高く、飲むというより食べるというのが正しい。塩気も効いていて、ブロッコリーの香りもはっきりしていて美味しいですね。温かいのも合わさって食欲が刺激されます。

 

f:id:leglutton:20210410063513j:image


メレンゲで作ったパンケーキにメープルシロップとトリュフオイルをかけたもの。メニューには無いのですがデフォルトで出てくる様です。え、甘いの?と思いきや、塩気が割と効いていて、あまじょっぱい。またトリュフオイルとメープルシロップの香りが意外と合いますね。変化球ですがちゃんとおいしかった。何より泡に合います。

 

f:id:leglutton:20210410063547j:image


バゲット。美味しいなあ。バターもちゃんと美味しい。この辺は流石二つ星の系列店ですね。そこらのビストロのレベルではありません。

 

ワインはボトルで5千円台から。種類も豊富であり更にグラスワインも赤白共に5種ほどあります。まずはリースリングから。フルーティな香りとドライな味。正にリースリングです。早速撮り忘れましたが。

 

f:id:leglutton:20210410063712j:image


コブダイカルパッチョ。野菜がドンと乗っていますが、この野菜が美味しい。特にトマトなんか今さっき畑から取って来ましたと言わんばかりのフレッシュさ。身は見えませんがコブダイも大きくカットされていて食べ応えがありました。

 

f:id:leglutton:20210410063608j:image


マコンヴィラージュ。分かりやすく美味しいシャルドネです。これを1000円かそこらでグラスで飲めるの良いな。

 

f:id:leglutton:20210410063730j:image


魚の名前は失念してしまいましたが、白身魚のムニエル。ビスクソースに、上の焼売みたいなのはエスカルゴのバターとパセリ炒めが入っています。

見た目の通りどストレートなフレンチ。魚からはしっかりとしたバターの香り、そこにこれまたしっかりした甲殻類のソース。エスカルゴも食感は柔らかくバターの香りがぷんぷん。ビストロ料理というよりフレンチでのコースに出てくるものと遜色ありません。これ美味しかったなあ。

 

f:id:leglutton:20210410063751j:image


先にシャルドネを飲んでしまったのでどうしようかと考えていると連れがシャンパーニュで良いんじゃ無いと。良いこと言うやん。私も頭が硬くなったものである。泡泡とゴリゴリのバターは相性が良い。

 

f:id:leglutton:20210410063808j:image


肉料理は鴨のコンフィ。これも正に鴨のコンフィそのもの。皮がカリカリに焼かれ、鴨の香りがしっかりします。ボリューミーで、先程の魚料理よりは少しビストロ寄りの料理でした。


撮り忘れましたがサヴィニーレボーヌ。こちらは一杯1000円ですが色、香りともに倍ぐらいの値段とっても良いぐらい。素晴らしい。

 

f:id:leglutton:20210410063825j:image


メニューに〆のご飯の文字があったのでつい頼んでしまいました。ルーローハンです。まあこれはネタですね。美味しいですが、まあルーローハンだよねという味。ここまでしっかりとしたボリュームもあるので要らなかったかも知れません。

 

f:id:leglutton:20210410063840j:image


デセールはベリーのアイスとチョコのムース。これむちゃんこ美味しい。ベリーもチョコも香りが素晴らしく、味も濃い。ちゃんとしたパティシエが作ってるん違うか。


連れはクレームブリュレを頼んでいたので一口貰ったのですが、これもバニラの香りが濃厚で真っ当なクレームブリュレでした。

 

f:id:leglutton:20210410063856j:image


お茶菓子も出ます。フィナンシェもバターとハーブの香りがしっかりして真っ当。この値段でここまでやるか。


最後は紅茶で御馳走様でした。


2人で合わせて26000円。おお、これは素晴らしいコスパです。

 

 

オマージュのやっているビストロとの前情報でしたが、成る程と唸りたくなる様な料理でした。確かにフレンチよりカジュアルな料理ですが、その味付け、ボリュームは真っ当なフレンチそのもの。特にメイン2つとデセールにはフレンチレストランとしての矜持を感じるほどクラシックで骨太な味わいでした。


サービスもビストロ的な少しラフさがありながら、ちゃんとペースに合わせて作ってくれ、ワインのタイミングも良い。空いていた事も大きいのかも知れませんが、不満は何一つありません。


ワインもブルゴーニュの一線級からは少し格は落ちるものの、ちゃんと美味しいものでした。保存状態も良いんでしょう。


こういう所に星付きフレンチの片鱗が見えるんですよね。雰囲気も少しラフなんですが、出てくる料理、ワイン、サービス、レストランと同じでは無いのですがその全てから片鱗が見える。その意味でビストロというよりオマージュのセカンドラインという位置付けは正にぴったりです。

 


私が学生や若手の社会人だったら、彼女とたまには少し良いもの食べようと行くには丁度良いお店です。フレンチには行けるほどお金無くて、でも少し背伸びしたい。そんな若いカップルにはぴったり。ここを知っていたら私ももう少しモテていたかも知れない。


何にしてもこの料理でこのコスパは素晴らしい。フレンチが食べたいけど星付きほどじゃ無くて、でも真っ当な料理。御馳走様でした。

 

 

NOURA
03-6458-1255
東京都台東区浅草4-10-6
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13225246/