サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

魚喰い切り壮士-立町

広島には年に2回ほど行くのですが、ほぼ毎回尾道からしまなみ海道を抜けていくコースばかりなので、広島市内に来ることは殆どありません。今回は珍しく広島市内に2泊する事になりこちらに。何でも中国地方でも屈指の予約困難店だそうです。


こちらのお店ですが、入口に店名など何も書いておらず、おまけにドア以外シャッターが降りており、ここがお店なのか非常に分かりづらいです。Googleマップを信じ、勇気を持ってドアを開けましょう。


コースは11000円のコースのみ。まずはビールから。ビールも600円と良心的なお値段です。

 

f:id:leglutton:20210202135820j:image


スタートはせいこ蟹の真状と蕪のすり流しから。蟹は香りがイマイチ弱いですが、すり流しははっきりとして美味。温かいものからなのは良いですね。

 

f:id:leglutton:20210202135840j:image


続いては自家製の唐墨と白海老の塩辛。出てきた瞬間から日本酒をオーダーしたくなります。唐墨は旨味が強く、白海老も甘味が強い。私も含め店内みんな日本酒頼み出しました。

 

f:id:leglutton:20210202135858j:image


私は純米の辛口が好き、という事で広島と言えば宝剣。良い感じです。また逆算するに1合で1000円程とこちらも良心的。

 

f:id:leglutton:20210202135915j:image


こちらは皮剥。手前の肝ですが、玉ねぎが混ぜられていてどことなくツナみたいな味わい。美味しいのですが、皮剥の肝らしくはありません。

 

f:id:leglutton:20210202135933j:image


龍勢特別純米らしい香りでこちらも好きなタイプ。地酒が多いの良いですね。

 

f:id:leglutton:20210202135948j:image


鰆の醤油麹漬け。醤油の味はほとんどなく旨味がしっかり出ています。脂はそれほど乗っていませんが、身の香りが良く純粋に美味しい。そして日本酒に合います。

 

f:id:leglutton:20210202140004j:image


クエと白子。出汁はクエの骨でとったものとのこと。身と白子はそれほどですが、出汁がしっかり出ていて美味。

 

f:id:leglutton:20210202140023j:image


香りが強いものを頼むと作の純米大吟醸が出てきました。確かに香りが強く、良い意味で大吟醸ぽくありませんでした。

 

f:id:leglutton:20210202140039j:image


茶碗蒸し。こちらには蛸がゴロゴロ入ってますがそれより生のマッシュルームとアボカドが入っていて、この二つが出汁の香りとよく合います。へー面白いなあ。特にアボカドが良く、新たな可能性を感じました。


さて、そろそろ握りに行きます。

 

f:id:leglutton:20210202140056j:image


まずは白甘鯛。あれ、魚の香りがせず酢の香りばかり気になる。まじかよ、と急に暗雲が立ち込めます。

 

f:id:leglutton:20210202140110j:image


ヤリイカ。見えませんが、胡麻をかけており、その胡麻の香りが上手くイカを引き立たせてます。危ない危ない。さっきのは夕立みたいなもんか。

 

f:id:leglutton:20210202140124j:image


平目。中に忍ばせた紫蘇の香りが立ち、後から旨味が来ます。及第点といった感じ。

 

f:id:leglutton:20210202140138j:image


これ、穴子なんです。昔、呉でも食べたことがあるのですが、この辺では穴子を生で食べるんですよね。とは言え焼くか蒸す方が絶対に美味い。まあご当地グルメ的に捉えましょう。

 

f:id:leglutton:20210202140153j:image


日本酒が安いとガブガブ行ってしまう。特にこの日広島市内は緊急事態宣言前にも関わらず時短要請が出ており、夜の街がほぼ終わっていたので、この店で酔わないといけないという、謎の強迫観念がありました。

 

f:id:leglutton:20210202140208j:image


車海老。うーん、やっぱりシャリの香りが気になる。。。私とこの酢の相性が悪いのか。

 

f:id:leglutton:20210202140222j:image


戻り鰹。うわーめちゃんこ美味しい。脂、鉄分、文句なし。急な快晴で心もウキウキ。

 

f:id:leglutton:20210202140236j:image


カマスの握りとは珍しい。想像の通り脂が多いのですが、ネギ醤油が良い感じに中和してくれています。

 

f:id:leglutton:20210202140249j:image


こちらは鯵。なんやこれ、すんげえ美味い。脂の乗り、香りと素晴らしい。青魚評論家の私も大満足。

 

f:id:leglutton:20210202140305j:image


鉄火巻き。ちょっと変わっていて、漬けを普通に握って、それに海苔を巻いていました。まあ変わった握りですが、味は普通です。

 

f:id:leglutton:20210202140323j:image


筋子。こちらも普通。私はそれほどいくらに有難みを感じないからかも知れません。

 

f:id:leglutton:20210202140340j:image


紫雲丹。これは臭みが残っていて全然ダメでした。

 

f:id:leglutton:20210202140354j:image


穴子。やっぱこの方が良いよな。さっきの分も蒸してくんないかな。

 

f:id:leglutton:20210202140413j:image


卵。出汁巻きっぽく普通に美味しい。

 

f:id:leglutton:20210202140430j:image


海苔の味噌汁で御馳走様でした。


さて、一通り食べて、ビール1本、日本酒4杯で14300円。これは安い。もっとアホみたいに飲めば良かった。

 


所々光るネタはあり、流石予約が取れないだけあるなと感じたものの、全体的には所謂星付きのお店と比べると少しだけ落ちる印象です。個人的に酢の香りとシャリも少し緩めだったのが好みに合いませんでした。私の様にネタの香りを意識する方には厳しいかも知れません。


一方で、安いことには間違いなく、この値段なら全然あり。3万も4万も出してがっかりするよりよっぽど良い。やっぱりコスパは正義。


日本酒も豊富だし、テンポも悪く無いし、大将も気さくだし、サービスも悪く無い割にサービス料も取られません。ある意味で当たり前の事を当たり前にやって適正なお値段で出してるだけなのですが、他大多数が勝手にコケてるのが今の世の中なので、その意味では印象的でした。


観光客がこぞって行く店では無いでしょうが、地元にあったら嬉しい、そんなお店です。


次は予約が取れたら広島の友達と来ようかな。そして酒をガバガバ飲んでダラダラと食べたい。御馳走様でした。

 

 

魚喰い切り壮士
082-504-6213
広島県広島市中区立町5-18
https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340112/34022477/