サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

酒蔵 大太鼓-平和通

先日北九州に来たばかりなのにまた小倉に来ました。前回のリベンジをしたい所ですが、今回は到着が遅くなったので居酒屋を物色してこちらに。まだ暑い時期でしたがおでんです。ミシュランのビブグルマンとして掲載されています。


平日夜21時過ぎで客の入りは半分程度と言ったところ。ウォークインですんなり入れました。


珍しいインテリアです。真ん中の柱?を挟んで2つのコの字型のカウンターがあり、見事に分断されています。店員さんはその2つの空間を行き来。なんでこんな変な作りなんだろ。

 

f:id:leglutton:20201008191226j:image


男は黙って黒ラベル。キンキンに冷えたジョッキ。外はまだ暑い季節だったのでクーラー代わりです。


カウンターの目の前にはおでんが煮られており、メニューも豊富なので一つずついきます。

 

f:id:leglutton:20201008191253j:image


まずは時計回りに大根、椎茸、すじ、つくね。椎茸が特大で出汁を吸って美味しいですねえ。昆布出汁でしょうか、優しい味わい。つくねも粗めであり。

 

f:id:leglutton:20201008191312j:image


胡麻鯖がメニューにあったので秒でオーダー。ザ胡麻鯖という味わいであり、焼酎が飲みたくなる。最近おにまる行ってないなあ。

 

f:id:leglutton:20201008191335j:image


トマトスライスは普通です。まあこれで良い。箸休めです。

 

f:id:leglutton:20201008191358j:image


豚バラだけ用意が出来なかった様で時間差で来ました。見た目の通りおでんらしいあっさりとした角煮という感じ。

 

f:id:leglutton:20201008191417j:image


豚バラと胡麻鯖が来たら芋焼酎行くしかないでしょう。亀仙人。500円ぐらいですがたっぷり。これ、ロックです。やっぱり焼酎は芋。

 

f:id:leglutton:20201008191437j:image


おでん第二ラウンドはたこ、玉子、ごぼう天です。たこはちょっと臭みが残っていてイマイチでしたが、玉子が茹でたあと中を切ってるからか、中まで出汁が染みてて美味しい。酒飲めるなあ。

 

f:id:leglutton:20201008191453j:image


時間差で丸天。まあこれはまんまの味わい。練り物好きにはまずウケる味です。

 

f:id:leglutton:20201008191517j:image


こちらは牛しゃぶ。おお、これはめちゃんこ美味しいですねえ。昆布出汁のあっさり感が脂の強い牛肉を上手く中和。七味の風味が良く、また出汁に柚子の皮を入れており香りも良い。このまま一流の和食店で出しても遜色無さそうです。

 

f:id:leglutton:20201008191534j:image


もうちょっと食べれそうだったので芽ネギと巾着を。芽ネギはイマイチでしたが、巾着は餅がたっぷり入っていて美味しい。私は巾着が1番好きなのです。

 

 

という事で1人で結構食べてビール一杯に焼酎2杯で5000円程で済みました。おでんとは言え素晴らしいコスパです。


所謂普通の街のおでん屋さんですが、昆布出汁の優しい味わいと、ネタによって多少捻ってあるものがあり、食べれそうで食べれない味わいのものが多い印象を受けました。真夏におでんなんてとも思ったのですが、ガンガンにクーラーが効いており、その中で熱々おでんを食べるのも風情があって良かった。


最近調子に乗って高級店ばっかり行ってましたが、やっぱりこういうお店良いですよね。気兼ねなく食べれるし、気を張る必要もない。カウンターでは地元の兄ちゃん姉ちゃんが楽しそうに焼酎飲んでおり、そんな感じの心温まる雰囲気です。


店員は学生さんと思わしき方ばかりでしたが、やけに静かでした。古典的な酒場だし、若いんだからもっとワイワイやれば良いのに、と思う私がおっさんなんでしょうか。たまたま仲がそれほど良いペアじゃ無かったのかな。余計なお世話ですね。


サクッと1人でおでんを食べに行くもよし、友達とダラダラ飲むも良し。おでんは冬だけじゃないですよ。御馳走様でした。

 

 

酒蔵 大太鼓
093-551-3805
福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-3-21
https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40000956/