サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

ビストロ マ・キュイジーヌ-六本木

たまにはビストロでご飯食べようかと思いチェケラしていたこちらにお邪魔しました。西麻布と六本木のちょうど中間ぐらいにあります。雑居ビルの地下一階にあるので気をつけながら看板を探しましょう。


週末の夜9時頃で私以外に2組というところ。テーブル1席とカウンター6席ぐらいと小さなお店です。

 

f:id:leglutton:20200927164807j:image


ハートランドで乾杯。御通し的にグジェールが付いてきます。ちゃんと温かく、中にはリエットが詰められており塩気が効いてい美味しい。

 

f:id:leglutton:20200927164829j:image


パンも自動的に付いてきます。こちらは米粉を混ぜ込んだ自家製のもの。バターは北海道のものを使っているとの事。軽くて香りが良くて美味い。グジェールとこのパンで今宵の勝利を確信しました。


グランドメニューのほかにオススメメニューもあります。そう、こちらのお店はアラカルト中心。それでグジェールとパンを出すところが良いよなあ。

 

f:id:leglutton:20200927164853j:image


まずは真鰯のマリネ。所謂一般的なマリネですが味が濃い。メニュー名だけではイタリアンやスパニッシュを思い浮かべますが完全にビストロの料理です。

 

f:id:leglutton:20200927164914j:image


という事で早速ワインに移行。グラスも豊富です。マリネなのでリースリングを。香りはフルーティで味はドライ、アフターで苦味がきます。正にリースリングの典型。ああ美味しいなあ。

 

f:id:leglutton:20200927164938j:image


オムレツなんですが、中には刻んだ青唐辛子が入っています。青唐辛子のフレッシュな香りが良いですねえ。とは言え辛くはなく少しピリっとする程度。トマトソースもトマトから作った真っ当なソース。久々に美味しいオムレツ食べました。

 

f:id:leglutton:20200927164954j:image


こちらにはシャルドネを。樽の効いたものではなく、爽やかな酸のシャルドネであり夏にぴったり。

 

f:id:leglutton:20200927165015j:image


ででん、自家製のブーダンノワールです。メニューで発見して真っ先に今宵の食事に組み込もうと決めたものです。これもはっきりとした塩味と旨味で心から美味しい。臭みは無く、とは言えブーダンノワールらしい深みがあります。またマッシュドポテトが秀逸。もったりとしがちなものですが、塩気と粘り気が控えめであり、正に名脇役という存在でした。

 

f:id:leglutton:20200927165036j:image


ブーダンノワールが来たのでシラーを。スパイシーな香りが正にシラー。料理もそうだけどワインもお手本の様なワインです。


ワイン3杯目にしてペースが上がってくる私。ご飯が美味しくお酒も美味い証拠です。

 

f:id:leglutton:20200927165056j:image


次のお料理が来るまでに飲み切ってしまったのでカベルネソーヴィニヨンを。これも正にカベルネソーヴィニヨンという豊かな果実味。ほんと香りを嗅いだ瞬間から分かるワインばかりで好きな方向性です。

 

f:id:leglutton:20200927165114j:image


こちらは蓮根のソテーに刻んだソーセージを載せたもの。ソーセージの脂と蓮根が中和され程良い塩梅。何より蓮根の触感が良いですね。蓮根って美味しいんだなあ。

 

f:id:leglutton:20200927165130j:image


なんて思ってるとシラーをサービスで頂きました。何でも先程頂いたシラーが私と頼んだものと違った様で、サービスとの事。こういうの大好き。こういうサービスを頂くこと多いな、自分。そう、私はとても人当たりが良いのです。

 

f:id:leglutton:20200927165147j:image


だいぶお腹も膨れて来ましたがメインは食べずにいられない。鹿のローストです。通常メインは辿り着くまでにお腹が膨れておりそんなでもない事も多いですが、これはむちゃんこ美味しい。鹿肉なのに素晴らしくジューシーであり、もちろんジビエらしい肉肉しさもあります。あかん。お腹いっぱいなのに即食いしてもうた。

 

f:id:leglutton:20200927165213j:image


途中でシラー飲んでしまったのでピノを追加で。流石に鹿肉には役不足でした。これは頼んだ私の責任です。


以上しこたま食べ飲んで16000円強。立地と味わいを考えれば素晴らしい。普通に食べて飲む人なら1万円前後で済むでしょう。

 

 

これぞ正統派というビストロでした。メニュー構成は割と他にもありそうなメニューが多いのですが、頂くと他と違ってちゃんと美味しい。これは基本的なレベルの高さを表しています。


味付けも正にビストロです。ワインを飲む前提の味付けでありしっかり目なのもグッド。素面の人には少し重いかも知れませんがそもそもビストロとはそういうものであり、その意味でも私の好みにどストライクでした。


意外と正統派のビストロはある様でなく、しかも1人で入りづらいお店も結構あるのですが、こちらは1人使いは全然問題無し、深夜までやっており、グラスワインも豊富と、その点の使い勝手も良いですね。立地的に客層の当たり外れはあるかも知れませんが柔なビストロでは無いので、しばらくすれば客層も安定してくるのではと思います。


シェフはご飯もお酒も好きなんだろうなあ。そういうのが手にとる様に分かる料理とワインのセレクトでした。これは通ってしまいそうです。まだ予約も取りやすいですがいずれ取りづらくなる事は必至。次は前もって予定して伺います。御馳走様でした。

 

 

ビストロ マ・キュイジーヌ
03-6455-4426
東京都港区西麻布1-2-14 デュオ スカーラ西麻布WEST B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13241748/