サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

安久-祇園四条

今回の京都の夜はこちら。以前大渡の大将から「天才」と猛プッシュされてからずっと気になっておりようやくの訪問です。


四条河原町近く川端通り沿いにあり祇園の花街すぐ近くに佇みます。大通沿いなのに細い一本道を入っただけで一気に静かになるのが不思議。


店内はカウンター7席のみと質素と言って良い内装。小さな厨房の中では大将とお弟子さん3人が見事な手際で仕事をしています。この光景だけでこの店は良い店だと確信しました。


まずはビール。腹減った。

 

f:id:leglutton:20210319034937j:image


粕汁ブロッコリー、堀川ごぼうが入ったもの。ブロッコリーの香りがどこかエスニックを感じる香ばしさであり、ごぼうもさっき土から取った様な濃厚さ。粕汁なのに甘く無いのも良いですね。いきなり珍しい攻め方。

 

f:id:leglutton:20210319034955j:image


お次は松葉蟹に味噌をかけたもの。ぐわー、蟹が甘い。味噌も控えめすぎず主張しすぎず、上手く蟹の甘さを補完しています。にしても蟹が美味すぎる。この冬食べた蟹の中でも1番だったかも知れません。

 

f:id:leglutton:20210319035014j:image


割とはっきりした味わいなので早々に日本酒へ。下駄を預ければ大将が持ってきてくれます。

 

f:id:leglutton:20210319035033j:image


唐墨に河豚の出汁で炊いた米にふきを和えたもの、上にはふきのとうの皮を天ぷらに。見た目はシンプルですがなんと複雑な構成なのか。しかしこれが完璧な調和。河豚出汁の香りが仄かにする白米、唐墨も塩気がはっきりとしていますが、ふきのとうの苦味が上手くまとめています。見えない所に細かく切った生姜も入っており全てのバランスが素晴らしい。書いても分かりませんよね、でも美味いんです。

 

f:id:leglutton:20210319035051j:image


河豚の刺身に白子のソース。タフな河豚の食感に白子の濃厚さがよく合いますね。河豚自体そんなに味のあるものでは無いのでありよりのあり。白子の味を存分に味わう料理でした。


撮り忘れましたが日本酒。隣の常連さんが気になっていた様でお裾分けすると、私も一口頂きました。この感じ京都だよなあ。客層が良い。

 

f:id:leglutton:20210319035110j:image


お椀は蛤と蓮根饅頭。蛤の香りがはっきり、蓮根饅頭がやもするとコロッケ的な味わいです。薬味の新玉ねぎがとびっきり新鮮で香りが良く、全体を上手く纏めています。

 

f:id:leglutton:20210319035127j:image


焼き物はマナガツオ。ぬおー脂の乗りがすごい。手前の大根おろしと合わせてちょうど良いですね。日本酒が目に見えて無くなっていきます。

 

f:id:leglutton:20210319035142j:image


こちらは海鼠。かかっているのはまさかの洋梨のソースです。これはすごい。海鼠は石と一緒に40分も振り続けたらしく、歯が入るのに、コリ、サクという食感。硬いのに噛みやすいという矛盾。しかもこれに洋梨とかどうなるんだと思いますが、これがむちゃんこ合う。海鼠の生臭さが皆無なのですごく合うんですね。日本酒でもワインでも良いし、どこにも属さない料理でした。すんごいなあこれは。

 

f:id:leglutton:20210319035201j:image


一点シンプルな小松菜の白和です。これがまた味がはっきりして酒の飲める白和でした。こう言った料理に基礎点の高さが滲み出ます。

 

f:id:leglutton:20210319035222j:image


煮物は白甘鯛に九条葱とぐじ。これは一転穏やかで円い味。とは言えぐじの輪郭が強い。あくまでぐじか主題であり、白甘鯛は脇役でした。贅沢かよ。

 

f:id:leglutton:20210319035239j:image


どこのものか失念してしまいましたが牛肉。噛み締めるほどに肉の旨味が出てきます。こちらにはガーリックチップと辛子をつけて頂きますが、この辛子がびっくりするぐらい辛い。ここまで鮮烈なのは珍しい。目が覚めました。と言う事でまた酒を飲む。


〆は3種類から。全部もできるとの事でもちろん全部お願いしました。こういうの嬉しいなあ。私は単純なのです。

 

f:id:leglutton:20210319035322j:image


まずは漬物から。正統的に美味しい。真ん中の長芋の醤油漬けが特に美味しかった。要は酒が飲める。

 

f:id:leglutton:20210319035339j:image


一品目は鯖寿司。〆方が浅めで鯖の旨味を味わうものであり、私好み。身も厚く食べ応えがあります。

 

f:id:leglutton:20210319035353j:image


2品目は鮭?を焼いたものをご飯に。香りが良くパクパクいけちゃいます。大盛りでも食える。

 

f:id:leglutton:20210319035409j:image


最後は牡蠣を入れたお茶漬け。あかんノックアウト。美味すぎる。牡蠣の香りとお茶の香り。問答無用。あーお腹いっぱいです。

 

f:id:leglutton:20210319035426j:image


甘味は苺大福。生地も餡も自家製だとの事。すんげえなあ。手混んでるなあ。そら美味いわけだ。

 

と言うことでビール小瓶1本、日本酒2.5合で36000円でした。安くは無いですが満足度はかなり高いので不満はありません。

 

 

美味しかった、というよりすごい、という感想が先に来ました。食材の組み合わせ、食感と香りの付け方などすごくセンスを感じました。和食にしては味の構成要素が多いのに完璧に調和が取れています。


これだけ構成要素が多いと普通もっとややこしくなって主題が失われる事も多いのですが、ここは違います。味の組み立て方が和食というよりフレンチの考え方に近いのかも知れません。大将は殆ど他の店には食べに行かないと言っていたので純粋にセンスなんでしょう。確かに大渡の大将が言ってたように天才だ。私が料理人なら嫉妬します。


全体的に和食にしてはしっかり目の味付けです。味濃い目が好きな私にはぴったり。しかし塩辛さは感じなかったのはやはりバランスの良さでしょう。頭を使いながら食べてこんなに満足度が高いのはこちらぐらいです。


接客も完璧。京都、しかも祇園の花街でやってるお店だなあと言う感じ。とは言え一見の私に対しても優しく、常連さんも気さくに話しかけてきてくれました。雰囲気がとても良い。変な話たまには背伸びして京都で良いもの食べようかななんて方も行儀良くさえしていればとても居心地良く過ごせるでしょう。


お弟子さん3人いらっしゃいますが、全員がキビキビと無駄な動きが無いのも特徴。大将の様に柔らかくそれでいて気も利きます。ここのお店で修行するって凄くいい経験だろうなあ。ここまで全員の動きが良いお店は中々ありません。

 


あえて言うならばもう少し圧倒される何かがあればもっと心に残ったかも知れません。同じ価格帯で言えば銀座しのはらなんかは、メニューが分かりやすいしボリュームも多い。一方こちらはとにかくそのセンスや奥深さを感じました。あとは食べさせ方見させ方の問題で、それは好みの問題でしょう。どちらにしても一流のお店ではある事は間違いない。


元々二つ星を取っていたのが良く分かりました。紛う事なき一流のお店。頻繁には行けませんが、必ずまた伺います。御馳走様でした。

 

 

安久
075-531-5999
京都府京都市東山区宮川筋3-283
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26018405/