サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

鮨菜 和喜智-円山公園

札幌は円山公園にあるこちらに。この三日前に伺った鮨一幸と同じくミシュラン二つ星です。

 

f:id:leglutton:20200817155304j:image


早速生ビールで乾杯。薄張りのグラスなんですが手を持つところの四方が凹んでおり持ちやすい。このグラス欲しい。

 

f:id:leglutton:20200817155326j:image


トップバッターは花咲蟹の茶碗蒸しです。浮いているのはわかめだそうで、ここに山葵を入れて頂きます。山葵の風味が良く、ゴロゴロと入った蟹の身も美味しい。のっけからパンチ力のあるバッターです。

 

f:id:leglutton:20200817155342j:image


続いては松川鰈。レモンのタレで頂くのですが、少しさっぱりしすぎる嫌いがありました。身自体は美味しいのですが。

 

f:id:leglutton:20200817155521j:image


こちらは磯もずく、じゅんさい、つぶ貝が入ったもの。もずくがシャキシャキとした歯応えで美味いですねえ。一方潤菜やつぶ貝は先日の一幸とほぼ同じ具材、料理なだけに比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

 

f:id:leglutton:20200817155538j:image


日本酒へ移行。大信州。フルーティな香りから味わいはキリッとした辛口。好きなタイプです。

 

f:id:leglutton:20200817155556j:image


こちらはメヌケのしゃぶしゃぶ。メヌケとはカサゴの仲間だそうです。これはめちゃんこ美味しい。脂がしつこくなく、身の旨味も確か。キンキより美味しかった。

 

f:id:leglutton:20200817155613j:image


青森の天然うなぎのうざくです。うーん、個人的に鰻は脂を食べるものだと思ってるので、うざくはそこまで好まず、従って微妙。普通に白焼きで食べたかった。

 

f:id:leglutton:20200817155629j:image


これはイバラガニという蟹の内子。見た目だけだと塩辛の様な味わいを想像しますが、塩辛さは無く、旨味が濃く、なのにクリアー。要するにすごく美味しい。今夜の日本酒ベストマッチング賞です。

 

f:id:leglutton:20200817155646j:image


あまりに内子が日本酒を奪っていくので堪らず追加を注文。日高見の純米吟醸。日高見をそこまで好まないので普通です。

 

f:id:leglutton:20200817155705j:image


蒸し鮑。下には肝ソースをかけたシャリが入っています。一幸では鮑に肝ソースをかけるのは鮑の味自体が弱いからと言っており、それが頭に残ると確かに身自体の旨味は弱いですが、一方肝が美味い。素材自体は確かにあちらの方が上ですが、酒のつまみという点ではやはり肝ソースは鉄板です。

 

f:id:leglutton:20200817155723j:image


銀鱈の焼き物。手前は七味を発酵したものだそうです。ここまでの流れと同様、こちらも日本酒に合い、どんどん酒が無くなっていきます。このままだと泥酔してすすきのまで戻れなくなりそう。

 

f:id:leglutton:20200817155739j:image


と言いつつ追加。夕張の特別純米、まるたです。米の香りが強く、握りに合いそうです。


という事で漸く握りがスタート。

 

f:id:leglutton:20200817155756j:image


握りのトップバッターは縞鯵。青魚評論家の私から見ると中くらいの味わい。身の旨さはもうちょっとですかね。

 

f:id:leglutton:20200817155812j:image


時知らず。もう少し脂が欲しいかなあ。この握りだけは鮨みなとの方が美味しかった。

 

f:id:leglutton:20200817155825j:image


これ、あん肝なんです。あん肝らしく味が濃く、またとびこの様なプチプチとした食感があります。握りに入っても日本酒が無くなっていくペースが落ちません。

 

f:id:leglutton:20200817155843j:image


真鯵。これは先ほどの縞鯵と比べて美味しいですねえ。さっぱりで脂のくどくない正に夏の鯵。

 

f:id:leglutton:20200817155859j:image


ここで赤身。まあ外しませんよね。

 

f:id:leglutton:20200817155917j:image


ホッキ貝です。うーん甘みがちょっと弱いかなあ。ホッキ貝は少し火を通した方が美味しいなあとあら木で食べてから思います。

 

f:id:leglutton:20200817155933j:image


帆立です。これは帆立特有の甘みが強く素直に美味しい。私はそれほど帆立を好みませんが美味しかった。

 

f:id:leglutton:20200817155947j:image


牡丹海老です。本来冬のネタですがこちらはきっちり濃厚な味わい。

 

f:id:leglutton:20200817160003j:image


こちらは余市の紫雲丹です。えー写真がブレてきているのでお分かりの通り酔って来ています。美味しい事は覚えてます。

 

f:id:leglutton:20200817160018j:image


続いては馬糞雲丹。こっちはピントが合ってるという事はまだ意識がはっきりしてます。馬糞雲丹大好きです。

 

f:id:leglutton:20200817160036j:image


キンキの登場。少し炙ってますがこれはもう肉ですね。脂が凄くカルビみたいです。つまりめちゃんこ美味しい。

 

f:id:leglutton:20200817160120j:image


穴子。記憶が無いという事はそういうことです。

 

f:id:leglutton:20200817160141j:image


クエで取った出汁。クリアーな味わい。

 

f:id:leglutton:20200817160156j:image


最後に玉子で御馳走様でした。

 


以上食べて飲んで34000円強。悪く無い。

 

 

店の立地、店構え、大将の雰囲気からして厳かな典型的な寿司かと思いましたが、酒に合うメニューが多く個人的には結構好きなタイプのお寿司屋さんでした。味付けの方向性がはっきりしており何を食べてるかすぐに分かります。


ネタについては良し悪しが割とはっきりしていました。まあこれは季節が悪いかな。比較してしまいますが、ネタだけなら一幸の方が拘りを感じ、かつ美味しかった。でも酒を飲むならこちらです。それぐらい味わいがはっきりしています。


もうちょっと安く、例えばしっかり飲んでも2万円代に収まるのであればもっと頻繁に行けるんだけどなあ。勿論都内に比べれば安いのですが、差別化という点でもう少しという感じがしました。


友人と日本酒一升持ち込んでしっぽりがっつり飲みながら、みたいな事が出来るとかなり良さそうです。御馳走様でした。

 

 

鮨菜 和喜智
011-640-3768
北海道札幌市中央区南二条西25-1-22
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010105/1000645/