サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

金寿司-辛島町

熊本市内に来ました。8-9月で3回目です。何がどうなってこうなったのかよく分かりませんが、今宵も寿司を食べに行きます。


こちらは熊本の繁華街、通町のアーケード沿いのビルの地下一階にあります。週末の夜でしたが、私以外に3組で客の入りは8-9割程度と言ったところ。予約していきましょう。

 

f:id:leglutton:20201120232222j:image


まずはビールで乾杯。今日もエビスが飲める幸せ。


コースが幾つかある様ですが、私は珍味が沢山頂けるコースでお願いしました。

 

f:id:leglutton:20201120232250j:image


まずはマグロの皮、横輪のポン酢です。ポン酢らしいさっぱりさですが、鮪特有の脂も感じます。

 

f:id:leglutton:20201120232323j:image


こちらは鶏卵を混ぜた後、少々茹でてもろみに漬け込んだものだそうです。ややこしい作り方ですが、卵黄だけじゃないので思ったよりさっぱりして、もろみの香りが良き。


写真を失念してしまいましたが、柚子にいろんなものをつめこんだものが来ました。柚の香りが鮮烈。中に何が入ってるのかは聞き忘れました。

 

f:id:leglutton:20201120232356j:image


豆腐を6ヶ月寝かせてもろみに漬け込んだもの。クリーミークリームチーズの様。しかしさっきから聞いたこともない珍味ばかり出てきます。

 

f:id:leglutton:20201120232430j:image


焼き魚は鯛。この様なプレゼンテーションは珍しいですね。見た目通り皮目がこれ以上ないぐらいパリパリ。一方で鯛の味はそれほどでも無かったので食感を楽しむものでしょう。

 

f:id:leglutton:20201120232526j:image


これだけ酒のアテが来たので、いい加減日本酒に移ります。お願いすると一升瓶を3本出して頂き、それぞれ試飲してから好きなものを頂けるとのこと。すんごいサービス精神です。下戸ならこの試飲だけで昇天しそうな量。ちなみに真ん中のやつ選びました。

 

f:id:leglutton:20201120232548j:image


ぬおーキンキ。これはちょっと脂が凄すぎてもはや脂を飲んでるぐらい。もう少しキンキの良さが感じれるといいのだけれど。

 

f:id:leglutton:20201120232705j:image


クリームチーズ。普通ですが、日本酒には合う。

 

f:id:leglutton:20201120232725j:image


なんだっけな。これも日本酒に合うことは覚えています。こちらから聞けば出して頂けるものが何かは教えて頂けるのですが、段々と酒も入ってきて毎度聞くのもめんどくさくなってきてしまいました。という事でこの後からはうろ覚えです。

 

f:id:leglutton:20201120232751j:image


全く覚えてません。もう2ヶ月以上も前だもんなー。

 

f:id:leglutton:20201120232822j:image


雲丹だ!きっと美味しかったはず。熊本で雲丹を外したことはありません。

 

f:id:leglutton:20201120232904j:image


また日本酒を頼むと試飲。日本酒はメジャーどころはそれなりに抑えていると思っていたのですが、見事に知らないものばかり出てきます。気前が良いのが素晴らしい。

 

f:id:leglutton:20201120233004j:image


なんだっけな。海ぶどうみたい。

 

f:id:leglutton:20201120233027j:image


これは覚えてます。カメノテです。貝自体はそれほどでもありませんが出汁が凄い。日本酒を飲んだ肝臓に優しい。

 

f:id:leglutton:20201120233048j:image


ようやく握り。なのですが、全然覚えてません。というのもシャリが緩く溢れる様な感触であり、あまり好みではありませんでした。

 

f:id:leglutton:20201120233118j:image
f:id:leglutton:20201120233112j:image
f:id:leglutton:20201120233115j:image


とりあえず写真は貼ります。

 

f:id:leglutton:20201120233154j:image


ネタももう少しといったところ。熊本のレベルが高すぎるからかも知れませんが。

 

f:id:leglutton:20201120233302j:image


卵焼きには立派な焼印。甘かった。

 

f:id:leglutton:20201120233331j:image
f:id:leglutton:20201120233328j:image


ほおずきの後には和菓子まで。これ美味しかった。

 

という事でビール2本と日本酒2杯で1万6千円強といったところ。やっぱ安いな。

 

 

これでもかというぐらい珍味のオンパレードでした。そしてそのどれもが見事にしょっぱく酒に合う。高血圧患者なら途中でぶっ倒れそうですが、酒飲みには堪りません。

 

ただちょっと味のベクトルが単調かなあ。あと握りがイマイチだったのがちょっと残念。握りだけはそこらへんの街の寿司屋とそれほど変わらないかなと感じてしまいました。


このお店の楽しみ方はとにかく日本酒をガバガバ飲む事でしょう。成る程他のお客さんもみんな酒飲みばかり。観光客は殆ど来なさそうで、地元の方中心であり、雰囲気は悪く無い。


今日は酒を飲むぞと決めて来るにはとても良いです。その意味では下戸の人は厳しいかも知れません。


こんな寿司屋もあるんだと珍しいものを食べに行くぐらいの気持ちで行くと良いかもしれません。御馳走様でした。

 

 

金寿司
050-5595-9979
熊本県熊本市中央区新市街6-6 いけおビル B1F
https://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43010021/