サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

鳥つる-国際センター

名古屋在住なのに久々の週末の名古屋の夜。どこにしようか迷った末に以前も訪れた事があるこちらにお邪魔しました。


週末の20時過ぎで満席。当日予約が取れたのはたまたま運が良かっただけな様です。というか私以外全員カップルかご夫婦です。焼鳥デートでも流行ってんのか。そう言えば前もこんな感じでした。


まずはビール。この日知多半島ロードバイク で一周していたので、染みる様に美味い。さあ食べるぞ。


焼鳥はお任せで。お腹いっぱいになりそうになったら声をかけてストップする形で従量課金制です。焼鳥以外にもご飯ものやサラダなどもあります。

 

f:id:leglutton:20201103063525j:image


トップバッターはささみの山葵載せ。中がレアレアであり、生肉好きにはたまりません。

 

f:id:leglutton:20201103063542j:image


続いてはレバー。こちらも半生であり濃厚な血の味です。臭みはありませんがレバーが苦手な人はちょっとアレかもしれません。逆にレバー好きは好きな感じです。

 

f:id:leglutton:20201103063600j:image


ハツ。さっきまで生きていた鳥さんの心臓という感じでぷりぷり。しっかり焼いてるのに中はレア、でも臭みはなし。美味しいなあ。

 

f:id:leglutton:20201103063619j:image


焼鳥の合間の口直しとしてフルーツトマトをオーダー。糖度が高くフレッシュであり、その役割を完璧に果たします。

 

f:id:leglutton:20201103063641j:image


出ました、大好きなちょうちん。噛むとプチっと弾ける卵がたまりません。鳥さん、ありがとう。美味しく食べてるよ。

 

f:id:leglutton:20201103063703j:image


ぼんじり。ぐわー脂が爆ぜてめちゃんこ美味しい。脂の強い串が続きますが重さをあまり感じさせません。幾らでも食べれそう。

 

f:id:leglutton:20201103063734j:image


脂の強いものが続いたので日本酒へ移行します。日高見、大好きな銘柄というわけではありませんが、脂を流すには良いものです。

 

f:id:leglutton:20201103063805j:image


ししとう。以前も思ったんですがここは野菜が美味しい。さっき取ってきたばかりの様にフレッシュで、その野菜の味がしっかりします。

 

f:id:leglutton:20201103063825j:image


名古屋コーチンのもも肉。もちろん美味しいのですがこれまでの流れからすると少し物足りず。もっと序盤で出しても良かったかも知れません。

 

f:id:leglutton:20201103063851j:image


つくね。ガリっと焼かれていますが、食感はふわふわ。下味がしっかりついていて酒を飲ませます。


写真は撮り忘れましたが宝剣の純米吟醸。あ、これ美味しい。フルーティだけど辛口です。私は宝剣はそれほど好まないのですが、これはありよりのあり。

 

f:id:leglutton:20201103063915j:image


肉味噌やっこを頼んでみました。肉味噌は名古屋らしく赤味噌で濃い。またくるみが入っていて食感にアクセントが付いています。要は日本酒にめちゃくちゃ合います。こちらに卓上にあった黒七味をかけると赤味噌感が少し控えめになり、ピリッとして素晴らしい。見たか、これが私のセンスだ。

 

f:id:leglutton:20201103063943j:image


うずらの卵。中がトロトロ。いつも思うんですがこれってどうやってこんな半熟にしてんだろ。一旦軽く下茹でしてるんかな。

 

f:id:leglutton:20201103064000j:image


手羽先。熱々の肉を手で持ってかぶりつきます。味わいというよりその原始的な食べ方が手羽先のいいところ。

 

f:id:leglutton:20201103064019j:image


ニラの豚巻き。あら、これは全然ダメですね。豚肉が生焼けで臭みが残っています。なんだこれ。急にテンショントーンダウン。

 

f:id:leglutton:20201103064039j:image


トマトと鶏肉の串。さっきの生焼けの臭みがトマトの酸味で流れてほっと一息。脂の強い鶏肉と野菜の組み合わせは良いですね。

 

f:id:leglutton:20201103064058j:image


まだ飲みます。愛知県の地酒、長珍。まあまあかなあ。私は少し癖のあるぐらいのものが好きなんです。

 

f:id:leglutton:20201103064133j:image


とうもろこし。心の底からホッとする味わい。また来年の夏も北海道行こ。

 

f:id:leglutton:20201103064152j:image


最後に私の大好きな背肝をオーダー。以前も思ったんですが、正にフォアグラ。レバー感は控えめでふわふわとした食感。フランス人に食わしたいなあ。ラングドックのグルナッシュとかと合わせたい味わいです。

 

f:id:leglutton:20201103064215j:image


〆は焼きおにぎり。これは間違い無いですね。今日も良く食った。

 

という事でこれで1万円弱。おー1万切るのか。素晴らしい。

 

 

前回も思いましたが私の好きな焼鳥でした。塩がしっかり目に振られており、強火で表面をガリっと焼く芸風であり、食感の違いが楽しめます。また鶏肉自体の脂が強く、故に酒が進む進む。逆にお酒を飲まない人には少し塩と脂がキツいかも知れません。


野菜の美味しさも光ります。特別な野菜という感じはしないので、この焼き方が野菜の美味しさを引き出しているんでしょう。脂の強い鶏肉なので合間合間で入る野菜が余計に印象に残るのかも知れません。


あとはやっぱりコスパですね。最近は都内や関西の有名店では酒を軽く飲んでも1万は余裕で超えてくる中で、お腹いっぱい食べてお酒もたらふく飲んでこの値段は素晴らしいとしか言いようが無い。


また伺います。御馳走様でした。

 

 

鳥つる
090-3710-9200
愛知県名古屋市中村区那古野1-46-15
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230101/23059160/