サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

こにし家-三田(兵庫県)

兵庫県三田市に来ました。兵庫県と言えば神戸とか明石とか海沿いのイメージですが、こちらは内陸。最近なんかこんな田舎ばかりに行っています。ここに来たのはこちらのお店に伺う為です。食べログでは2021年1月時点で4.31、ブロンズメダルを獲得しています。


駅から徒歩10分程の国道沿いにあります。外観は田舎の国道沿いにありそうな和食屋さんという店構えであり、中に入るとカウンターが10席ほど。個室もある様です。

 

f:id:leglutton:20210115211005j:image


まずはビールで。ハートランドが美味い。


コースは12000円から30000円までと幅広く、予約の際に相談して決める形です。私は20000円のコースにしました。

 

f:id:leglutton:20210115211056j:image


まずはくるみ豆腐。くるみの優しさと合わせ味噌の柚子が良いですね。まずはこれぐらいから。

 

f:id:leglutton:20210115211125j:image


続いては蟹です。せいこ蟹に青リンゴ(グラニースミス)をすりおろしたものがかかっています。

なんやこれ、めちゃんこ美味しい。蟹自体も内子がたっぷりで濃厚なのですが、グラニースミスの仄かな酸味が絶妙です。りんご単体としては酸味が強すぎるのですが、蟹とはぴったんこ。フレンチ的な発想であり、大好きです。

 

f:id:leglutton:20210115211152j:image


こちらのお店はワイン推しとの事で、息子さんに下駄を預けます。まずはシャンパーニュピノノワールピノムニエ、シャルドネブレンドです。酸がしっかりしていて苦味は控えめ。蟹と青リンゴと素晴らしいマリアージュ。うんま。

 

f:id:leglutton:20210115211223j:image


刺身は明石の平目、肝と縁側、紋甲烏賊です。烏賊が美味しくなって来ましたねえ。ねっとりと濃厚。平目はマッチョな触感で、縁側は脂が抜群。やっぱり魚は寒い時の方が美味しいなあ。

 

f:id:leglutton:20210115211258j:image


こちらにはシチリアのロゼ。ロゼはそれほど好まないのですが、酸がしっかりして味が濃く、刺身とマッチ。今まで飲んだロゼの中で一番好きかも。あまりに美味しいのですぐ飲んでしまい、お代わり頂きました。


息子さん、相当なワイン好きな様で、めちゃくちゃ試飲しながら、奥さん(もしくは妹さん?)と相談して出すワインを決めてました。奥さんも詳しそう。

 

f:id:leglutton:20210115211330j:image


続いても刺身。横輪(鮪の稚魚)です。さっぱりですが、流石鮪ともいうべき脂。これもロゼとぴったり。

 

f:id:leglutton:20210115211411j:image


もういっちょ。刺身。鰤だったかな。見てわかる通りの脂の乗り具合。

 

f:id:leglutton:20210115211432j:image


フーリエの2012年。これが和食で出てくるのは日本広しともこの店ぐらいではなかろうか。ブルゴーニュブランなのですが、バニラとロースト香のバランスが良く、ふくよか。私の大好きな白でした。美味しいワインが入り、楽しくなって参りました。

 

f:id:leglutton:20210115211453j:image


椀物は石川の白甘鯛と蕪。白甘鯛も当然に美味しいのですが、こちらは蕪ですね。味が濃く苦味のバランスが絶妙。こんなに酒が飲める蕪は初めてです。ブルゴーニュシャルドネにもよく合う。

 

f:id:leglutton:20210115211524j:image


焼き物は太刀魚。銀杏と丹波栗が添えてあります。太刀魚自体というよりタレがしっかりして美味しいですね。丹波が近いからか栗がはっきりと甘く、主役を食う存在でした。

 

f:id:leglutton:20210115211546j:image


クローズエルミタージュは1994年。ローヌのシラーらしいスパイシーな香りですが、徐々に酸が出てきて香りが高い。普段若いシラーばっかり飲んでるのでこれがシラーかと。拙い表現ですが、濃いピノみたいでした。

 

f:id:leglutton:20210115211609j:image


箸休めで丹波のなめたけ。なんやこれ、むちゃくちゃ赤ワイン飲みたくなるやん。キノコの味が濃く、赤ワインが飲みたくなります。

 

f:id:leglutton:20210115211648j:image


と、赤かと思いきや、出ましたサンセールのオレンジワイン。2012年ヴィンテージは初めてですが、2020年で最もよく出てきたグラスワインでしょう。ここのオレンジワイン、癖がなくて美味しいんだよな。


