サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

十夢-荒畑

例の如くお昼時に炭水化物チャージがしたくなったのでこちらに。平日の13時前に到着しましたが、満席であり10分ほど待ちました。微妙な場所ですが並ぶということは人気がある証拠です。

 

たまには違うラーメンが食べたいけど、少し変わり種が食べたいと思っていたので、こちらのトマトまぜメンをオーダー。1000円に大盛がプラス350円です。またランチ時には小ライスかサラダが付くということでサラダをお願いしました。

 

f:id:leglutton:20200711081105j:image

 

オーダーすると秒で出されるサラダ。所謂葉っぱをちょこちょこ盛っただけのサラダですが、イタリアンドレッシング的なものに粉チーズがかけられています。味は既製品のものであり貴方が想像したものそのものではありますが、イタリアンを貫く矜恃は垣間見えます。

 

さて待つこと15分ほどで着丼。

 

f:id:leglutton:20200711081124j:image

 

トマトソースに焼豚を細かく刻んだもの、ネギ、ミニトマト、粉チーズ、黄身が載っています。これらを底からしっかり混ぜて頂きます。

 

麺は中太であり、一般的な混ぜそばと同じ様なもの。パスタの麺っぽいものを想像してました。ソースはトマトソースなのですが、所謂パスタのトマトソースとは違い、しっかりとした味付けでどこか動物っぽさを感じます。あれだけ焼豚が入っているのでどちらかと言うとミートソースに近い味わい。

 

麺の食べ応えは結構あるものの、トマトの酸味が効いてるので割と食べやすい。一方で黄身と粉チーズの存在感が薄いかな。これは大盛にした弊害かもしれません。粉チーズはトッピングで追加も出来るので大盛りの人はそうした方がいいかも。

 

 

全体的に想像の範囲を超えない混ぜそばでした。美味しいけれど、こんな感じだよねという味わい。あまり無いメニューではありますが物凄く変わった何かがあるというとちょっと違いました。

 

先程も申し上げた様にもっと黄身と粉チーズを使ってクリーミーにかつジャンキーにした方が良さそう。麺の食べ応え自体はしっかりあるのでジャンキーさに振るのが良いと感じました。


どうでも良いですが店員の女の子が可愛かった。ロシア系?の女性で日本語も堪能なんですが愛想も良く、楽しそう。楽しそうに仕事してるお店って良いな。

 

 

十夢
052-881-1999
愛知県名古屋市昭和区御器所2-1-2
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230108/23048016/