サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

焼肉うしごろ 銀座店-銀座一丁目

よろにく系列やジャンボ系列は行った事がありましたが、うしごろ系列は大昔に行ったっきり。都内では結構あるので逆に行く機会が無かったのでお邪魔しました。


まずはマスターズドリームで乾杯。メニューは連れにお任せしたので今回は雰囲気でお送りします。

 

f:id:leglutton:20201211193558j:image


焼き物に入る前にユッケ。タレが甘めの醤油であり率直に美味しい。この手の高級焼肉チェーンらしい安定感のある味わいです。やっぱユッケは甘めのタレよな。

 

f:id:leglutton:20201211193617j:image


カクテキは普通です。とは言えカクテキで飛び抜けて美味しいものもありませんが。

 

f:id:leglutton:20201211193641j:image


サラダは取り分けてくれます。所謂チョレギサラダ的ドレッシングであり酒が飲めるサラダです。

 

f:id:leglutton:20201211193657j:image


握り。しっかりとサシの入ったお肉であり柔らかい。生肉ですが臭みが無く大トロの様。

 

f:id:leglutton:20201211193714j:image


さて肉に行きます。タンとハラミ。ちゃんと生であり、タンの厚さが完璧。タンて薄過ぎると物足りないし、厚すぎると食感がタフ過ぎて難しいのですが、こちらはぴったんこでした。

 

f:id:leglutton:20201211193740j:image


長芋のナムル?かな。全然覚えてないのでそういうことです。

 

f:id:leglutton:20201211193757j:image


わお、素敵なお肉達。右から反時計周りにクラシタ、ミスジ、シンシン、ザブトン、ヒレです。何故分かるかというと食べた時メモってたからです。なら全部やっとけよ、自分。

 

f:id:leglutton:20201211193901j:image
f:id:leglutton:20201211193857j:image

 

この中ではミスジが心に残りました。私はやはり赤身が好きなんだなあ。脂が多い部位もありますがキツさはありません。やはり甘めのタレが良い。

 

f:id:leglutton:20201211193837j:image
f:id:leglutton:20201211193824j:image


こちらはロースだった様な気がします。しかしいずれも肉のサシが美しいですね。

 

f:id:leglutton:20201211193928j:image


あれ、あんまり食べなかったなあ。締めのユッケジャンラーメン。見た目こそ真っ赤ですが、それほど辛さは無く肉の出汁がよく効いています。いい意味でジャンキー。

 

f:id:leglutton:20201211193954j:image


続いてはカレー。私はカレー屋にはそれほど行かないくせに、カレーがあったら頼まずにはいられないので必然的にカレー屋以外のカレーを食べる機会が多いのですが、味わい的には普通でした。焼肉屋が本気でカレー作り出したら相当良いものが作れると思うので、誰かお願いします。

 

 

と、いまいちテンションの上がらない文章になってしまいましたが、個人的な感覚としては結構美味しいじゃん、でした。よろにくやジャンボと比べても遜色無く、値段も同じくらいですが、予約は取りやすいのでその点こちらの方が使い勝手が良い。

よろにくは接客が最近良くなく(やたらせっかち)、ジャンボは完全個室が殆ど無く立地が行きづらい、という事を考えると、今後うしごろ系列に行く機会は増えそうです。


一方、他社の模倣感は否めず、目を引くメニューが無いのがウィークポイント。雲丹と合わせたりとか、そもそもあんなの全然美味しく無いのでやめましょう。健全なお客さんを呼ぶ健全な経営をして欲しい。やっぱりカレーだと思うんだけどなあ。それこそ肉の切れ端や骨なんてのは大量にあるだろうからそれで良い出汁取れそうだけど。


とは言え、肉自体は悪くないし、良く捉えれば最大公約数的な平均点の高いお店とも言えます。個室がいっぱいあってこんな御時世的にもフィット。また伺います。御馳走様でした。

 

 

焼肉うしごろ 銀座店
050-5890-8451
東京都中央区銀座1-6-6
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13167325/