サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

てんぷら 成生-新静岡

成生です。また来ることが出来ました。2ヶ月連続という奇跡。私は日頃の行いが良いので運良く予約が取れました。神様、ありがとう。


前回いたく感動したので今回も期待大。中々お店に行く前からこんなにワクワクする事はありません。

 

f:id:leglutton:20201208155121j:image


最初のビールと共に供されるのは落花生のスープ。胃を温めてこれから来る料理を迎え撃つ体制を整えます。望むところ。

 

f:id:leglutton:20201208155151j:image


まずはお刺身から。クエです。前回同様、低い温度の油で通してから頂きます。

うげーめっちゃ美味い。今年は散々色んな寿司や魚を頂いていますが、ここの魚は本当に美味しい。照寿司で食べたクエとは全くの別物。クエってこんな美味しいんだ。

 

f:id:leglutton:20201208155208j:image


続いてはなんと伊勢海老。相変わらずすごい食材が淡々と出てきます。ぷりぷりの身は噛むと甘みがどんどん出てきます。これだけ大振りの身を頂けるのは伊勢海老ならでは。永遠に咀嚼していたい。

 

f:id:leglutton:20201208155231j:image


早速天ぷらへ。まずはオクラ。ねっとりというよりサクッとしておりオクラとしての確かな味を感じることが出来ます。

 

f:id:leglutton:20201208155251j:image


太刀魚は天汁へ直接ダイブ。じゅ、という音が更に食欲を駆り立てます。身はホクホクで柔らかく、太刀魚の香りがふわっと香ります。太刀魚って寿司屋でもたまに食べますが、この方が美味しい。

 

f:id:leglutton:20201208155316j:image


3番センター、キス。この輝きよ。キスを天ぷらにした江戸っ子に感謝したいほど有難い。


隣には80歳過ぎぐらいのおばあちゃんがいらっしゃったのですが、美味しい〜とえらく感動してらっしゃいました。その恩年でも天ぷらが食べられるのが素晴らしいし、それぐらい軽いのも成生の天ぷらの特徴です。

 

f:id:leglutton:20201208155346j:image


こちらは蓮根。なんじゃこら。じゃがいもの様な香りがするのですが、蓮根らしく糸を引きます。そして蓮根の味が濃い。2ヶ月前ぐらいに行ったのですが、今でも味を思い出せる程。

 

f:id:leglutton:20201208155402j:image


おお、また君と出会えるなんて。前回も頂いた鯵です。まずこの色。見ての通り外はカラッと揚がってるのですが、中身は生でありほんのり冷たい。そしてこの身の厚さよ。青魚特有の脂の香りと鉄分。火の入れ方も完璧であり、天ぷらと刺身のハイブリッドです。


隣のおばあちゃんも「冥土の土産だわ〜」なんて仰っていました。いやいやこんな食べれるならまだまだと言いつつも、私もその歳になっても天ぷらか食べれる様になりたい。

 

f:id:leglutton:20201208155418j:image


これ、丸ナスなんです。ひたすらに軽く、中から極上の液体が流れ出てきます。全国の天ぷら屋にこうやってナスを出して欲しい。

 

f:id:leglutton:20201208155436j:image


甘鯛の登場。パリパリ、ふわふわ、ジューシー。分かりますか、そうですか分かりませんか。とにかく美味いという事です。

 

f:id:leglutton:20201208155456j:image


口直しのサラダ。冗談みたいだけどこのサラダもめちゃくちゃ美味しいんですよね。使われてるハーブの香りが素晴らしく、また全て違っていてとにかくフレッシュ。素材がいかに良いかよく分かります。

 

f:id:leglutton:20201208155514j:image


ああ、メゴチ。私の大好きなメゴチ。なぜ君はそんなに軽やかで、でも香りがしっかりとあって身も旨いんだ。君と出会えて良かった。

 

f:id:leglutton:20201208155529j:image


サツマイモ。前回もそうだったんですが、味のコントラストがすごい。皮は焦げる程に揚げられキャラメルの様な香ばしさ、中はサツマイモ自体の甘さが優しく、確かに感じられます。にい留もサツマイモの天ぷらが絶品ですが、似てる様で全然違う。似てるのはどっちもエグいぐらい美味しいという事です。


おばあちゃんが死ぬ前までにまた来れるかしら、と大将に仰っており、大将も苦笑い。なんでもそういうお方が時々居て特別に席を空けるそうですが、皆ぴんぴんしていらっしゃると。分かるなあ、この天ぷら食べれるならまだ死にたくないって思うもんなあ。

 

f:id:leglutton:20201208155550j:image


名前を失念しましたが特大のキノコ。キノコの香りが極限まで引き出されており、森の中にいるよう。そう、ここの天ぷらを食べると何故かその情景が浮かび上がるのです。

 

f:id:leglutton:20201208155609j:image


春子鯛も天汁にダイレクト。なんでここの鯛はどれも香りが強く、淡白なはずの身がここまで濃いのか。美味過ぎて私が冥土にイキそうになってきました。

 

f:id:leglutton:20201208155632j:image


銀杏。ああ、秋だなあ。仄かな苦味と香り。これと日本酒だけで2時間ぐらい飲めそうです。

 

f:id:leglutton:20201208155654j:image


締めの穴子。心の底から美味しい、そしてもう終わっちゃうのかという寂しさが胸に込み上げて来ます。

 

f:id:leglutton:20201208155716j:image
f:id:leglutton:20201208155712j:image


と思ってたら今日は1人1匹でした。やったー!と心の中で歓喜。なんなら骨煎餅も頂けます。あと5本ぐらい食べれるマジで。

 

f:id:leglutton:20201208155755j:image
f:id:leglutton:20201208155746j:image
f:id:leglutton:20201208155749j:image


締めには天丼をオーダー。漬物と味噌汁もホッとする様な美味しさ。天丼もつゆの味がしっかりしていますが、やはり軽やか。あと5杯は食べれるマジで。

 

f:id:leglutton:20201208155821j:image
f:id:leglutton:20201208155817j:image


最後に葛餅とお茶で御馳走様でした。

 

 

美味しかった。やっぱり美味しかった。前回感動したのは間違いありませんでした。隣のおばあちゃんじゃないですが、生きてて良かったと思うレベル。これでビールと日本酒1.5合で3万しないんですよ。やっぱり4万も5万も天ぷらで取るなんておかしい。


とにかく素材が良い。魚も野菜もどれも香りが良く、食べれば食べる程食欲が湧く様な不思議な感覚に陥ります。油は軽く、それでいてしっかりと旨味も素材に足されており、ただ揚げているだけとは信じがたい。前回も思いましたが、これは調理ではなく料理です。


隣のおばあちゃんが良い例で、しっかりと味があるのにいくらでも食べれるんですよね。揚げ物なんて私の歳でも普通に食べたら胃がもたれるぐらいなのに、ここの天ぷらは全くそれが無い。どころか、明日にでも食べたくなります。なんならもう一回転出来る気がします。


来年2月頃には移転されるそうです。席数は変わらず絞ったままとの事で、また予約が全然取れない日々が続くかと思うと暗い気持ちになりますが、それでも諦めず機会を伺います。死ぬまでにあと10回は行きたい。御馳走様でした。

 

 

てんぷら 成生
054-273-0703
静岡県静岡市葵区鷹匠2-5-12 1F
https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22015243/