サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

CANTINETTA SALUS-狸小路

急遽札幌に来た為今宵のお店は白紙。前日まで寿司二連続だったのでそろそろ濃いものが食べたいと思いこちらに。


とは言えウォークインでは入れず、空き次第電話を頂く形でした。連休中でしたから仕方ないですね。

 

f:id:leglutton:20200807152740j:image


まずはプロセッコ。普通のプロセッコですが600円と言う値段考えれば全然OKです。ちなみにフランチャコルタもありました。

 

f:id:leglutton:20200807153146j:image


トリュフバターのホットサンドというのがありましたのでアミューズ的に。字面通りなのですが、アイデアが良いですね。トリュフバターの香りがプロセッコとベストマッチ。250円のアミューズなら全然あり。


f:id:leglutton:20200807155620j:image


メニューにブッラータがあったので反射的にオーダー。ブッラータは当然美味しいのですが、トマトが甘く瑞々しい。ブッラータより印象に残りました。これぞ北海道の底力。


f:id:leglutton:20200807155642j:image


グラスワインは泡の他に白4種類、赤4種類、ロゼ1種類と豊富。かつお値段も1000円未満と手軽なお値段です。勿論バローロの様な高級なものはありませんがこれぐらい手軽な方がガブガブ飲めます。

 

f:id:leglutton:20200807155658j:image


私はその中からシチリアの白を。シチリアらしく酸がはっきりとしており、安旨ワインの典型の様な味わい。600円なので全然OKです。

 

f:id:leglutton:20200807155714j:image


こちらはブリのカルパッチョ。新生姜と胡瓜をスライスしたものにドライトマトのソースがかかっています。まず新生姜ときゅうりの食感が極めて夏的でさわやか。ブリは脂の旨味は控え目なものの主張はちゃんとあります。ソースは控え目でありバランスが良い。見た目の通りさっぱりと頂けます。

 

f:id:leglutton:20200807155729j:image


白2杯目はマルシェ州のヴェルデッキオをお願いしました。程良い熟成感とロースト香が心地良いですね。コスパええなあこのワインも。


サービスはソムリエールがお二人。常連さんと話しながらも提供は早く、私のワインが空くとすぐさま気付いて頂けたりと抜かりない。私がいつも通り他人の2倍ぐらいのスピードで食べ飲んでいるのを察したのか放っておいてもくれます。

 

f:id:leglutton:20200807155751j:image


こちらはスルメイカと万願寺唐辛子のフリット。まさにそのままの味わい。これは普通でした。

 

f:id:leglutton:20200807155808j:image


赤に移行します。ヴェネトの赤。少し甘目のワイン。素直にソムリエールにおすすめ聞けば良かったかな。頼んだ私の責任です。

 

f:id:leglutton:20200807155822j:image


自家製ソーセージです。手前が鹿、奥が豚の肉を使ったもの。豚のソーセージはまあそうだろうという感じですが、鹿のソーセージが美味しい。肉の旨さと脂の濃さでジビエらしい生命感溢れる味わい。臭みはないのでマスタード要らずです。

 

f:id:leglutton:20200807155837j:image


という事でモンテプルチアーノ。間違いありません。香りが高く、タンニンもしっかり。これも値段の割に良いなあ。

 

f:id:leglutton:20200807155851j:image


何でも夏のスペシャリテらしいのでオーダーしてみました。雲丹のパスタです。これ、めちゃんこ美味しいですね。太めの麺でしっかりアルデンテで食べ応えがありますが、そこに負けない雲丹のミルキーさ。上質なクリームソースを食べているかの様で旨くない訳がありません。濃厚ですが冷製でさっぱりもしているのでバケツで食べれそう。

 

f:id:leglutton:20200807155906j:image


こちらにはやはりピノネロ。美味しいなあ。先程のモンテプルチアーノより更にエレガントで深い余韻。やっぱり私は根っからのピノ好きだと再確認。毎晩再確認してます。

 


という事でいつも通り食べも食べ、飲みも飲んで13200円。ブッラータや雲丹のパスタなど高いメニューを頼んでいる事、ワイン6杯飲んでいる事を考えるとかなりリーズナブルです。複数で来て普通に飲み食いしたら1万にはまず届きません。


伺う前はカジュアルな普通のイタリアンなのかなあとあまり期待せずに伺ったのですが、素晴らしいコスパのお店でした。失礼ながらご飯がちゃんと美味しい。ちゃんと考えられたメニューであり、そこら辺のイタリアンとは一線を画します。


ワインもグラスが豊富で安い。ワインリストは拝見しませんでしたが、あの様子だとボトルは更に安いのでしょう。


サービスも素晴らしいですね。前述の通り2人のソムリエールの手際の良さが光ります。勿論高級店の様な至れり尽くせりではありませんが、この価格帯のお店の中ではトップクラスです。料理も待たされる事がなく、スピーディに持ってきて頂けました。ちゃんとキッチンとホールで連携が取れている証拠です。

 


先日伺った京都のhikari-yurariに近いものを感じました。こちらの方がカジュアルですが、食材の使い方や味付けが似ています。また、こちらの近くには私の大好きなファイがあり、あちらの方がより高級感があって味も若干上かなと思いますが、その分価格も高いので使うシーンの違いという感じです。初めてのデートならこちら、決めに行くデートならファイ、簡単に言うとそんな感じです。


何より酒が安い。一杯1000円しないのでガブガブいける。友人数人でボトルを開けてワイワイでも良さそうです。

 

いずれにしても味付け、コスパ、サービス、使い勝手、何をとっても素晴らしいお店です。この様なお店が長く続くお店だなあといつも感じます。名古屋はなんでこう言うお店無いんだろ。もう札幌に住みたい。


また札幌に来た時は伺います。御馳走様でした。

 

 

CANTINETTA SALUS
011-222-9003
北海道札幌市中央区南3条西3丁目2-2 G DINING SAPPORO 1F
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1009929/