サイゼリヤからロブションまで

サイゼリヤの様な格安店からロブションの様なミシュラン三つ星店まで。東京はもちろん地方の小都市のお店まで。日本国内はもちろん海外まで。幅広く伺ったお店を紹介しています。

ラ モデスティ-高岳(テイクアウト)

今日もいつか伺おうと思いチェックしていたこちらからテイクアウトさせて頂きます。こちらは前日までの予約が必要ですのでご注意を。


高岳にありますが、お店のインテリアが素敵ですね。バーの様な雰囲気であり、ここで食べたいなあと料理を受け渡してもらう間思っていました。

 

f:id:leglutton:20200503162546j:image


まずはフォアグラのテリーヌ。中には名古屋コーチンも入っています。かなり濃厚なフォアグラであり、ワインに合います。一方鶏肉の味わいは中ぐらいという印象。かなり重いので中に鶏肉を入れるアイディアは良いですが鴨肉の方が合うのではと思いました。

 

f:id:leglutton:20200503162559j:image


今日のワインはバローロ。香りがとんでもなく良くてずっとクンクンしていました。2010年らしい深い味わいとタンニンを感じ、これで3000円ちょっとかと驚愕。ええ買い物しましたわ。

 

f:id:leglutton:20200503162619j:image


さて、お次は小羊のメルゲーズソーセージ。湯煎で温めていたら皮が破けて中から肉汁が出てしまったのは失敗。

これは美味しいですねえ。羊特有の香りが苦手な人は厳しいかも知れませんが、少しぐらい香りがあった方が良いという人にはぴったり。塩気が完璧であり、少しピリッと辛いのもベター。汚い話ですが美味しいので皿を傾けて肉汁飲んだらすんごい美味しかった。ワインにも良く合います。

 

f:id:leglutton:20200503162634j:image


相変わらず私の美的感覚の無さが嫌になりますが、こちらは知多牛頰肉の赤ワイン煮込み。マッシュポテト的なじゃがいもも付いてきます。こちらも真空パックされているので湯煎で。

これは千賀並の超絶どストレート。牛肉は柔らかく味が染みていて赤ワインの良い香りが鼻腔を刺激します。和牛らしく多少脂が入っているのか赤身中心の煮込みとはまた違った印象ですが脂っこさはありません。付け合わせのポテトも滑らかで甲斐の様な脇役です。

 

f:id:leglutton:20200503162644j:image


結構お腹いっぱいですがラザニアも。こちらはアルミの器に入れられたものを冷凍で頂きますので、まず電子レンジで温めてからトースターでチーズに焼け目をつけました。

ラザニアらしい重厚感のあるトマトソースに長くて太目のマカロニがみっちり詰め込まれています。非常に美味しいのですが、ここまでの流れ的に少し食べ疲れてしまいました。どうしてもテイクアウトだとフレッシュなものや魚系が少ないので難しいですね。頼まれる方は全体の流れに注意して注文しましょう。

 

 

以上で7000円程でした。お腹いっぱい。

 

全体的に味がしっかりしており食べ応えのある料理でした。量もそれなりにあるので本来的には2人で頂くのが良いでしょう。ワインに合う料理なので必ずワインをお供に。


一方で美味しいのですが、飛び抜けた何かがあるかというと少し難しい。この辺はテイクアウトの限界なのかも知れませんし、テイクアウトに合う料理とその調理法の限界かも知れません。


やっぱりこういう料理は素敵なインテリアのお店の中で綺麗な器と一緒に食べないとなあ、とも感じました。早くコロナ収束して欲しい。そしたら秒で伺います。

 

 

ラ モデスティ
050-5456-7363
愛知県名古屋市東区東桜2-12-34 M's Garden 2F
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23061237/