サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

おうどん 瀬戸晴れ-屋島(高松市)

私は讃岐うどんでは釜玉が1番好きです。という事で数多あるうどん屋の中からこちらにお邪魔しました。2020年12月時点で食べログ3.91とうどん屋の中でもかなりの上位です。


高松市内の中心地からは少し距離があり周りも田んぼが中心の中にも関わらず、休日の朝10時頃に到着で既に5-6組の待ちが発生と大人気。回転もそれほど早く無く、それほど大箱という訳でも無いので、待ちたく無い人は回転前に行かないとダメかも知れません。ちなみに30分弱待ちました。


私は釜玉をオーダー。460円です。合わせてちくわ天120円と蛸入りかき揚げ200円をオーダーし、連れとシェアする事に。

 

f:id:leglutton:20201225151933j:image


待つ事5分ほどで着丼。出汁とネギがセットで付いてきます。

 

f:id:leglutton:20201225151950j:image


この見た目。光り輝く麺と卵の色合い。生唾を飲み込みます。

 

f:id:leglutton:20201225152015j:image


やはり見た目通り麺はツルツルと非常に滑らか。コシは讃岐うどんの中では強く無い方ですが、変わりにモチモチとした食感が特徴的。なるほど一言に讃岐うどんといってもこういうのもあるのか。今まで何店も伺っていますが、ここまでモチモチとした食感は初めてです。

 

f:id:leglutton:20201225152033j:image


ちくわ天。わお、でっかいのが2本も来ました。これで120円はリーズナブル。しかもちくわからは魚の身特有の甘い香りがして、ちゃんと美味しい。そこらへんのスーパーのちくわとは別次元です。

 

f:id:leglutton:20201225152050j:image


かき揚げも。こちらもバカでかい。お相撲さんの握り拳ぐらいあります。蛸もゴロゴロと入っていますが、繋ぎが少なめで油が良いのか思いの外軽い。

 


人気の理由だけあるお店でした。うどんはとにかくそのモチモチとした食感が印象的。麺自体にもう少し味が感じられると尚良かった。


天ぷらは一般的なうどん屋のそれより遥かに美味しい。値段の割に大きく、重くなるかと思いきや軽く、しかもちゃんと美味しいので問題なく完食出来ました。うどん屋の天ぷらって揚げ置きでベトッとして油も悪く、胃が重くなるものを想像しますが、こちらは全くの別物です。


麺と天ぷら。この2点からうどん屋巡りをするには良いお店ですね。どうしても似たようなベクトルになりがちですが、ここはその点差別化がされているので飽きずに頂けます。


ちょっと市内中心地からは距離ありますが、早起きしていきましょう。御馳走様でした。

 

 

おうどん 瀬戸晴れ
087-813-6988
香川県高松市新田町甲910-2
https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37010530/