サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

ル・タン・ペルデュ-伏見

最近フレンチ食べてないなーと思い、こちらへ。伏見の駅近くの飲食店が連なる中にひっそりとあります。一階がバーでオサレです。

 

f:id:leglutton:20200906182240j:image
f:id:leglutton:20200906182243j:image


まずはシャンパーニュ。こちらのお店の名前が書かれているのでオリジナルなんでしょうか。

 

f:id:leglutton:20200906182302j:image


コースは1万円の1本勝負。ワインはメニューの通りペアリングがいくつかあります。久々にこの手のメニュー表記見ました。レヴォ懐かしいな。

 

f:id:leglutton:20200906182328j:image


スナックは4種類。失念してしまいましたが、1番右の安納芋のチップスがあまじょっぱくて美味しかった。

 

f:id:leglutton:20200906182403j:image


アミューズ穴子。揚げたメレンゲの中にフォアグラが入っています。フォアグラと穴子と脂の強い食材ですが、メレンゲの軽さと日向夏を使ったドレッシングが良いですね。正にアミューズで空腹感が刺激されます。

 

f:id:leglutton:20200906182419j:image


ゴールドラッシュという、とうもろこしのムース。黒トリュフが入っています。甘味が良い意味で強すぎず良い。

 

f:id:leglutton:20200906182434j:image


パンは普通のバゲットです。

 

f:id:leglutton:20200906182449j:image


揖斐川の鮎をフリットにしたもの。野菜は胡瓜、茄子、冬瓜です。鮎は軽やかに揚げられさくっとした食感。野菜との一体感は無いのがちょっとあれですが、野菜単体も美味しく、正に素材を頂く料理でした。

 

f:id:leglutton:20200906182513j:image
f:id:leglutton:20200906182509j:image


ペアリング5種をお願いしたのでまずは白ワイン。サンタバーバラのソーヴィニヨンブラン。最初は薬草の様な香りですが、時間が経つとブドウのフルーティな香りが出てきます。

 

f:id:leglutton:20200906182529j:image


三陸産の帆立をソテーしたものの上にローストポークを。ソースはつぶ貝です。帆立が美味しいのは勿論ですが、ローストポークがボリューム感を出しており、またつぶ貝のソースとも合っています。食材だけ書くとバラバラな感じですがバランスが良い。白にぴったりです。

 

f:id:leglutton:20200906182555j:image
f:id:leglutton:20200906182551j:image


続いての白はヴィオニエ。ヴィオニエらしい花の香りです。

 

f:id:leglutton:20200906182620j:image


こちらは紅ズワイガニスクランブルエッグと面白い組み合わせ。この下にも蟹のムースが入っており、ビスクソースに、キャビアも入っているオールスターの様な布陣。地味に枝豆の食感がいいアクセントですね。濃厚な蟹の香りもして、1万円のコースでこれが出るのは素晴らしい企業努力です。

 

f:id:leglutton:20200906182638j:image


ロゼは余市の平川ワイナリーのもの。超ドライであり酸もはっきり。

 

f:id:leglutton:20200906182701j:image


魚はホウボウのムニエルと白海老フリットドライトマトのソースと万願寺唐辛子のスライスがいい夏らしいアクセントですが、そもそもの魚がむちゃんこ美味しい。北海道で良い魚いっぱい食べてきましたが引けを取らない美味しさでした。

 

f:id:leglutton:20200906182716j:image


ど真ん中、ブルピノの登場です。色合いの通りフルボディに近いものでこれはこれで美味しい。

 

f:id:leglutton:20200906182741j:image


メインは北海道の経産牛。経産牛とは子牛を産んだ雌牛との事。シンプルな黒ニンニクのソースと頰肉煮込みも添えてあります。通常硬くなりがちだという経産牛との事ですが、硬さはそこまで気にならずしっかりと肉の味の濃いシンプルなメインです。

 

f:id:leglutton:20200906182800j:image


口直しに桃のコンポートとグラニテ。まあこれは口直し以上のものではありません。

 

f:id:leglutton:20200906182822j:image


デザートはパイナップルのパイ。コテコテに甘いのでは無く、パイナップルの夏らしい爽やかな味わいが心に残りました。

 

f:id:leglutton:20200906182846j:image


ペアリングはデザートワインまで付いてきます。梅酒の様な香りで味は蜜の様な甘さ。パイナップルにぴったり。

 

f:id:leglutton:20200906182904j:image


ミニャルデーズもしっかり。

 

f:id:leglutton:20200906182924j:image


最後には発酵させた中国茶も出てきます。これはいい試み。デザートとデザートワインで甘くなった口がさっぱりします。

 

 

という事で以上24200円也。


伺う前から想像していた通り、シンプルなフレンチでした。コテコテのソースは無いものの、素材を活かしつつバランスが考えられた日本人の作るフレンチだなあと感じます。


これといって特別なスペシャリテや物凄く印象的な料理という意味では少し物足りませんが、グラスで6杯飲んでフルコースでこのお値段なら全然ありでしょう。あの食材を使ってこのコスパは素晴らしいの一言です。


サービスも全く問題ありません。私は食べるのが早く、他のお客さんはゆったり目でしたが、どのお客さんにもちゃんとペースを合わせて作られていました。こういう基本的な事が出来るってとても大事だと思います。

 

 

予約も割と取りやすいし、1人でも良いし、一階のバーでもお料理を少し食べれる様で使い勝手が良さそう。名古屋で難民になりがちなのでこういうお店があると助かります。御馳走様でした。

 

 

ル・タン・ペルデュ
050-5590-7379
愛知県名古屋市中区栄2-1-14 コモングランドビル2F
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23043805/