サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

竹葉亭 銀座店-銀座

銀座近辺でランチをしようと考えていたところ、ふと思い立ってこちらに。勿論存在は知っていましたが、関東風は好みでない事と量の割にお値段がお高めと言う事で伺った事がありませんでした。と言う事で鰻好きのくせに初めてです。


開店時間である11:30の10分前に店先に到着するとタッチパッドがあり、そちらで受付をすると番号が書いた紙が出てきます。店先で待たなくて良いシステムになっており、流石銀座のど真ん中にあるだけあり効率的です。周りは幾らでも時間を潰せるので並びたくない人は早めに行きましょう。

 

f:id:leglutton:20201105083816j:image


ランチという事で瓶ビール。昼から竹葉亭でビールとはいい休日だ。

 

f:id:leglutton:20201105083834j:image


ビールと共に漬物が頂けます。この漬物が地味に美味い。既製品かも知れませんが、そうだとしても結構いいやつでしょう。


私と連れは2人して鯛茶漬けをオーダー。更に白焼きと海老真状をオーダーしました。

 

f:id:leglutton:20201105083853j:image


まずは白焼きから。ふわふわと柔らかく、炭の香りが心地良い。関東風の柔らかい鰻に関しては、蒲焼より白焼きの方が好きかも知れません。ちなみに連れは鰻が嫌い(見た目が理由)なのですが、白焼きなら食べれると謎の主張をして半分程食べてました。意味わからん。

 

f:id:leglutton:20201105083915j:image


海老真状も来ました。これは心から美味しいですねえ。正に海老を凝縮した食感であり、味付けは控えめながら海老の香りがすごく良い。貴方の想像通りビールにぴったり。もっと食べたい。


奥の席では着物を着た男性が我々同様、ビールを飲みながら白焼きをつまんでいます。常連さんらしくお店のおばちゃんと仲良く話し、心付まで渡していました。私の竹葉亭のイメージどんぴしゃです。いるんだなあ、ほんとに。

 

f:id:leglutton:20201105083944j:image


さてお待ちかねの鯛茶漬けが到着です。ちゃんと白焼きと海老真状を食べ終わってから出して頂けるのが嬉しい。


まずは刺身だけ白米に載せて頂きます。これは美味い。鯛自体は淡白ですがタフな食感と、タレが美味しい。ゴマダレと白ゴマの香りがいいですね。


お次は出汁をかけて。この出汁が意外と控えめであり、やはりこちらもタレが主体的。どちらかというとタレの強さを少しマスキングする様な味わいであり、染みる味わい。


ご飯はおひつでお代わり分もあり量も結構たっぷり。勝手に量が少ないなんて思っていてすみません。

 

 

大満足でした。勿論安くは無いですが、期待を裏切らない美味しさであり、流石老舗という印象を持ちました。休日のランチという忙しい時間ながら、ちゃんと料理の順番を考慮して出して頂けるなど余裕を持って頂けるのも良かった。


周りを見ると何度か来たことある人は我々と同じように鯛茶漬けをオーダーしてました。勿論楽しみ方はそれぞれでしょうが、鰻をつまみに鯛茶漬けというのがこの店ならでは楽しみ方かなあと感じました。

 

頻繁には行けませんが、それぐらいの方が有り難みがあるというもの。銀座で少し優雅にランチをしたい時はまた伺います。御馳走様でした。

 

 

竹葉亭 銀座店
03-3571-0677
東京都中央区銀座5-8-3
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002552/