ついには親父さんともティスティングしながら出すグラスワインを決め出しました。親子揃ってマニアです。というか親父さんがすんごいマニアなんでしょう。ちなみに他のお客さんは色んな日本酒をガバガバ飲んでましたので、日本酒もイケる様です。もはや自分達が飲みたいワイン出してるんちゃうか。

 

f:id:leglutton:20210115211720j:image


里芋と穴子。見た目こそシンプルですが、味わいはしっかり。穴子も下味がついて香りが良く、なにより里芋が里芋してて美味しい。さっきから野菜がちゃんと美味しくて良いですね。

 

f:id:leglutton:20210115211746j:image


うぎゃー、白子に白トリュフですよ。反則技。出てきた瞬間から香りが爆発。ああ、死んでもいい。でも死にたくない。

 

f:id:leglutton:20210115211807j:image


雲丹と小松菜。どこの雲丹かは分かりませんが、濃いというよりフレッシュで香りが抜群。酒飲みの作るお浸しですね、これは。

 

f:id:leglutton:20210115211833j:image


息子さんから勧められるがままに、三田牛のイチボを追加でお願いしました。脂が綺麗で後に残らず、脂の香りも良い。何も聞かなかったけど一体幾らなんだろうか。酔ってて聞くの忘れました。


写真を撮り忘れてしまいましたが、ルーションのグルナッシュ。スパイシーさはそれ程でもないけど果実味が強く、奥が深い。しかし和食屋でようこんだけグラスワイン出てくるな。

 

f:id:leglutton:20210115211911j:image


白ご飯には、ちりめん山椒。まあこれは普通ですね。普通に美味しい。

 

f:id:leglutton:20210115211930j:image


恐らく追加?でカレーを頂きました。軽いのに旨味が濃厚でりんごなどの香りも感じます。なんと複雑な香りのカレーなのか。やっぱり最後にカレーが出ると満足感マシマシ。

 

f:id:leglutton:20210115211950j:image


甘味は柿。すんごい濃厚な柿。訪れたのは晩秋で外も寒かったので、秋から冬の狭間を柿で感じました。

 

f:id:leglutton:20210115212006j:image


もう一つ甘味。栗羊羹。なにこれめちゃ美味い。栗の香り、甘さは控えめながらテリーヌの様な滑らかさでした。

 

 

という事で満腹、そして泥酔一歩手前。料理の出てくるペースがゆっくり目でしたので、4時間かかりましたが、前日の悪夢とはまるで感じ方の違う4時間でした。料理はもちろんですが、拘りのあるワインをガバガバ注いでくれたり、居心地の良さを感じました。パリっとした居合抜きの様なお店も良いですが、こうやって肩肘張らずに頂けるのは家族経営のお店の良さでしょう。

 

 

お会計は4万円。うわ、たっか。明細は頂けなかったので分かりませんが、追加のイチボが高かったのかなあ。あとワインも良いものが多かったのでそれなりのお値段がしたのでしょう。ただ感覚的には高いなあという感じ。きっちり従量課金制なので注意しましょう。特に私の様に酔ってくるとなんでも良くなって欲望のままに食べ飲む人は注意です。でもこの立地だったらもう少し安いの期待するなあ。


料理は所謂割烹料理屋であり、繊細な和食というより、全体的にしっかりとした味付けでお酒を飲む前提だと感じました。その意味では酒飲みと下戸では評価がだいぶ変わるかも知れません。隣は車で来ていた若いご夫婦だったのですが、お酒を飲まず静かに食べていたので、やはり酒を飲むかどうかで印象が変わりそうです。


お酒に関してはマニアですね。事前にこの料理にこれと決めている訳ではなく、お客さんの飲むスピードや好み、雰囲気で決めている様な感じを受けました。ただこの店に来てワインを頼むという事は、という暗黙の了解があるのかも知れません。日本酒も色々ありそうなので、酒好きにはたまりません。


最後は御家族揃ってお見送り。コストの件はあれど、良い店である事は間違いありません。親子でティスティングしながら出すお酒を決めるお店なんてそうそう無いでしょうし、家族経営感満載。がっつり食べて飲みたい人はお金握りしめて三田まで行きましょう。御馳走様でした。

 

 

こにし家
0795-63-5248
兵庫県三田市三輪1-13-28
https://tabelog.com/hyogo/A2807/A280703/28015514/