サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

牧のうどん 加布里本店-加布里

唐津から博多へ向かう途中、ラーメンでも食べようかと考え、糸島辺りをロードバイクで走っているとこちらを発見。北九州で聞いた福岡のソウルフードはうどんの言葉を思い出し、思わず入店しました。だって本店だっていうから。


博多うどんのお店は初めてであり、お作法が良く分からないので、とりあえず目についた肉ごぼ天をオーダー。650円です。

 

目の前の厨房ではどでかい鍋、というより箱でうどんを茹でています。店員さんはみな恐ろしく手際が良い。初心者の私はビビっています。

 

f:id:leglutton:20200922201415j:image

 

ものの5分ほどで着丼。わお結構ボリューミー。同時に汁が足りなくなった時用に出汁の入った熱々の薬缶が置かれます。

 

麺を一口。太麺であり触感としては柔いのですが、単純に水を吸って柔いだけで無い弾き返す様な触感があります。

汁が美味い。ストレートな昆布出汁であり繊細さは流石にありませんが単純に美味い。また肉を煮込んだであろう甘辛い醤油ベースの味わいもあり、非常に分かりやすい味わいです。

ごぼ天は熱々。天ぷらとして捉えるにはどうかという感じもしますが、うどんのトッピングとしてはごぼうも大きく、揚げたてなのが良い。

肉も美味しいですね。肉じゃがの肉だけ取り出してもう少し煮込んだ様な感じ。ネギが多いのも良い。

 

火傷しそうになりながら一気喰いしてしまいました。真夏なのに。

 

 

福岡県人がうどんこそがソウルフードという意味が分かりました。昆布出汁の優しく分かりやすい味わい、麺のなんとも言えない食べ応え、トッピングもちゃんと熱々で、ファストフードながらちゃんと食べたなという感覚を覚えます。

 

テレビ等々では讃岐うどんと比較して柔いなどと言いますがあれは違いますね。確かにコシは無いのですが麺の弾力はあり、食べ応えとしては讃岐うどんに引けをとりません。

 

肉ごぼ天で650円という安さもいい。かけうどんなんて330円ですよ。安い、早い、旨いを地で行くこれぞファストフード。しかも街中のそこかしこにある。私が学生なら学校に行く前に一杯、昼飯前に一杯、部活後に一杯と1日に3杯食べます。

 

個人的に讃岐うどんはぶっかけか釜玉がベストだと思っており、あまり温かいうどんは食べなかったのですが、福岡のうどんは温かいうどんで食べるのが良さそう。真夏でもするする食べれます。

 

いやー美味かった。福岡県民が本気で羨ましくなりました。旅行者は豚骨ラーメンに並ぶ前にうどんを食べるべきです。こうなると資さんうどんにも行かないと。御馳走様でした。

 

 

牧のうどん 加布里本店
092-322-3091
福岡県糸島市神在1334-1
https://tabelog.com/fukuoka/A4009/A400901/40000960/