サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

bb9-元町

神戸でスペイン料理と言えばカセント。昨年末伺った際、あまりに美味し過ぎて未だに私の心のベストレストランなのですが、今回は同じスパニッシュでもこちらにお邪魔しました。食べログでは2020年12月時点で4.51、シルバーメダルの人気店です。店名のbb9(べベック)は英語のBBQをもじったそうで、その名の通り炭火焼きが売りです。


割と良いお値段なのでそれなりの雰囲気かと思いキチンとした格好で行ったのですが、思わずラフな雰囲気。小洒落たカフェの様です。何ならジャージと水商売的な格好のカップルとかいるし。ただソムリエはキチンとしてました。

 

f:id:leglutton:20201227164650j:image
f:id:leglutton:20201227164653j:image

 

まずはシャンパーニュ、白ワインを15年寝かせ発泡させたものだそう。香りが強く、酸味が主体で食欲が湧いてきます。

 

f:id:leglutton:20201227164818j:image


食事は落花生から。粒が大きく味が濃い。まずはこんなもんからかな。

 

f:id:leglutton:20201227164846j:image


シャルドネ。ヴィンテージは1985年ですが、熟成感やアロマはそこまでで、酸が主体的。ヴィンテージだけ聞くと期待してしまうのですが、まあシンプルにワインとして美味しかった。

 

f:id:leglutton:20201227164900j:image


バゲットの上に発酵バターとトリュフを。発酵の香りが主体的でトリュフは殆ど香りません。うーん、トリュフの意味あったかな。ただワインとはバッチリです。

 

f:id:leglutton:20201227164922j:image


牡蠣。牡蠣以上の感想が無いほど牡蠣です。

 

f:id:leglutton:20201227164942j:image


ここでリースリング。アルコール度数は7.5%とアルコール感が薄めで不思議な香りがします。

 

f:id:leglutton:20201227165001j:image


これ鮪なんです。鰆みたい。炭の部分は香ばしいのですが、鮪特有の鉄分や脂は感じられず、素朴と言って良い味わい。ぶっちゃけ鰆でもそんな変わらなかったかも知れません。

 

f:id:leglutton:20201227165020j:image


スペインのアルバリーニョ。リアスバイスとありますが、リアス海岸のリアスだそうです。リアスって世界共通語なんかな。

 

f:id:leglutton:20201227165043j:image


フォカッチャ。これは美味しい。柔らかな香りのパンであり、バクバク食べたい。

 

f:id:leglutton:20201227165101j:image


チャコリが二つ来ました。平たく言うと安いやつと高いやつだそうです。安い方はチャコリらしいりんごの香りでフレッシュ。もう一つの高い方は深みを感じます。ややこしいけどチャコリはチャコリ。

 

f:id:leglutton:20201227165117j:image


蕪に雲丹。うーん、雲丹いるかな。雲丹の香り、味ともに弱く、完全に蕪に負けています。というか蕪がちゃんと美味しいので、どうせシンプルなら蕪だけで良かった。

 

f:id:leglutton:20201227165135j:image


赤と白を出して頂きました。さっきからワインがボンボン出てきます。白は失念しましたが、赤がやたら美味しくこれどこのだろうと思っていると、クスダのピノでした。ヴィンテージは2015年。こんなエレガントかつパワフルなピノは初めてです。クスダのピノはヴィンテージが浅いものを家のセラーに2本入っているので、後世大事に取っておこうとこの時心に誓いました。

 

f:id:leglutton:20201227165154j:image


キャビア。赤に合うんですよ、と仰るので恐る恐る頂くとこれが合う。キャビアは絶妙な温度で温かく、そのおかげか臭みがなく、味が濃い。なるほどこれに関しては火入れの妙を確かに感じました。

 

f:id:leglutton:20201227165221j:image


お、ソーセージ。私がソーセージ好きなのを見越してなのでしょうか(違)。ただあまり印象に残りませんでした。なんというかパンチが無い。残念。

 

f:id:leglutton:20201227165238j:image


ムール貝がゴロゴロ。とは言え、まあこれもムール貝である。

 

f:id:leglutton:20201227165303j:image


なんだったかなあ、これ。ムール貝同様全然印象に残っていません。ソースがチーズで美味しいのですが、魚自体の味が弱いのでこれも印象に残らず。なんだか思い出貧乏みたいになってきました。

 

f:id:leglutton:20201227165926j:image


熊本ワイン。あの照寿司で唯一良かったのがこのワイン。日本のワインでリーズナブルな価格なのに(照寿司は高かったけど)しっかりと樽香があって美味しいのです。私は自宅に2本ストックしてあります。

 

f:id:leglutton:20201227165945j:image


ステーキ。流石にこれは美味しい。炭火だとか火入れだとかどうこうではなく、単純に肉が美味い。それだけにもっとポーションが欲しくなりました。

 

f:id:leglutton:20201227170004j:image


テンション上がらずメモを取るのを止めてしまうという私の悪い癖が出たので覚えておらず。テンプラリーニョだったかな。

 

f:id:leglutton:20201227170034j:image
f:id:leglutton:20201227170030j:image


デザートまでもシンプル。イチヂクとバニラ。まさかと思いますが、こちらまで味わいが控えめです。思い出貧乏が確定した瞬間です。

 

f:id:leglutton:20201227170053j:image


ハーブティーで御馳走様でした。

 


徹頭徹尾シンプルなお料理でした。素朴というと聞こえが良いのですが、馬鹿舌の私には単に味が薄いという印象しか残りませんでした。


所々素材の良さは感じたのですが、値段を考えれば当たり前と言えば当たり前なレベルであり、正直、カセントの方が素材含め10倍美味しかった。


ワインは悪くなかったですね。面白い合わせ方や良いワインもお出し頂き、素直に楽しめました。変化球的でしたが、逆にこのソムリエはどストレートなフレンチだったらどう合わせるのだろうと興味が湧きました。


しかし、これで一人当たり3万超えだもんなあ。私にはコスパがとても悪い様に思えました。雰囲気もカジュアルでその点も客単価と合っていません。

 

素朴なお料理が好きな方はどうぞ。私の様な馬鹿舌の方は素直にフレンチにしときましょう。御馳走様でした。

 

 

bb9
050-3186-4889
兵庫県神戸市中央区元町通3-14-5
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28039815/