サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

ル マルシャンド ボヌール-薬院

私はぼっち飯が多い為、必然的に寿司や和食が多くなりますが、本来はフレンチやイタリアンの方が好き。という事でこちらにお邪魔しました。ミシュラン一つ星です。


シェフはこちらのお店の前は京都のランベリーというレストランでシェフをやられていたとのこと。どこかで聞いたことあるなと思ったらアリーニュのシェフと同じお店でした。(アリーニュのシェフがランベリーではスーシェフだったそうです。)

 

f:id:leglutton:20210218045148j:image


今夜のメニューはこんな感じ。ドリンクを拝見するとグラスワインは赤白3種ずつ。なのですが、日本ワインが半分ぐらいだったり、白は何故かピノグリが3種中2種と首を傾げるラインアップ。日本ワインは良いとしてもピノグリが2種はよく分かりません。

 

f:id:leglutton:20210218045205j:image


暫く悩みましたが、どれもピンとこないのでビールで濁す。ビールは正義である。

 

f:id:leglutton:20210218045227j:image


まずは糸島で取れた黒米を使ったクロッカン。見た目通りパリパリと食感が良く、また黒米の風味が良い。

 

f:id:leglutton:20210218045247j:image


こちらは分かりづらいですが、イソギンチャクの唐揚げだそうです。イソギンチャクって食べれるんやと思っていると、何でも柳川の方では食べるそうです。肝心の味ですが、鶏肉と白身魚の中間の様な感じで臭みはありません。美味しいのですが居酒屋のつまみの様でもあり、フレンチで食べるものかというと?という感じ。

 

f:id:leglutton:20210218045305j:image


菊芋のポタージュ。これも糸島産。まあ菊芋のポタージュなのですが、見た目が華やかで生ハムやナッツでアクセントを付けていて素直に美味しい。


流石にずっとビールもキツいので白のグラスを。ココファームの農民ドライ。花のような香りで飲み口はドライ。何にでも合わせやすいものでした。

 

f:id:leglutton:20210218045343j:image


パンは普通です。

 

f:id:leglutton:20210218045358j:image


鯖とコールラビという野菜。これはもう鯖の燻製香がバリバリ。コールラビも悪くなく、ホタテも甘い。フレンチというより和食ですね。

 

f:id:leglutton:20210218045415j:image


フォアグラのテリーヌ。手前は蜜柑のジャムです。蜜柑のアイディアは悪く無いのですが、味が極めて凡庸です。美味しいのは美味しいのですが、食べたそばから記憶の淵からこぼれ落ちてしまいました。あとプレゼンテーションが今ひとつ。


次は魚料理という事で、ピノグリ以外で唯一あるブルゴーニュブランをオーダーしたのですが、まさかのシャブリ地区。暗雲が立ち込めます。

 

f:id:leglutton:20210218045436j:image


そして出てきたのは平目のポワレ。下に海老と大麦ののリゾットが隠れています。平目というよりじゃがいものエスプーマとリゾットの海老の存在感がはっきりしており美味。美味しいのですが、いかんせん先のブルゴーニュブランとまるで合わない。どうしてこんなラインアップなんだろうか。

 

f:id:leglutton:20210218045455j:image


肉料理は鴨の胸肉のロースト。これはジビエらしいタフな味と香りで美味しいですねえ。ソースも真っ当であり、メイン2品はちゃんとフレンチしてました。

 

f:id:leglutton:20210218045512j:image


デセールは酒粕ブランマンジェ。焦がした米の香りが付いていて面白いのですが、味わいとしては普通。

 

f:id:leglutton:20210218045528j:image


もう一品は林檎のシブースト。おお、これはむちゃんこ美味しい。そう言えばアリーニュもデセールがむちゃんこ美味しかった事を思い出します。そういう芸風なんだろうなあ。

 

f:id:leglutton:20210218045544j:image
f:id:leglutton:20210218045549j:image


コーヒーとミニャルデーズで御馳走様でした。


という事で締めて2万弱。フレンチとしては安いですが、ワイン全然飲んでないしこんなもんなのかも知れません。

 


何というか記憶に残りづらい料理でした。地元の素材をなるべく使っていきたいという気持ちは見えるのですが、素朴過ぎる感じがしました。クラシックなフレンチが好きな私とは好みが違うのかも知れません。メイン2つは良かったですけどね。


ボリュームが少なく感じました。ご近所のマダム向けというボリューム感であり、成人男性には物足りません。帰りにマック買って帰ろうかと思ったぐらい。やめたけど。


しかしこちらの1番の問題はワインでしょう。グラスの取り揃えの意図も分からず、実際に料理にも合わない。心が折れてしまい赤を頼みませんでしたが、フレンチ来て初めてかも知れません。シェフはワインに拘り無いんだろうなあ。サービスの方もソムリエでは無く、ソムリエ不在なのかも知れません。明らかにそこが弱点です。


私は分かりやすい味わいでボリュームもたっぷり欲しい、ワインもガブガブ飲みたいという輩なので、その点全く好みと合いませんでした。うーん、同じ店で働いてたアリーニュはすごく好きだったんだけどなあ。確かに方向性は似てなくも無いですが、全体的にあちらの方が一枚も二枚も上手という印象でした。


ランチで軽く食べるぐらいなら良いのかな。もしくはワインをボトルで持ち込むとか。ソムリエが居ないのであれば変に気にする必要も無いですし。色々と自分で試行錯誤する必要がありそうです。御馳走様でした。

 

 

ル マルシャンド ボヌール
092-406-6982
福岡県福岡市中央区警固2-2-23 ウイングコート警固 2F
https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40048846/