サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

味感 ことほぎ-高岳

名古屋に居るのに名古屋の店に行かない事で定評のある私ですが、いつか行こうと思っていたこちらのお店の予約が取れたので伺ってみました。ミシュラン一つ星。こちらのお店のある高岳エリアはイケてる店が多く、にい留も近くにあります。


店内はL字型のカウンターが8席程に、テーブルが1つという形。大将が料理を作り、女将さんが縦横無尽に接客をして下さいます。料理は違えど、西川と同じ様な印象を受けました。


まずはビール。今宵も気合いを入れて食べるぞ。

 

f:id:leglutton:20210205184625j:image


まずは羅臼の白子と酒粕。温かいもので胃を温めます。酒粕感は控えめで主題は白子。この白子が濃厚で今シーズン1番だったかも知れません。いきなり日本酒が飲みたくなってきました。

 

f:id:leglutton:20210205184745j:image
f:id:leglutton:20210205184741j:image


お刺身はハタと能登半島の鰤。左にある黒いものは昆布出汁で固めた醤油です。さすが北陸の鰤だけあって脂がしっかり乗っています。身の香りも良く素直に美味しい。ハタはまあ普通です。

また昆布出汁で固めた醤油が良いですねえ。旨味が強く、これだけで飲める。こういう酒飲みの発想、好きです。

 

f:id:leglutton:20210205184813j:image


早速日本酒へ。女将さんが詳しい様で好みをお伝えすると幾つかオススメして頂けるのでその中から選びます。

 

f:id:leglutton:20210205184835j:image


蕪のすり流しに昆布森の牡蠣をつくねにしたもの。牡蠣の香りと蕪の香りが心地よい。ホッとする味わいなのですが、個人的にはもっと牡蠣を前面に出した方が好きだったかも知れません。


食事の出てくるペースはゆっくり目。というか私がせっかちだからそう思うだけで普通かも知れません。その間を埋める様に女将さんが色々なお客さんの所へ行き話をしています。仕事とは言え偉いなあ。

 

f:id:leglutton:20210205184901j:image


純米大吟醸を飲むと金を心配してしまう小市民なのです。

 

f:id:leglutton:20210205184921j:image


この日は冬限定の蟹のコース。という事でせいこ蟹。下には卵と絡めて炒めたものが入っています。まあ普通かなあ。蟹の甘味、味噌の濃厚さも今ひとつ。

 

f:id:leglutton:20210205184943j:image


八寸の登場。12時から金柑と車麩を揚げたもの、キタアカリのすり流しにパン粉とグリーンピースクワイのチップス、サツマイモ揚げ、銀杏、ナスの揚げ日だし、ほうれん草のおひたし、です。ほんと八寸て覚えるの大変なんだから。私の舌はお子様なので、キタアカリの剃り流しがコロッケぽくて美味しかった。

 

f:id:leglutton:20210205185002j:image


これすごい好きなんです、って女将さんが言ってた気がする。

 

f:id:leglutton:20210205185028j:image


ボケてしまってるのが申し訳無いですが、蟹と雲丹の天ぷらを赤酢の酢飯と海苔に巻いたもの。字面は鼻血ブーなのですが、蟹と雲丹にそれほど有難みを感じない私からすれば、揚げなくてそのままで良かったと思いました。悪くないですけどね。

 

f:id:leglutton:20210205185052j:image


松葉蟹。今年は高騰してるとニュースでもやってましたね。有り難く頂きます。

 

f:id:leglutton:20210205185119j:image


という事で松葉蟹のしゃぶしゃぶ。確かに甘いのですが、こんなもんかあという感じでした。ごめんな、蟹さん。

 

f:id:leglutton:20210205185139j:image


お次は焼き蟹。うーん、これも美味しいけどこれもこんなもんかあというのが正直な感想。

 

f:id:leglutton:20210205185157j:image


こちらは漬けにした蟹。醤油に少し負けちゃってますね。これは個体の差なのかしら。それとも私が馬鹿舌だからなのか。

 

f:id:leglutton:20210205185213j:image


弁天娘。これ美味しいなあ。3年の古酒らしい香り。またも古酒。

 

f:id:leglutton:20210205185231j:image


鱈の西京漬。まあ普通に美味しい西京漬けですね。日本酒止まりまへん。

 

f:id:leglutton:20210205185254j:image


〆の蟹ご飯登場。うげーすごい蟹の身です。

 

f:id:leglutton:20210205185326j:image

 

しかも甲羅を持ち上げると身と内子外子がたっぷり。痛風患者が見たら卒倒しそう。

 

f:id:leglutton:20210205185345j:image

 

味も蟹が蟹してて流石に美味しい。

 

f:id:leglutton:20210205185403j:image


付け合わせの漬物も地味に美味しい。くるみに鰹節を和えたものが美味しかった。ピノとか合いそう。

 

f:id:leglutton:20210205185421j:image


当然にお代わり。と思ったら雲丹が乗ってきました。うーん、これはどうでしょう。私がギャルなら嬉しくて飛び上がりますが、この手の必然性を感じない豪華食材には首を捻ってしまう。ケチなので当然に値段に跳ね返ってくるんだろうなと思ってしまいます。

 

f:id:leglutton:20210205185444j:image


赤出汁。ほっこり。

 

f:id:leglutton:20210205185502j:image


蕎麦も来ました。見た目は薄味そうですが、昆布出汁と白醤油であり結構味が濃い。ちょっとしょっぱ過ぎるかな。

 

f:id:leglutton:20210205185545j:image


最後は自家製の苺大福。これは単純に苺がめちゃくちゃ美味しいですね。香りと酸味が抜群。あんこと良いコントラストです。

 

f:id:leglutton:20210205185629j:image


お茶を頂いて御馳走様でした。


という事でコース22000円に、日本酒4杯とビール1杯で31000円。恐らくですが、蕎麦とお代わりのご飯は追加料金なのでは無いでしょうか。今回は蟹のコースで22000円、通常だと15000円のコースになるのですが、それでも24000円になる計算です。


値段的には相応かも知れませんが、どこか記憶に残るというか、これ美味しかったなーというのがありませんでした。そして量も少な目。私が馬鹿みたいに食べるだけで普通な量だとは思いますが。


これなら京都のちょっと良い居酒屋の方が良いと思ってしまいました。好みの問題なのかなあ。客層も常連さんが多いのか結構騒がしく、悪い意味で名古屋っぽさが出ていました。そういった味、価格、雰囲気など、また行きたいと思う点が私には見出せませんでした。


ただサービスはとても良い。大将もしっかり気が利きますし、女将さんは全部のお客さんによく話しかけていて素直に尊敬しました。この女将さんのサービスでもってる部分は大きいのでしょう。


ちょっと私の好みとは違いましたが、割烹という意味ではど真ん中なので、合う人には合うでしょう。でなかったらこんなに予約取れませんからね。御馳走様でした。

 

 

味感 ことほぎ
052-938-3320
愛知県名古屋市東区泉2-1-28 ヴィアーレストリア 2F
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23057797/