サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

IL CASINO-通町筋

また熊本に戻って来ました。どんだけ熊本好きやねん。そろそろ熊本県からくまモンでも送られて来て欲しいぐらいです。


熊本に来るといつも寿司ばかり食べに行くのでたまには違うものをと思いこちらに。熊本の飲み屋街、花畑町にあります。ミシュラン一つ星。


店内はカウンターのみでキッチンも中々に狭く鰻の寝床と言っても良い細長いインテリア。シェフとサービス(ソムリエ?)の方の2名体制です。

 

f:id:leglutton:20201127150313j:image


ビールで乾杯。飲み物のメニューは無かったので幾らかは分かりませんがイタリアのビールです。さあ食べるぞ。

 

f:id:leglutton:20201127150343j:image


のっけから全速力。北海道の筋子です。下には米のような形をしたパスタ。要はいくらご飯です。いきなりの炭水化物は私得。私はお腹が減っているのです。

 

f:id:leglutton:20201127150357j:image


続いてのこちらはポルチーニ茸のフリットです。生ハムの上にはパルミジャーノがかかっています。想像通りポルチーニの香りとパルミジャーノが良いですね。良いポルチーニを使ってるのが良くわかる香りの高さです。

 

f:id:leglutton:20201127150416j:image


こちらに合わせるのはシュナンブラン。樽の香りがしっかり効いていてポルチーニとよく合います。

 

f:id:leglutton:20201127150440j:image


甘鯛はムール貝とあおさの入ったスープに入れて。ムール貝とあおさに負けない甘鯛の強い香りが特徴的。ムール貝とあおさも結構香りの強いものなのにすげえなあ。やはり熊本の甘鯛は外しません。


写真を失念してしまいましたが、こちらにはシチリアの白。魚介にはミネラルの強い白がよくあいます。

 

f:id:leglutton:20201127150508j:image


飛騨牛を使ったミニサイズのハンバーガー。単刀直入に美味しいのですが、イタリアンで食べる必要性があまり感じられないのと、飛騨牛である必要性も感じません。美味しいだけに一連の流れがよく分かりませんでした。

 

f:id:leglutton:20201127150526j:image


アリアニコ。果実味が強く、強い肉の味にも負けません。

 

f:id:leglutton:20201127150543j:image


鮑の肝ソースのパスタ。鮑がゴロゴロと入っているのもそうですが、パスタが蕎麦のような感じで和風チックな麺です。しかし今年はよう鮑食べてるわ。

 

f:id:leglutton:20201127150602j:image


こちらには新政のNo.6。美味しいのですが、私はワインを飲みに来たので普通にワインで良いんだけどな。勿論鮑と新政なので合うのは合うんですが。

 

f:id:leglutton:20201127150620j:image


もういっちょパスタ。中には豚肉が入っています。見た目以上に濃厚で食べ応えがあります。なんだよ2個だけかよと思った自分の浅はかさを罵りたい。もっと食べたいけど。

 

f:id:leglutton:20201127150642j:image


セルビアのガメイという珍しいワインが来ました。しかも飲んでも全然ガメイっぽくなくカベルネみたいでした。おもろい。

 

f:id:leglutton:20201127150657j:image


またも炭水化物。リゾットにシャラン鴨のローストです。リゾットは流石の美味しさですが、鴨は流石にフレンチの一流店と比べるとイマイチでしょうか。仕方ないですけどね。ああ、ベックに行きたい。

 

f:id:leglutton:20201127150716j:image


デザートはバニラアイス。空気がよく含んでおりエアリーな食感です。またデザートワインも少し頂けました。

 

f:id:leglutton:20201127150731j:image


最後はエスプレッソで御馳走様でした。

 

以上コース一通りとビール一杯にワインをグラス5杯で22000円でした。

 


うーん、ちょっと高いなあ。味は確かに美味しいし、テンポも1人で作ってるとは思えない手際の良さで、その点の不満は全く無いのですが、イタリアンという事と全体的な満足感を考えるともう一つといった所でしょうか。炭水化物ばかりで美味しいのですが、そんなに食べてないのにお腹が膨れます。全体的にコースとしてのストーリーが感じられませんでした。


シェフがもう1人のスタッフにめちゃくちゃ厳しいんですよね。もう1人の人は馬車馬の様に働いているのに責められていて少し可哀想でした。シェフの厳しい態度は我々客にベストなタイミングで料理を提供したいという気持ちから来るものであり、料理の作り方一つを見ても妥協を許さない姿勢が見えるのは良いのですが、客の前であまりに厳しいのもなあ。


料理のテンポも良いのだけれど、隣の人とメニュー内容が違ったのも気になります。コースは一種類だと思うのだけれど。変に疑心暗鬼になってしまいました。明細も頂けないし、そんなワイン高いかな。

 


こちらのお店に限らず、ジャンルに限らずですが、明細出さないお店多いですよね。別に妥当なレベルであれば何とも思いませんが、今回の様になんかよく分からんけど高いと、何かやられてるんじゃ無いかと疑問が残ってしまいます。ちゃんとしたお店であればあるほどきっちり明細貰えますから余計に思います。


いずれにしても味は間違いなく一流です。都心でもここまで美味しいイタリアンは中々食べれない。ただ雰囲気と価格の不透明さの点でマイナスです。小さなカウンターであれだけテンポ良く提供し、しかも美味しいのは見事。いっそのことカウンターで無く、普通のレストラン形式にして明細頂ければ飛躍的に評価上がりますし、また行きたいと思うのにな。

 

 

IL CASINO
096-355-8305
熊本県熊本市中央区手取本町3-7
https://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43011842/